あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

一つ怪しげなものが(笑


先日、Small Facesのアルバム4種のDeluxe Editionがリリースされている事をたまたま知って、とりあえず1stと2ndを買ったことで、第?次Small Facesマイブーム中です。

僕のSmall Faces歴は20年強というところですが、聴き始めた当時はマニア間でもマイナーな存在だったことを考えると、Deluxe Editionのリリースは非常に感慨深いですね。

もう音源云々の話は詳しい方に全くかなわないので、今回は僕自身のSmall Faces雑感みたいなものを書いてみたいと思います。


僕がSmall Facesを知ったのは19歳だったかな…、シンコーの「ロック・オブ・エイジス ブリティッシュ編」という文庫本でほんのりと登場していたのを読んだ時で、その後Zepに誘われた話やHumble Pieの事もこれで知ったと思います。
文庫で写真が小さかったのもあって、名前の通りこぢんまりとした印象を感じて、その時点では積極的に聴く意志はなかったと思います。

その後、東京の某音楽系専門学校に入学して、授業でMTVのロック・クラシックスの映像を見たのですが、その時に登場したHumble Pieの「Sad Bag Of Shakey Jake」でSteve Mariottのボーカルを初体験。
すごい衝撃でした。
…しまった、これはSmall Facesを聴かなければ…
その日の放課後、西新宿でSmall Facesの「Sha La La La Lee」というDecca期の編集盤(LP)を購入しました。
その段階では詳しい本も持っていなかったので、レコ屋さんにシングルコレクション的なものが欲しいと相談してこれに決めたのかな。

「All Or Nothing」「It's Too Late」「Understanding」が超好きでしたね。
また、ある意味それらのボーカル曲よりも好きだったのが、インストの「Glow Your Own」で、こればっかり聴いてたような気がします(笑

こうしてエンジンがかかった僕は、学校帰りにレココレのSmall Faces / Faces特集を抱えて新宿・渋谷をさまようことになりました(笑



【“愛しのSmall Facesあれこれ”の続きを読む】 このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

05月 « 2012年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード