あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
いい編集です♪

ここしばらく、ちょっと沈みがちだったのですが、ようやく安定してきたので久々に更新です。


今更ですが、僕はジャッキー・デシャノンのファンです(笑
最初に聴いた94年ごろはネットもないし情報もなくて、CDもベスト盤が数枚出ているだけと言う状況でした。

そしてナウ(笑)、イギリスのrpmによるアルバム単位でのリイシューがまったりと進み、70年代以降のアルバムもぼちぼちリイシューされて、かなりの音源をCDで聴けるようになりました。

そのせいもあってか、今までとは趣向の違う編集盤が立て続けにリリースされました。
今回はその2枚の編集盤について。

まず、今年UK(!)EMIから出た「Her Own Kind Of Light(Zonophone 50999 5 22564 2 4)」から。
上の画像がそのジャケなんですが、すごいお気に入りです♪
それが象徴しているかのように、選曲もすばらしいの一言です。
このCDは今までのありがちな選曲ではなく、ジャッキーの自作曲のみでまとめられています。
個人的に念願だった編集で、リリース前に収録曲を見た時「キター!」と喜びました(笑
「When You Walk In The Room」などの代表曲はもちろん、ジミー・ペイジがギターを弾いている「Don't Turn Your Back On Me」「I Remember The Boy」、「Splendor In The Grass」はバックがByrdsのほうのバージョンという、ばっちりツボを押さえた駄曲なしの全26曲です。

彼女のオリジナル曲のみと言う都合上、「Needles & Pins」が収録されなかったのが痛い所ですが、その代わり個人的に全く関心のないバカラックの曲も一切入っていないので、痛み分け以上のものがあります(笑
ソフトロックのファンにはあのあたりの曲が人気があるみたいですが、個人的にはジャッキーの自作曲の方が好きだし、彼女には似合わないと思います。
僕は「ジャッキーの黒歴史」と呼んでいます(笑

ただ、「Needles~」が収録されていないので、これからジャッキーを聴こうという方にお奨めしにくい事は残念ですね。
何とか強引にこじつけて収録して欲しかったな(笑

ある程度聴いたことのある方や、非バカラック派の方には超絶お奨めです。

3000円前後するので輸入盤としては高めですが、それを差し置いても最高の編集盤です。



【“Jackie De Shannonの編集盤”の続きを読む】
スポンサーサイト
このページのトップへ
a30.jpg

さて、今回はアルゼンチンのLos Knacksです。
今回もまたスペイン語の資料しかなくて、あまり細かい事が分かりません(汗
M子さん、わしもスペイン語のことで電話してもええかのう(笑
と、本当にごくごく一部しか分からないネタを振りつつ、分かる範囲で紹介して
行きます(笑

彼らは67年にPhillipsから「Yellow Submarine/Norwegian Wood」のカバーシン
グルでデビューしています。
その当時のメンバーはOscar‘Robbie’ Paz (Ba)、Carlos‘Charly’ Castellani
(G.Vo)、Armando Aschenazi(G.Vo)、Fernando Ferreyra Avan(Ds)の4人で、
RobbieとCharlyの2人が中心メンバーのようで、71年の解散までずっと在籍して
います。

このシングルの後、なぜか69年まで空白がありますが、詳細は不明です。
おそらく、シングルが不発でPhillipsとの契約が止まって移籍先を探していたこと
と、69年にはRobbieとCharly以外のメンバーが入れ替わっているのでそこら辺
の関係もあるのだと思います。

ともあれ、69年にはめでたくParlophoneと契約し、数回のメンバーチェンジをしつ
つ71年の解散までに5枚のシングルを残しています。

Knacksはデビュー時期が67年と言うのもありますが、Shakers・Mockers・
Walkersなどの優れた先輩グループの活躍を見てきているだけあって、南米のグ
ループとしてはシャープな演奏と優れたソングライティング能力を併せ持っていま
す。
活動期間が67~71年と言う時期なので、サイケ・フリークビート的な要素を期待
してしまいますが、全体的にはサイケ度はさほどでもなく、フリーク一歩手前くら
いの感じです。
イギリスで言えば66年くらいの感じでしょうか?

割と荒っぽい演奏なんですが、全体的に漂うメランコリックで切ない空気が、彼ら
の独特の魅力です。

【“Los Knacks(Argentina)”の続きを読む】 このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

09月 « 2008年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。