あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

Sreburnite Grivni 1968:(L to R)Zhorzh・Alexander・Troshan・Valentin・Panayot


さて、今回はShuturciteと共にブルガリアのロック黎明期のグループとされる、Сребърните Гривни[Sreburnite Grivni]を紹介します。

「silver bracelets」という意味のこのグループは、62年9月、Валентин Стефанов(Valentin Stefanov)とАлександър Петрунов(Alexander Petrunov) の2人によってソフィアで結成した「Little Shadows」が原点で、後に「Огнените момчета(Fire Boys)」と改名、その名の通り当初はShadowsのカバーなどのインストを、そしてビートブーム到来後はKinksの曲などをやっていたそうです。

そして、65年9月にSreburnite Grivniと改名。

この時点でのメンバーは、以下の4人。
Valentin Stefanov G.Vo
Alexander Petrunov B.Vo
Трошан Владовски(Troshan Vladovski) G.Vo
Жорж-Ян Банов(Zhorzh-Yan Banov) Ds.Vo

1年後の66年9月に全員が軍に召集され一時活動停止。
68年10月に再び活動。
先の4人に加え、Fire Boys時代にZhorzhの前任ドラマーだったПанайот Михаилов(Panayot Mihailov)が、キーボード担当として再加入。
ライヴ演奏・ ソロシンガーБорис Гуджунов(Boris Gudzhunov)のバックとしてTV出演。

69年2月、ブルガリアの有名なコンテストЗлатния Орфейに出演予定だったが、当局によってコンテストにふさわしくないと判断され直前になって出演を却下され、このことでケチが付いてグループは空中分解してしまいます。
Valentinは「Стакато(Staccato)」というグループに、ギタリストといて数ヶ月参加し、秋には再びグループを復活させました。
Valentin・Alexander・Zhorzhに、Staccato時代に知り合ったギタリストГеорги Минчев(Georgi Minchev)を加えた4人に。

この前後の時期、ブルガリアで最も人気のあったShuturciteが当局の圧力によって活動が停滞しており、Sreburnite Grivniはシーンを牽引すべくTV・ラジオ・ライヴ、そしてレコーディングと活発に活動を繰り広げます。

Sreburnite GrivniはライバルのShturciteとほぼ同傾向のサウンドですが、ポップなメロディーをゴリゴリのファズギターや手数の多いドラムなどでパワフルに演奏しており、Shturciteよりもワイルドな印象があります。
ほんのりとブルースロックやハードロックへの憧れもあったようで、そういった要素をポップなサウンド中にさり気に取り込んでいるのも彼らの持ち味だと思います。。
甘口な曲もありますが、ビート・グループへの制限の多かったブルガリアでは避けることはできなかったのだと思います。

a428.jpg
Sreburnite Grivni Late Years

70年に入ってすぐにZhorzhが脱退、Георги Станков(Georgi Stankov)加入。
同年4月にはGeorgi Minchevが脱退し、Zhorzhがドラムスに復帰、Georgi Stankovはキーボードにシフト。
しかし、同年の秋口までZhorzhは出たり入ったりを繰り返していたようで、しばしば代わりのドラマーを加入させていたようです。
秋になってПетър Славов(Peter Slavov)が加入してようやくドラマーは安定し、さらにフルート・サックス担当のСимеон Щерев(Simeon Shterev)が加入。
71年の晩冬にはSimeonが脱退し、残された4人のままで71年8月の解散を迎えることになりました。




【“Сребърните Гривни[Sreburnite Grivni](Bulgaria)”の続きを読む】
スポンサーサイト
このページのトップへ



このところ、今まで手を出していなかった旧ソ連ものに手を出し始めたこともあって、調べるのが億劫で今までパソに入れっぱなしにしたままにしていたブルガリアものなどの整理をしたりと、キリル文字系の国のグループのデータをまとめています。

大学でロシア語でも履修していない限り、一般の日本人がキリル文字に触れる機会などほとんどないし、あってもせいぜい (*´Д`)ハァハァ とかで使うくらいだと思います(笑

普通のアルファベットを使う言語では使用しない文字が多く、小文字でも大文字と同じ書き方だったりと、パッと見になんて書いてあるのかさっぱりわからないので、どうしても敬遠してしまいがちですが、日々グーグル翻訳を使いながら戦っているうちに、おぼつかないながらも少し読めるようになってきました。
必然に迫られると、人間は驚くほどの順応力を示しますねー。
身を持って体感してしまいました(笑

こういう不慣れな外国語を読む場合、やはり自分に馴染みのある言葉から挑むのがおすすめです。
例えば、「Stereo」「Mono」の場合、ロシア語の場合「Стерео」
「Моно」、「John Lennon」「Ray Davis」の場合「Джон Леннон」「Рэй Дэвис」となります。
こういうわかりやすい例から見るだけでも、「s」が「с」「r」が「р」「n」が「н」「i」が「и」と読むなど、少しずつルールが見えてきますね。
「Д」は「d」あるいは「j」にあたり、決して「ハアハア」ではありません(笑

グーグル翻訳に、多言語対応のアルファベットでの発音表記を表示する機能があって、非英語圏の言語、特にキリル文字やヘブライ語などの読み方を知るのに非常に便利です。
僕もこの機能を知ってから、俄然調査が進むようになりました。

とりあえず以前書いたShturciteの記事を、ほとんど全部書き直しました。

できれば今年中に、ブルガリア第2弾Sreburnite Grivniの記事をうpできればと思っています。



このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

11月 « 2012年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。