あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
最初はこんな感じでした
Indeksi 1964:(L to R)Đorđe Uzelac・Đorđe Kisić(上)・Ismet(下)・Slobodan Misaljević・Šefko


最近、もっぱら月いち更新になってしまっていますが、いろいろやってる合間にちょっとづつデータをまとめています。

今回は久々のユーゴものです。
ユーゴ・ビート最古にしてプログレ最古のグループの一つIndeksiを紹介します。

Indeksiは、ボスニア・ヘルツェゴヴィナのサラエボで62年に結成。
結成時のメンバーはIsmet Nuno Arnautalić(G)・Slobodan Misaljević(G)・Đorđe Uzelac(Key)・Šefko Akšamija(B)・Nedim Hadžihasanović(Ds)の5人で、62年と言う時期もあって当初はインストグループとして活動していました。

63年、Nedimが脱退し代わりにĐorđe Kisić(Ds)が加入した頃から、Shadowsなどのインストものに加えてボーカルものも演奏するようになり、ステージによって外部のシンガーを入れていたようです。

64年、ベオグラードで行われたコンテストで2位入賞し、PGP RTBでレコーディングする機会を獲得し、同年1stEPをリリースしました。

ユーゴにも到来したブリティッシュ・インベイションに彼らも刺激を受けて、同年末にボーカリストDavorin Popovićを加えビート・グループへと変貌しました。

しかし、65年に入ってからSlobodan Misaljević・Đorđe Uzelac・Šefkoの3人が一気に脱退、代わりにSlobodan Bodo Kovačević(G)・Fadil Redžić(B)が加入。
ビート・グループとしてのレコードをリリースするためにデモをレコーディングしたりしながらも、2枚目のEPが67年までリリースできなかったのは、この大幅なメンバーチェンジが影響しているのかもしれません。
ともあれ、このラインナップ(一人加わっていますが)で68年まで続けて活動しています。

67年、サラエボでのフェスティバル「Vaš Šlager Sezone(Your Hit Of The Season)」に出演し、ビート・グループになって初の公式リリース曲「Oko Malih Stvari Svađamo Se Mi」を発表。
Ismet-Slobodan Bodo作のこの曲は、直後にリリースされた同フェスのタイトルのオムニバスEPに収録されました。
さらに、1stEPから3年ぶりの2ndEPをリリース。
「Nowhere Man」のカバーを除く3曲はIsmetとSlobodan Bodoによるオリジナルで、早くもサイケなフレーバーをふんだんに取り込んでいます。
インスト時代は東欧圏に数多くいた同系統のグループとの差異はさほど感じられないサウンドでしたが、この時期になると軽快でポップなサウンドをグループの個性にすることに成功しています。

この頃に2年の間空席だったキーボードに座ったのが、オルガンプレイヤーでソングライターのKornelije Kovačで、彼は68年までの短期間在籍しただけにもかかわらず、Indeksiのサウンドスタイルの変化に大きな影響を残すことになります。

68年に入ってすぐにソ連(!)への2ヶ月間のツアーをこなし、帰国してすぐに去年に引き続き「Vaš Šlager Sezone」に出演、その後リリースされたオムニバスEPにKornelije-Slobodan Bodo作の「Pustinjak」が収録。

65年以来安定していたラインナップでしたが、68年春にĐorđe Kisićが脱退、Dinamiti・Pro arteなどに在籍していたMiroslav Šaranović(Ds)が加入。

サイケ時代にはこんな感じに
Indeksi 1968:(左上から時計回りにMiroslav・Ismet・Slobodan Bodo・Davorin・Fadil・Kornelije

この新ラインナップで「Opatijskom festivalu ’68」に出演、かつてBezimeni・DelfiniのメンバーだったPetka Kantardžijev作で、オーケストラをバックにした5分超のシンフォニックな「Jutro će Promijeniti Sve 」を披露し、コンテストで3位に入賞。
このことがきっかけで、Indeksiは急速にプログレッシブ・ロックのスタイルにシフトして行くことになりました。

「Jutro će Promijeniti Sve 」を片面に収録した3曲入りの3rdEPをリリースした直後、今度はKornelijeが脱退し、ベオグラードに戻ってKorni Grupaを結成。
代わりにĐorđe Novkovićが加入。
彼が提供したオリジナルや、Korni Grupaの楽曲を聴いてみると、多分彼はIndeksiの目指したスタイルよりもファンキーで演劇的な方向を目指していたのではと思います。
ルックスもIndeksiのメンバーでは強烈に濃いしね(笑

どうでもいいことですが、これで「Đorđe」3人目よ(笑
ファーストネームを省けないので今回は面倒だったな(笑
ま、英語圏での「George」にあたる名前なので多いのも無理ないか(笑

69年に入るとすぐ、72年にJugotonからリリースしたドラマティックな「Plima」や、同じく72年にRTVからカセットオンリーでリリース(そのせいで後年大変入手困難だったそうで)された1stアルバムに収録された、彼ら初の10分超の大作「Negdje Na Kraju U Zatišju」などの代表曲を立て続けにレコーディング、プログレ路線を突き進んでいきました。

このタイミングで、グループの創設者で唯一のオリジナルメンバーであったIsmetが軍隊に招集され、そのままグループを脱退。
プログレ路線になってからは、Slobodan BodoとFadilに主導権を奪われてしまい、面白くなかったであろう彼にとっては脱退するいい口実だったのかもしれません。
ちなみに、彼は除隊後にデビュー前のごく初期のBijelo Dugmeに加入しています(71~72年)。

これ以後も、最盛期の70年代を経て、Davorinが亡くなる2001年に至る、長きに渡って活躍していくことになります。

60年代のIndeksiは、インスト→ビート・サイケ→プログレと、この時代の目まぐるしいサウンドスタイルの変遷を自ら体現していたと言えます。


補記:この記事ではグループ名を「Indeksi」で通しましたが、実際に60年代はこの名義で活動していたようです。
現在一般的な呼び方である「Indexi」名義になったのはJugotonに移籍した70年以後のようです。





【“Indeksi [Indexi] (Yugoslavia)”の続きを読む】
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。