あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
a3002.jpg
Klaus Renft Combo 1972:(L to R)Pjotr・Cäsar・Renft・Kuno・Jochen・Monster

今回は、ある事がきっかけで意外と有名な東ドイツのグループ、Klaus Renft Combo(74年にRenftとシンプルに改名)です。
Klaus Renft Comboは厳密には70年代のグループなのですが、60年代的な楽曲がいくつかあることと、東欧ロックを語る上で重大な事件に絡んでいることにより取り上げることにしました。

Klaus Renft Comboは、58年にKlaus Jentzsch(B)によってライプチヒで結成。
RenftというのはKlausの母親の旧姓だそうで、彼はこの時から芸名として使用し始めました。

62年、当局によって活動を禁止されました。
しばらくの沈黙の後、初期のKlaus Renft Comboのメンバーを中心に、Butlersを結成。
Butlersはいくつかの楽曲をAmigaで録音していますが、Shadowsっぽいインスト・グループでした。

Klausは、その時点ですでにシュタージにマークされていたようで、「放浪者」というコードネームでファイルに記載されていました。

65年11月、Butlersやその他のビートグループのあまりの人気を恐れた当局が、彼らを強制的に解散に追い込み、それに激怒したファンの少年たちが反対のデモを行い、当局が警察を動員して鎮圧するという騒ぎが起き、のちに「ライプチヒ騒動」呼ばれるようになりました。
ライプチヒ騒動におけるデモの鎮圧は、装甲車と放水車と警官隊で囲んでデモの少年たちを追い込んで、放水・暴行・シェパードを放つなど、凄惨極まるひどいものだったようです。

この事件をきっかけにビート・ミュージックへの徹底的な締め付けが行われ、Amigaでのロックの録音の禁止・ドイツ語以外のグループ名の使用の禁止などの厳しい規制によって、数多くいたビートグループの活動は縮小されていきました。
また、Amigaでの東欧共産圏のグループの録音もストップしたようで、東ドイツにおける65~70年のロック・シーンはほぼ空白になってしまいました。

そんな状況下の67年、Klaus Renft Comboの活動禁止が解除され、徐々に公共の場で演奏できるようになりました。
そのころからKurt Demmler、そして69年には反体制派のGerulf Pannachと、この2人の作詞家とのコラボでオリジナル曲を書き溜めて、ステージで演奏していました。

71年になると、指導者がウルブリヒトからホーネッカーに代わった影響で、東ドイツ当局の文化政策が柔軟になり、Klaus Renft Comboも初のラジオ・レコーディングを行いました。
この時期のメンバーはKlaus Renft(B)・Thomas "Monster" Schoppe(Vo.G)・Peter "Cäsar" Gläser(G.Vo)・Peter "Pjotr" Kschentz(G.Vo.Sax.Fl)・Michael Heubach(Key)・Jochen Hohl(Ds)の6人。

72年にはMichaelが脱退し、優れたソングライターでもあるChristian "Kuno" Kunert(Key.G.Vo)が加入して、この6人で解散まで固定したラインナップで活動していきました。

同年、国営レーベルAmigaでの初レコーディング。

73年夏、東ベルリンで開催された「第十回国際青年フェスティヴァル」というやたらお堅い名のイベントで、Puhdysらと共に華々しく登場。
同年にはAmigaから1stアルバムをリリースし、瞬く間に彼らの人気は高まっていきました。

a3005.jpg
Klaus Renft Combo 1973:(左上から時計回りに)Kuno・Cäsar・Pjotr・Monster

当局の指示に従順に従ってこざっぱりとしたソフトなイメージだったPuhdysに対して、Klaus Renft Comboは小汚い格好で荒々しい演奏をしていたようで、使い古されたフレーズではありますが東ドイツのBeatles対Stonesのような存在だったようです。
僕の聴いた印象ではStonesというよりは、70年代初期のアメリカン・ロックに近い土臭い印象で、Puhdysの方がハードな印象でした。
また、PjotrとKunoの2人のマルチプレイヤー、CäsarとKunoのソングライターによって、幅広いサウンドと楽曲を得ることができたことは、現在の高い評価にもつながっていると思います。

余談ですが、彼らがライヴで回る時、バンではなく乗用車で機材を積んだ荷車をけん引して移動していたようです。
移動で最低6人は乗れないといけないためか、小型のトラバントではなく旧ソ連製のGAZ 21 Volgaを使用していました。
当時の東ドイツでは、一般市民はなかなか自家用車を持つことができず、所有できても国産のトラバントだった中、ソ連製とはいえ大型の輸入車を所有していたことでも、彼らが人気があり特別扱いを受けていたことがわかります。

a3003.jpg




【“Klaus Renft Combo (D.D.R)”の続きを読む】
スポンサーサイト
このページのトップへ
愛すべき多芸なヒゲ男


ようつべを見ていて面白いネタを拾ったので、今回はそれにちなんだ話にします。


Cesta, která vede nikamというタイトルで、69年にチェコスロバキアで製作されたものの、当局によってお蔵入りにされてしまったミュージカル・ムービーだそうです。
「道はどこにでもつながる」という非常に意味深なタイトルもさもありなんといった感じですね。

当時のチェコスロバキアの人気グループのクリップを挟んで、何やらシュールな寸劇が展開される変な作品で、クリップではOlympic・Atlantis・Synkopy61・Prúdyらが登場し、寸劇?の方には俳優陣に混ざってOlympicのドラマーJan Antonín Pacákが出演し、コミカルな演技を見せてくれます。
グレアム・ボンドみたいなおじさんをトイレに閉じ込めて、ぬけぬけと一杯やるシーンは言葉が分からなくても結構笑えました。
このムービーを見たのは今日初めてだったんですが、陶芸を学んだミュージシャンで絵も描き俳優までこなす「愛すべき多芸なるヒゲ男」(笑)Janの才気は、当時のチェコスロバキアで最先端の感覚だったんだろうなーとつくづく感じました。
しかも、才気がありながらお茶目でチャーミングなキャラクターで、老若男女を問わず人気があったんじゃないかなと。

JanはOlympicのレパートリーの作曲にはほとんど関わっていませんが、全体的な空気やフィーリングをかもし出す役割を担っていたのではないかと思います。
ロキシー・ミュージックで言えばイーノのような存在だったのかな。
もっとも、彼は楽器のプレイヤーしても凄腕でしたが(笑

賛否両論あるかもしれませんが、彼が脱退後のOlympicは大胆な遊び心や実験精神が失われてしまったように感じます。
彼が脱退した3rdアルバム(71年)以後のOlympicの曲は、73年の4thと同時代のシングルまでしか聴いていないのですが、楽曲のクオリティーは相変わらずさすがと言うか抜群ですが、あまりにもまっとうになりすぎていてやはりJanの不在を感じずにはいられません。
もちろん、当時のチェコスロバキア国内の時代背景もかなり関連がありますので、一言では言えないんですけどね。

僕にとってのOlympicは、Janが在籍した66~71年が全てだといっても過言ではないくらいです。

おっと、どさくさにまぎれてJanの話に偏ってしまいました(笑

製作年度や、当時の共産圏としてはかなり大胆な感覚の内容からすると、「Magical Mystery Tour」の影響を感じずにはいられないのですが、「Magical」が当時チェコスロバキアで放映されたとはとても思えないので、西側から確保してきた「Magical」のEPのブックレットを見てインスパイアされたのかもしれません。

ま、そういう感じのシュールな作品ですので、当時の当局の連中がすんなり受け入れるはずもなく、ビロード革命後までアーカイヴにお蔵入りされていたそうです。

それにしても、69年の夏といえば、すでにプラハの春は潰えてドゥプチェクは閑職に追い込まれ、フサークが「正常化体制」を推し進めていた真っ只中。
よくぞこれだけの先鋭的な感覚のムービーを製作できたものです。


そういう打たれ強さと言うか、ひたすら挑み続ける姿勢には感銘を受けずにはいられませんね。


このページのトップへ
さて、ちょっと早いような気もしますが、今年出会った曲のベスト5なんぞを紹介してみたいと思います。
もうだいたい決まってますしね。

1曲を除いて、一般的にはマイナーな曲ばかりなので、紹介しても読んだ方に伝わりそうもないですが、そこはあれですよ自己満足(笑


第5位:I Wish I were / Soulmen (Czecho-Slovakia)

スロバキアの青白いさめた炎、Soulmen!
短期間で解散してしまったのが本当に惜しまれます。
クールでスマートなR&Bビートで、思わず体が動いてしまうドライブ感が最高です。
メタリックな音色のタンバリンもGJ!


第4位:I Like The World / Blue Effect(Czecho-Slovakia)

これは本当にかっこいい曲です。
ようつべで耳にして速攻で収録されているCDをゲットしましたからね。
Radim先生の変幻自在のギターワーク、もっと認知されてもいいんじゃないかと思います。
この曲が収録されているEPの4曲は、どれも完成度高くて最高です。


第3位:Osmijeh / Grupa220 (yugoslavia)

67年の曲としてはやや素朴なサウンドなんですが、一度聴くと耳から離れない味わい深い曲。
老若男女問わず思わず口ずさんでしまいそうなメロディーが素敵です。
Drago Mlinarecのじっくりとした歌いまわしも、くせになる味わい深さです。
1位の曲と共に、レンジ鼻歌ソングの定番でした(笑


第2位:Don't You Break It Again / Atlantis(Czecho-Slovakia)

これもようつべで聴いて収録CDを必死でゲットしました(笑
チェコのサンディ・デニーことHanaのボーカルと、グルーヴィーなオルガンがかっこいい逸品。
Atlantisはソフトロック寄りのサウンドなのですが、サイケポップやJ.エアプレインみたいな混沌としたサイケなどもこなす器用なグループで、Hanaの実兄Petrの優れた作曲能力と恐ろしくうまい演奏能力を併せ持つ侮れないグループです。


第1位:わたしの恋はホッチキス / 放課後ティータイム (Japan)

恐るべしけいおんパワー!
こんなに邦楽を聴きまくったのは本当に久しぶりでした。
「キラキラひかる願い事も グチャグチャへたる悩み事も そーだホッチキスでとじちゃおー
 はじまりだけは軽いノリで しらないうちに熱くなって もう針がなんだか通らない ララまた明日♪」
前半はわりと切実な流れなのに、サビでこうこざっぱりとまとめてしまう歌詞もすごくいいと思います。
「けいおん!」自体のできもすごく良かったけど、これらの音楽も確実に作品の魅力にいろどりを与えていると思います。
ベスト5には入りませんでしたが、「ふでペン、ボールペン」もすごく良かったな。


以上です。
何とまあ極端に偏った選曲になってしまいました(笑
うまい具合に5曲ともようつべで聴くことができますので、良かったらお試しください。


…とまあ、今年は東欧と「けいおん!」な音楽ライフでした。
来年ももえもえ~きゅんな1曲と出会える事を願いつつ終わります。


うんたん♪ うんたん♪



このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

11月 « 2009年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。