あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
全部東欧ものです

さて、今回は以前から考えていた、これから東欧ビート/サイケを聴いてみようという方のスタートにおすすめできるCDを、2回に分けて紹介したいと思います。

基本的に東欧ビート/サイケのCDは、ごく一部を除いて日本では入手がしにくいのですが、できるだけ入手がしやすいものを僕の所有している90枚弱の中から選びました。

第1回は、東欧ロック大国のチェコスロバキア&ハンガリー編です。


†チェコスロバキア
東欧随一のクオリティーを誇り、特に67-69年にリリースされたものは歴史的資産ともいえる素晴らしいものが多いです。

a204.jpg

日本だと、チェコスロバキアならMatadorsという印象が強いですが、真っ先に聴くのならダントツOlympicがおすすめです。
日本では意外と知られていないのが信じられないくらい楽曲・演奏のクオリティーが高く、その巻き舌気味のクセのあるチェコ語のボーカルを差し引いてもポップで聴きやすく、チェコと言うよりも東欧もののスタートとして聴いていただきたいグループです。
「Želva」「Pták Rosomák」「Jedeme, Jedeme」の68~71年のアルバムはどれもおすすめできますが、どれか1枚ならやはりほの暗いモノトーン・サイケの「Želva」でしょうか?
Matadorsのアルバムと共に、当時のプラハの熱気を感じることができる逸品だと言えます。
Olympicのアルバムは今まで数回リイシューされていますが、04年以降にリリースされたリマスター&ボートラ収録の「Zlatá Edice」がおすすめです。
日本でもサイケ・プログレ系のショップで扱っているお店があります。

Matadorsは、当時アルバム1枚とシングル・EPしかリリースしていませんので、以前に紹介したことのあるBonton盤か、最新リマスター盤「Classic」があります。
Bonton盤は現在は廃盤ですが、日本でも結構で回っているみたいですし、基本的に同じ収録曲のカウンターフィット盤World Psychederia盤もあります。
最新盤の「Classic」の方は、予想以上に日本に入荷していないみたいで、現状では日本国内での入手は難しいかもしれません。
それぞれ編集が微妙に違っていて、Bonton盤はほぼ全時代(数曲欠落(というか収録時間が足りなかった)あり)、「Classic」は2代目ボーカリストViktor Sodoma在籍時をコンプ+07年のライヴ音源という収録内容で、全体を流したい方はBonton盤、Viktorのけしからんボーカルだけでいいという人は「Classic」という感じでしょうか?

そのMatadors出身のメンバーが結成したBlue Effectは2nd以降はジャズロック的なスタイルに移行しますが、1st「Meditace」はワウやファズを駆使したRadim Hladíkの変幻自在のプレイを堪能できる素晴らしいアルバムです。
Matadorsよりも演奏力が高くて、特にドラムのプレイや音色の良さは特筆できると思います。
現在は単独ではリリースされておらず、去年リリースされた9CD-Boxに収録されているという状況ですが、シングル・EP音源収録のディスクもありますし、直接本国で通販すれば驚くほど安いので、ジャズロック期も聴いてみたい方はありだと思います。
また、廃盤になっているBonton盤も、日本でもわりと流通していますし、まだ新品を持っているショップもあると思いますし、メッチャかっこいい1stEPなどのボーナスが収録されていますし、ビート/サイケ派の方にはこちらがおすすめです。


【“東欧ビート・サイケ、最初に聴くならこれ(その1)”の続きを読む】
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

07月 « 2010年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。