あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
個人的にはいいジャケだと思います

さて、今回はポーランドで68年に制作された「Msza Beatowa(ビート・ミサ)」のアルバムを紹介したいと思います。

正式なタイトルは「Msza Beatowa:Pan Przyjacielem Moim(ビート・ミサ:私の友人なる主よ)」で、68年、ポーランドの作曲・編曲家でピアニストのKatarzyny Gärtnerがロックのスタイルでミサ曲を制作したもので、68年1月に、70年代に「連帯」での政治活動で有名になるLeon Kantorski師が、ビートグループCzerwono-Czarniの演奏で自らの教会で行ったのが初演になります。
残念なことに、この初演はレコーディングされなかったそうで、その全容は知る由もありません。
しかし、のちにCzerwono-Czarniがこの「Pan Przyjacielem Moim」をスタジオでレコーディングして、同年にアルバムとしてリリースしています。
初演の内容とは多少の違いはあるかもしれませんが、当時演奏を受け持った彼ら自身のレコーディングでもありますし、それに近い空気を垣間見ることができるかもしれませんね。

ミサという儀式の流れをアルバム化していますので、ロック・オペラの一つの形態と言ってもいいと思います。

「私の友人なる主よ」とはクリスチャン、それもカトリックとしては大胆なタイトルだと思いますが、時代的な背景を考えるとフラワー・ムーヴメントの影響下の「友愛」も感じさせます。
ちなみに、某首相の「友愛」の影響は皆無だと思われます(笑

敬虔なカトリックの国ポーランドならではの、そして当時この国でもロックの社会的影響がいかに大きかったかを物語った作品と言えますね。

60年代にリリースされたコンセプト・アルバムのなかでも、非常に個性的な作品だと思います。


【“ポーランドの「ビート・ミサ」アルバム”の続きを読む】
スポンサーサイト
このページのトップへ


ちょうど去年の今頃、7枚しかなかった東欧のグループのCDですが、気がついたら70枚を超えました(笑
正直これほど集まるとは思っていませんでしたが、やはりまじめに情報を収集して、意志を同じくする仲間がいれば、これだけの成果が出るものなんですね…とこの年になって今更実感しました(笑

さすがに僕の守備範囲ではドカドカは集まらなくなってきましたが、幸い東欧はまだリイシューが活発なので、100枚も夢ではないかもしれません。

5月はハンガリーのEcho、Hungariaの2nd、Zalatnay Saroltaの1st、そしてユーゴのCrveni Koraljiの4枚です。

上の画像はそれに以前別口で入手したもの2枚を加えたものです。

Neotonはサイケとプログレの移行期的なサウンドで、のちにNeoton Familiaと改名してディスコ路線を突っ走るとはとても思えないです(笑
Echoはハンガリーの音楽をうまく取り入れたビート/フォークロック系、Hungariaは1stよりもパワーポップ的な要素が強くなっています。
ハンガリーの女性ボーカリストZalatnay Saroltaはやんちゃなお嬢ちゃん的なボーカルとMetroのバックが素敵な1枚で、70年代に入ると和田アキ子みたいなルックスで凄みをきかせるようになります(笑
Atlasはシカゴみたいなホーンが鳴り響くブラスロックで、好みは分かれると思いますが、楽曲の完成度は高いです。
ユーゴのCrveni Koraljiは、ユーゴに多いインストからスタートして60年代半ばにビート化したグループで、いなたいインストとカバーの比率が高いので微妙でした(笑

今月はフィンランド、ユーゴなどを予定しています。
楽しみ楽しみ♪


最後に業務連絡。
以前書いたルーマニアのPhoenixの記事ですが、また新たな情報を仕入れたので追記・書き換えしておきました。


このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

05月 « 2010年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。