あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
まだ初々しいです

68年ラインナップ:(左からMoshe・Danny・David・Haim・Shuki)


1.22:71年以後のラインナップや楽曲について加筆訂正


さて、今年も何だかS.F.スロウな更新ペースを予感させてしまいますが、密かに気合は入っております。
クロムさんっぽいネタを使ってしまったイヤ~ン(笑

今回はイスラエルのLions Of Judahを取り上げます。

Lions Of Judahは、Churchill's・(Uzi&)Stylesとともにイスラエル60'sの3大グループの一つなのですが、他の2グループに比べると情報も少なく、日本ではほとんど知られていないんじゃないかと思います。
実際、ネットで検索してもなかなかこれという情報がなく、母国語がヘブライ語なのもあってまとめるのに苦労しました。
じつは足掛け1年以上調べ続けているのですが、その目まぐるしいメンバーチェンジを追いかけるのは大変でした。
それでも、ようやくある程度の情報を得ることができたので、何とかまとめることができました。


Lions Of Judahはヘブライ語(アルファベット表記)では「Ha'arayot(Lions)」で、「Judah」だったり「Juda」だったりします。
本国では、もっぱら単にLionsと呼ばれることが多かったようです。

66年、Haim “Chaymon”& Shuki Algranati兄弟(ともにG.Vo)とMoshe Boyanjo(Ds)によってテルアビブで結成。
74年の解散までこの3人は固定メンバーでしたが、それ以外のメンバーはかなり流動的でした。
そして、のちにマルチプロデューサーとして成功し、現在ではアメリカの大富豪の1人になっているHaim SabanがAlgranati兄弟の要請によってマネージメントを受け持つことになりました。
また、彼はレコードデビュー前まで、ベーシストとしてステージに立っていたようです。
68年、RCA-VictorからデビューEPをリリースした段階のメンバーは、Algranati兄弟とMoshe、そしてDanny Shushan(Vo.B)・David Ifrach(G.Vo)の5人で、なぜかギターが3人もいるヘンな編成でした。
1stEPリリース後、Davidが脱退。
彼らの宿命と言える目まぐるしいメンバーチェンジはしょっぱなから炸裂していくわけです。
そして、同時期にイスラエル公演の真っ只中で解散してしまった、イギリスのTornadosのDave Watts(Key)を迎えた新ラインナップになりました。
Churchill'sにはギターのRob Huxleyが加入しているし、イスラエルのミュージックシーンへのTornadosの貢献ぶりはすごいな(笑
あと、このTornadosといい、Stylesにメンバーが加入したRevolverといい、イスラエルには公演に来たイギリスのグループを空中分解させる何かがあるのか(爆笑

イギリスのグループ出身のDaveが加入したことがきっかけで、彼らはイギリスに出向くことになり、ロンドンでいくつかのライヴをこなし、かのTV番組「Color Me Pop」にも出演。
そしてHoward-BlaikleyとHaim Algranatiが共作した「Our love's a growing thing」と、本国ですでに書き上げていた「Katza」をFontanaでレコーディング、のちにシングルとしてリリースされ母国イスラエルでは大ヒット、イギリス・フランス・スペインなどでもリリースされ、ヨーロッパ圏で知られるようになりました。
この時期が彼らの活動のピークだったと言えます。
このシングルのヒットのおかげで、イスラエルに帰国後は安定した人気を誇ることになりました。
本国でのコカコーラの宣伝ポスターで、動物園(?)のライオンの小屋をバックに、コーラを持ってポーズしているものが残されていることからも、彼らの人気振りがうかがえます。
また、3大グループの中で最も活動期間が長かったことも、安定した人気に影響したのかもしれません。

しかし、安定した人気に反してメンバーは安定せず、69年、Churchill'sに加入するためDannyが脱退、さらにDaveも脱退してイギリスに帰国してしまいます。
そしてMoshe Lev-Har(B)が加入、さらに70年、前年にデンマークのRed Squaresのメンバーとしてイスラエル公演に来たノルウェー人ボーカリストJahn Teigenが加入した新ラインナップになりました。

しかし、これまた長く続かず、翌71年にはMoshe Lev-HarとJahn Teigenが脱退、交代にIlan Dadman(B)が加入、Haimがボーカルに専念することになりました。
以後、ようやく安定したようで、74年の解散までこのラインナップで活動して行きました。

Lions Of Judahは、Beach Boys風ハーモニーポップにブルースロック中近東風味にハードロック、はたまたレゲエ風と曲によってスタイルがコロコロ変わるので、音楽性を表現するのが非常に難しいグループです。
メンバーチェンジの影響か、それとも気の向くままにやってみたい事をやっていただけなのかは不明ですが、それにしてもよくこう玉虫色になったものだと感心するやらあきれるやら(笑
あと、これはイスラエルのグループ全般に言えることですが、パレスチナという土地柄の影響か、アラブ音楽の影響を強く感じさせるのが興味深いです。
現在も、アラブ諸国とは相変わらず対立関係にあるイスラエルですが、その土地の歴史の重みはそう簡単に切り離すことはできなかったんでしょうね。

ま、言ってみれば、メンバーと音楽性とレーベルをコロコロ変えるのが彼らのスタイルでしょうか(笑

彼らは本国で5枚のシングルと2枚のEPをリリースしています。

Mama / Zikhronot [Memories] / Ani Meshuga Letaltalayich [Crazy About You] /
Shuvi Na Elay [Come Back My Love] (イスラエルRCA-Victor ISC-0013)EP `68
Our Love's A Glowing Thing /Katza (Phonodor 72007) `69
Mary Cries Help / Bring Our Love Back Home / At Lo Tova [You're Not Good] /
Phantom Adom [Red Phantom] (Phonodor 74035)EP `70
I've Got Starshine,Ive Got Luck / Where I Belong (Phonodor 72020) `71
Made Me Cry / Give Me (CBS 1150?) `72
Nolad Gaon [A Genious Is Born] / Wheels Of Love (CBS 1320) `73 *1
Satan What You Want From Me / Aphrodita (Koliphone3838) `74 *2

*1:Haim Algranati And The Lions名義
*2:El-Grant And The Lions名義

また、彼らは映画のサントラに以下の3曲を提供しています。

Soundtracks / Queen Of The Road (Isradisc SI 31020)LP `71
Lions Of Judahの収録曲
Far Away / A Day in the City / I've Seen You Around

残念なことに、イスラエル60’sの3大グループのうち、彼らだけが唯一オリジナルアルバムを制作していません。
活動期間が最も長かったものの、4つのレーベルを渡り歩いていることが影響しているのかもしれません。
Hed Arziと契約していれば可能性もあったかもしれませんが…。


【“Lions(Of Judah) [Ha'arayot] (Israel)”の続きを読む】
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

12月 « 2011年01月 » 02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。