あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
おーるしゅっくあっぷっ♪
Scampolo Early 60's:Komár László & "Judy" István

さて、今回は聴きログの方で予告したハンガリーの伝説的グループScampoloを紹介したいと思います。

Scampoloは、Beatles以前から活動していたハンガリアン・ロック・シーン最古のグループの一つで、61年にブダペスト農業組合の共産主義青年団のバックアップで結成されました。
当初はTacskó(ダックスフント)というグループ名だったそうですが、すぐにRomy Schneider主演の同名映画のタイトルからとったScampoloと改名。

元々ダンスオーケストラとして結成されたこともあって、メンバーはかなり流動的だったみたいですが、62年にKomár Lászlóが加入し、結成時からのメンバーで当初はドラムを担当していたFaragó "Judy" Istvánがギターにチェンジしたころから、この2人を軸にわりとラインナップが安定していたようです。

62年ごろのラインナップは、Komár László(Vo)・Faragó "Judy" István(G)・Selmeczi Sándor(B)・Atkári Lajos(G)・Varga Tibor(Key)・Tihanyi Gyula(Ds)で、ライヴによってはサックスや女性ボーカリストを入れたりもしていたようです。

この時期のScampoloは、エルヴィスを初めShadows・Carl Perkinsなどのロックン・ロール&インストのカバーをレパートリーにしていました。

ハウスバンドだったダーリア・コーヒー・ハウスでの演奏によって評判が広がり、毎週火曜日の夜のScampoloのライブに多くのファンがつめかけました。
当時の状況を聴くすべがなく伝聞で推し量るしかないのですが、「悪魔のような手」と呼ばれた"Judy" Istvánのシャープなギタープレイに、後々まで「マジャール・エルヴィス」と呼ばれ敬愛されたKomár Lászlóのエルヴィスばりのボーカルにファンは熱狂し、ダーリアは異様な熱気に包まれていたそうです。

ちなみに、ダーリアにはOmega(Red Star)も出演していたとか。

63年にはダーリアを離れ、自らのクラブで演奏するようになり、その頃のライヴには若き日のZalatnay Saroltaも時折参加していたそうです。
64年の秋、リーダーで看板ギタリストの"Judy" Istvánが兵役に取られてしまい、人気のピークの中で活動停止を余儀なくされてしまいました。

その後、Dogsに在籍して歌っていたKomár Lászlóが、66年秋にScampoloを再編成、すでに兵役を終えていた"Judy" Istvánを呼び戻し、マルチプレイヤーのDanyi Attila(B.G.Key.Vo)を加えて、この3人を主軸に活動を再開させました。
以前と同じくエルヴィスやShadowsをレパートリーにしていたものの、Beatlesの衝撃を経た66年にそれだけではきついと思ったのか、Kinks・Who・Yardbirdsなどの新世代のグループの曲も演奏していたようです。

どういうわけか、ScampoloはBeatles & Stonesの曲は一切演奏しなかったそうで、その理由が気になるところです。

さらに67年になると、時代の変化に合わせてかジミヘン・Cream・Procol Harumなどの、R&B・サイケ・ブルース/ハードロックの要素を取り入れるようになりました。

そのタイミングで67年10月にグループに加入したのが、のちOmega~Locomotive GTで名を馳せるキーボードプレイヤー/ソングライターのPresser Gáborでした。
彼は67年10月~68年4月にScampoloに在籍していましたが、資料によってはすでにOmega Red Starに在籍していることになっており何だかややこしいのですが、以前紹介した「Ezek A Fiatlok」でのOmegaの出演場面に彼は参加しておらず、やはりScampoloに在籍していたのか、もしかしたら2股していたのかもしれません。
けしからん(笑
しかし、けしからん物事は往々にして何らかの刺激になるわけで、Gáborの加入によってグループ初のオリジナル曲が生まれることになります。

68年1月~3月に、Gábor作の「Ne Írjon Fel Rendőr Bácsi」と、Komár László作の「Maradj Egy Percig」をラジオ用にレコーディング、2曲とも大好評だったものの、残念ながらレコードとしてはリリースされませんでした。

a329.jpg
Scampolo 1968:中央から右にAttila・Judy・Komár László

68年4月にはGáborがOmegaに移籍、その後立て続けにメンバーが脱退、
"Judy" IstvánとAttilaの2人以外が総入れ替えになってしまい、時期によってはドラマーが欠員でパーマネントなメンバーを入れてしのいでいたこともあったようです。

最も痛手だったのは、リードボーカルでグループのイメージリーダーだったKomár Lászlóの脱退で、実際彼の後任のボーカリストを見つけるのには困難を極めたようです。
のちの彼の活動からすると、彼はサイケもブルースロックもR&Bにも興味がなかったのだと思います。
彼はとにかく、エルヴィスが歌いたかったんでしょうね。

頑なにエルヴィスとオールドR&RにこだわったKomár Lászlóに対して、初期のR&R時代を経てサイケ・R&B・ブルースロックと、さまざまなスタイルを貪欲に取り込んで、自分流に弾きこなしてしまう"Judy" Istvánの柔軟でユニークなセンスは非常に対照的と言えます。

ハンク・マーヴィンというより少年バディ・ホリーっぽい(笑

彼はハンガリー初のギターヒーローで、イギリスで言えばShadowsのHank Marvinに該当すると思いますが、見た目は少年時代のBaddy Hollyって感じですね(笑


69年6月、当時17歳だった女性ボーカリストBontovics Katiが加入、ようやくボーカリストが固定されました。
Katiは、Buda Youth Parkのタレントコンテストで優勝し、破格の待遇でAttilaの招待を受けてScampoloに加入、以後は彼女のパワフルでディープな声質を活かしたR&B・ブルース/ハードロック路線を強化し、Aretha Franklin・Led Zeppelin・Ten Years Afterらのカバーをレパートリーに取り入れて行きました。

69年当時のラインナップには、Kati・"Judy" István・Attilaの3人に、Scampoloと同じくハンガリーの伝説的なグループLiversing出身のVarga László(Key.B.Vo)とMerczel András(Ds)が在籍しており、2人は2曲のオリジナル曲を提供し、デモ・レコーディングを残しています。
また、同年にはTV番組の企画によって生まれた曲をレコーディング、スプリットシングルとは言え、グループ初のシングルをリリースしました。

a330.jpg
Scampolo 1969:左からAttila・Judy・Kati・András・Szidor László

70年6月、メンバー間のいざこざが絶えないことにうんざりしたAttilaがリーダーシップを放棄して脱退、彼に代わってMerczel Andrásがグループのマネージメントを兼任することになりました。

72年には、単独では初のシングルをリリースするものの、相変わらずメンバーが安定しないことと、新しい世代の台頭によって活動は尻すぼみになって行きました。

それでも地道にグループは存続していたようで、解散したのは81年になってからでした。


Scampoloは、60年代の初めから80年代の初めまでの20年もの活動期間で、最初から最後まで一貫して聴衆の希望に応えるダンスオーケストラだったと言えるかもしれません。

それゆえの伝説という感じでしょうか?



【“Scampolo (Hungary)”の続きを読む】
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。