あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

a61.jpg

いやはや、この記事をまとめるのに2週間近くかかってしまいました(汗
疲れてるからか眠いのなんのって・・・。

さて、今回はアイスランドのThor's Hammerです。
トランスワールドものが好きな方には割と知られていますね。

Thor's Hammerは本来はHljómar(The Chordsみたいな意味だそう)というグルー
プ名で、アイスランド最西端の都市Keflavik(ケフラヴィーク)出身です。
基本メンバーは
Gunnar Þórðarson(G.Vo)
Rúnar Júlíusson(B.Vo)
Erlingur Björnsson(G.Vo)
Engilbert Jensen(Ds)
の4人で、65年に本国のレーベルからデビューしています。
写真を見ると、ちょっとあか抜けない田舎の悪ガキっぽいですね(笑

本国でシングル・EPを各一枚リリースした後、66年にEngilbertが脱退してPétur
Östlundが加入。
このメンバーでUKパーロフォンで2枚のシングルと「Umbarumbamba」というヘン
なタイトルのEPをレコーディング。
このパーロフォン録音時につけられたのが「Thor's Hammer」という、言ってみれば
輸出用のグループ名だそうで(笑

この録音後Péturがあっけなく脱退、Engilbertが復帰。
67年にアメリカに出向いて、コロンビアレーベルでジョン・サイモンのプロデュースでシ
ングルをリリースし、本国で1stアルバムをリリース。

68年に女性ヴォーカリストShady Owensが加入、この5人編成で2ndアルバム制作。
69年に解散、Gunnar・Rúnar・Shadyの3人に2人のメンバーを入れて Trúbrotに
移行していきました。

音楽的には、66年まではUKで言えばビート期のHolliesに近いかな。
基本的にハーモニーを活かしたイキのいいビートサウンドで、ガレージファンに人気の
荒っぽいファズものは実は「Umbarumbamba」収録の4曲だけだったりします。

個人的にはこれ以後のサイケ時代のふくよかな音楽性のほうが魅力を感じますね。
66年までにもそういう気配を感じさせる曲はあるのですが、ジャズ的な要素がほんの
りあって、UKUSにはない独特の陰影を感じさせてくれます。

基本的にGunnarを中心に書かれたオリジナルがほとんどで、楽曲の完成度は高いし
演奏もうまいです。
特に66年からの録音は楽曲・演奏共に格段に進歩しています。

67年の1stはともかく、68年にShadyを加入させての2ndはほとんど知られていない
ようで、実は僕もこれを書くのにググってて偶然知りました(笑
1st&2ndアルバムは、90年代に本国でCD化されていたみたいですが、現在では超
入手困難で、Shady加入後の2ndの曲はまったく聴くことが出来ない状況です。

またリイシューしてもらいたいものです。

【“Thor's Hammer〔Hljómar〕(Iceland)”の続きを読む】 このページのトップへ



やっとTagesの登場です。
北欧60'sの基本にして最もトータルバランスの優れたTages、最初に聴くのならば
圧倒的にお薦めのグループです。

Tages(「とーげす」と読みます)は、スウェーデン第2の大都市のヨーテボリ出身
で、64年にPlatinaからデビューし、3枚のアルバムを出した後、かのParlophone
に移籍して2枚のアルバムを出しています。

Tagesに関しては、「Cutie Morning Moon」でHitomiさんによる愛に溢れた詳しい
記事がありますので、そちらの方を参照いただければと思います。

上の画像Parlophone時代のメンバーで、左上から時計回りに
Anders Töpel[アンダース・トゥェーペル](G,Vo)
Göran Lagerberg[ヨラン・ローゲバーグ](B,Vo)
Lasse Svensson[ラッセ・スヴェンソン](Ds)
Tommy Blom[トミー・ブロム](Lead Vo)
Danne Larsson[ダンヌ・ラーション](G,Vo)。
スウェ語ならではの「O」に「‥(プリッカルといいます)」や、英語読みと違う特
殊な読み方なので…と言うか、たまたま読み方が分かったので紹介してみました(笑
スウェ語だと「berg」は「ベリ」と読むのが一般的なので、Lagerbergは「ラーゲル
ベリ」と読むのかと思ってましたが、案外素直に読めばよかったみたいです(笑
Töpelの発音は日本人ではかなりきつそうでした(汗
以上、スウェ語講釈ですた(笑

Lasse以外の4人は学校での友人同士だそうで、この4人はデビュー時から活動の末
期まで1曲を除いて不動のラインナップでした。
ドラマーだけがなかなか安定しなかったみたいで、Freddie Skantze[スカンツェ]
(64~66年)→Tommy Tausis[タウシス](66年)→そしてLasse(~68年)と入れ
替わっています。
ちなみにTommy TausisはTages脱退後、Spotnicks(霧のカレリアのあれ)に加
入という今となっては微妙な(笑)移籍をし、さらにSpotnicks脱退後にBestという
グループを結成してシングルをリリースしましたがさっぱりだったという、なかなか
に流れ者な経歴を持っています(笑
さらにどうでもいいことですが、初代ドラマーのFreddieさん、僕の高校時代の友人
S君にそっくりで、ジャケを見るたびに彼を思い出します(笑

Tagesの音楽性は、大まかに分けると素朴で透明感のあるオリジナル曲とイキのい
いカバー曲の両面性を持った66年までの前期、サイケの要素とメンバーの成長が
重なった素晴らしい後期という感じで、基本的にどの時代も楽曲の出来にムラが無
く、長く聴き続けることの出来る、まさにスウェーデンNo.1のグループです。
演奏も、若いグループとしてはわりと安定したプレイで、特にGöranのベースと末期
ドラマーのLasseの北欧っぽいドタドタしたドラムはなかなかに味わい深いです。

個人的にはParlophone移籍後が好きですね。

【“Tages(Sweden)”の続きを読む】 このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

02月 « 2009年03月 » 04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード