あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

Ranger Sound

今回は、ガレージ・フリークビートのファンに人気のある、イタリアのRanger Sound/I Ragazzi Dai Capelli Verdiを紹介したいと思います。

先日kuwaさんとのメールのやり取りで名前が出て、何となくその気になってしまいました(笑
てか、最近シングル数枚のみのオブスキュアなグループばかり紹介してるような気が(笑


イタリア北部の地方都市パドヴァで結成されたRangersというインスト・グループが原点で、ブリティッシュ・インベイションの嵐の後の65年、ボーカリストにFranco Serenaを加えてRanger Soundが誕生しました。

FrancoはRangersのライヴを観て、素晴らしいボーカリストの必要を感じたそうで、まあ、それが彼自身だったと(笑
そんなわけで、Rangersに自分をボーカリストとして売り込んで加入したそうです。
Keith Moonのイタリア版ってところですね(笑

Francoが加入した65年、彼らはStefania Sandrelli主演の映画「Io La Conoscevo Bane(邦題:私は彼女をよく知っていた)」にちょっぴり出演しており、ダンスクラブのシーンで演奏する姿を見ることができます。
そのシーン設定もあるとは思うのですが、一般的なRanger Soundのイメージとはかなり違う演奏で、Franco以外のメンバーのルックスもインストグループ的なので、おそらくFrancoが加入して間がない時期と推測されます。

ともあれ、Franco加入後、グループはそれまでのインストのライヴセットを捨て、Kinks・Yardbirds・Who…そしてPretty Thingsなどの、ブリティッシュR&B系のグループのカバーを演奏するようになりました。

当時のイタリアのグループのほとんどは甘口のサウンドで、比較的ワイルドなグループでもソフトなバラードのレパートリーを持っているのが一般的でした。
しかし、Ranger Soundのライヴセットは、最初から最後までソフトな要素がまるでない“ハード&ファスト”な曲ばかりだったそうで、その荒々しい演奏はたちまち評判になり、ホームタウンの北部でのライヴでのチケットは常にソールドアウトだったそうです。

イタリアの徴兵制度の影響もあってか、メンバーはかなり流動的だったようですが、うまい具合に中心メンバーのFrancoとリードギターのOlivieru Peciは籍を外すことがなかったため、その鋭い刃が錆びつくことはありませんでした。

その評判を受けてCDBレーベルと契約、1stシングルのレコーディングを行います。
当時のラインナップは、Franco(vo)・Oliviero(G)・Antonio Costantini(G)・Tony Corazzina(B)・Gastone Paggiaro(Ds)の5人。

66年CDBからの1stシングル「Noi Siamo Felici/Ricordami」をリリース。
オーソドックスなビート・ポップのA面よりも、B面の荒々しいフリークビート「Ricordami」のほうがファンに衝撃を持って迎えられ話題になったものの、こういった荒々しいサウンドになれていなかったイタリアのDJには嫌悪され、その結果放送禁止になってしまい、チャートを駆け上がることはできませんでした。

当時ヒットはしなかったものの、その衝撃は語り継がれ、現在ではイタリアン・ビート最強の逸品として高い評価を受けています。

資料によっては「Ricordami」が彼らのオリジナル曲のように述べられているものがありますが、このシングルの両面ともAlfredo CristaudoとLouis Nonaというプロの作曲家の手がけた曲で、彼らは後年のI Ragazzi Dai Capelli Verdiのシングルでも作品を提供しています。
当時のイタリアでは、グループの自作曲をレコーディングすることは非常にまれだったようで、日本のGSと同じようにプロの作曲家の作品をレコーディングするのが定番だったみたいです。

その荒々しい演奏のせいもあってオリジナルっぽく感じますが、楽曲自体はオーソドックスな展開のポップな曲で、「僕を忘れないで」というタイトルにしても、Ranger Soundのサウンドに含有されるある種の「怒り」のようなものが感じられませんね。

それにしても、作曲した2人もこんな風に料理されるとは夢にも思っていなかったでしょうね(笑
元のデモテープが聴いてみたいものです(笑

ライヴでは人気があるにもかかわらず、シングルが売れなかった彼らに対して、CDBのお偉いさんは何をどう考えてそうなったのか、トップ10グループになるには、外見とグループ名を変える必要があるという結論になったようです。
ま、つまりイタリア語のグループ名に変え、ソフトなルックスとサウンドを要求したと言うわけですね。

CDBの要求に従い、Ranger Soundは「緑の髪の少年達」という意味のI Ragazzi Dai Capelli Verdiと改名。
長ぇよ(笑
いつの時代も、偉いオヤジの考えはズレているものですが、こんな長ったらしい名前に変えたメリットは皆無だったのではと思いますし、どう考えても元のRanger Soundのほうが呼びやすいしかっこいいですね。

a334.jpg
I Ragazzi Dai Capelli Verdi

改名後にFrancoとOliviero以外のメンバーが入れ替わり、残った2人にMaurizio Elponti(G)・Paolo Giuffrida(B)・Francesco Stoppa(Ds)というラインナップに変わっています。

改名後の最初のシングル「Ragazza Notte/Un Tipo Per Te」は、新しいグループ名に合わせてグリーン・ヴィニールでプレスされたそうで、グループに対するレーベル側の期待を感じさせます。
このシングルの現物の写真を見ましたが、ややパステルがかったソリッド・グリーン・ヴィニールで結構そそります(笑
「ソフトなサウンドを」という要求に応えることと、自分達のサウンドを保つことのバランスを取ることに苦心したようで、A面曲はミディアム・テンポのラーガ・ロックという手法で何とかうやむやにしたようです(笑
しかし、B面曲はシレッとRanger Sound時代とほとんど変わりないサウンドで押し通しており、つまり実は何も変える気はなかったようです(笑
やるねえ(笑

67年に入ってからの2ndシングルでは見逃してもらえなかったようで、両面とも彼らの本来のスタイルからするとかなりポップな仕上がりになっています。
もっとも、一般的なイタリアン・ビートの連中の曲と比べれば、十分にビート感のある仕上がりになってはいますけどね。

2ndシングルのリリース後、グループは危機に直面します。
何と、所属レーベルのCDBが倒産してしまったのでした。
そんなわけで、ほとんどプロモートされなかったようで、またもやシングルは売れずに終わり、グループは解散の道を選んだのでした。

Ranger Sound/I Ragazzi Dai Capelli Verdiは、その短い活動期間の最初から最後まで偉いオヤジ達に翻弄された、不運なグループだったと言えます。

しかし、残された伝説的な楽曲は今も愛聴されており、世界中で新たなファンを獲得し続けています。





【“Ranger Sound/I Ragazzi Dai Capelli Verdi(Italy)”の続きを読む】
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

09月 « 2011年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。