あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
髪なげぇ(笑
Namelosers 1965:(LtoR)Johnny・Anders・Per・Tommy・Christer


先日Annaabee-Noxの記事を書いた時、「そういえば書いてなかったな」と思い出したのがNamelosers。
その順風満帆とはとても言い難かった「負け犬」的なエピソードと、その荒々しいサウンドとのマッチングは他では得られない独特の魅力があり、「スウェーデンで一番かっこいいグループは?」と聞かれれば、迷わず彼らだと答えるでしょう。

というわけで、60年代ロック、特にR&B系が好きな人は聴かなければ損だとさえ言える、国際的にみても最も暴力的なサウンドのグループの一つであるNamelosersを紹介したいと思います。


1962年、スウェーデン最南部のスコーネ地方にある、海を挟んでデンマークの首都コペンハーゲンと面する都市マルメーのクラブで知り合ったTommy HanssonとJohnny Anderssonが、意気投合してグループを結成する事になったのが始まりでした。

Tony Lee And The Fendersという名のそのグループは、撫で付けた髪でElvisやCliff Richardなどのロックンロールのカバーを演奏していたそうです。
頻繁にギグをこなしていくうちに、正業に就くためにベーシストとドラマーが脱退。
ある日、TommyとJohnnyの行きつけの楽器屋で、「いいベースプレイヤーがいる」という情報を耳にしました。
しかも、そいつはBeatlesヘアーだと。
2人はそのベーシストChrister Nilssonと会いに行ったわけですが、彼はまさにビートルヘアで、しかも愛用のベースはHöfner!
Christerの加入に刺激された2人は、髪を下ろしてレパートリーをマージービートをメインに変えました。
さらにメンバーもTommy(Vo)・Johnny(G.Vo)・Christer(B.Vo)に、Per Arnkull(G)とAnders Lagerlöf(Ds)を加えた5人編成となり、グループ名もBeatlesとSearchersから拝借したBeachersと変えました。

Beachersは地元マルメーのクラブを回り、「Twist And Shout」「Roll Over Beethoven」などをワイルドに演奏し、熱狂のステージを繰り広げました。
地元でもよく知られるようになった彼らは、うかつに街を歩けなくなるくらい熱狂的なファンに追いかけられるようになったそうです。

彼らのうわさはすぐにマルメー近郊北東側にある都市ルンドに伝わり、その風のうわさを聞きつけたUrban Lassonが彼らのもとに現れ、Urbanは彼らのマネージャー・プロデューサーの座に就きました。

64年11月、彼らはViking Records(詳細不明ですが、おそらくストックホルムの南のフォルスタに所在したマイナーレーベル)で6曲レコーディングし、その中から4曲を選んで12月にEPとしてリリースし、スウェーデンのトップ10番組Tio i toppの12位にチャートインし、幸先のいいスタートを切りました。

ところが、一つややこしい問題が彼らを悩ませる事になります。
それは「Beachers」というグループ名で、スウェーデン西端にある都市ヨーテボリにも同名のグループが存在し、そのヨーテボリBeachersが「俺たちのほうが先に使っていたから、君たちは早急にグループ名を変えて欲しい」と要求して来たのでした。
正直、どっちが先に使っていたかって言うのは何とも言えないような気がしますし、先にレコードをリリースしたという意味ならマルメーBeachersなんじゃないかなと(ヨーテボリ側の最初のリリースは65年)。
ともかく、結果的にヨーテボリ側の主張が通ったのでしょうね。

困惑した彼らに手を差し伸べたのが、スウェーデンの海賊ラジオ局Radio Sydで、番組内で彼らのグループ名を募集するコンテストを行いました。
その結果採用されたのが「Namelosers」というグループ名だったというわけです。
このエピソードはその筋のファンにはよく知られている話ですが、結果的に彼らの魅力を象徴するものになったと言えると思います。
単純ではあるけど、なかなかにスパイスが効いていてセンスがいいと思うし、彼らのイメージにあるある種の「負け犬」っぽさにも合致したかっこよさがあるし、それにこのグループ名ならかぶらないでしょうし、現在では永久欠番的な名義になっていると思います。

彼ら自身も、「もうBeachersの名前はくれてやってもいい」と思ったんじゃないかな?

名前を譲った(取り返された?)ヨーテボリBeachersは3枚のシングルを残すのみで、1stシングルには誇らしげに「Original Beachers」と表記してあったり、ラストの3rdシングルではかなり甘口になっていたりとなかなかにイタいものがあって、結果的に現在におけるNamelosersとの評価の差は明白になっています。

そんなこともあって名前が轟いたのでしょうか、NamelosersはスウェーデンEMI Columbia(皮肉にもBeachersもレーベルメイトだった)に移籍することになり、VikingでリリースしたEPを名義を変えてそのままリリースしなおすことになりました。
そして、EPからカットされたシングルも同時にリリースされ、こちらは3位のヒットになりました。

改名後のNamelosersは、本国だけでなくデンマーク・フィンランド・オーストリア、そしてスペインにまで出向いて、UKグループの前座を含むツアーをこなしました。
64年12月、JohnnyとChristerはロンドンに出向き、マーキーでWhoのステージを見て衝撃を受けたそうで、その後のステージングに大きく影響したということですから、ツアーに同行したUKのグループたちもさぞかし冷や汗をかかされたことでしょうね(笑

楽しそうかつワイルドに

ツアーから戻ってすぐ、2ndシングル用のレコーディングを行い、彼ら初のオリジナル曲「But I'm So Blue」をB面に収録したシングルを65年4月にリリース。

同年6月には、Rolling Stonesのスウェーデン公演の前座として同行し、地元マルメーのリハーサルホールではStonesの連中とジャムセッションを行い、夜中の3時から日が昇るまでワインとともにジャムったそうで、彼らにとっての最高の思い出になったとか。

また、同時期にAndersとPerが脱退、代わりにGöran Frid(Ds)が加入、ギターはJohnnyが一人で担当することになりました。

少し短めになりましたが反省はしてません(笑
Namelosers 1965:(LtoR)Christer・Tommy・Johnny・Göran

Namelosersと言えば…の一つに轟音ファズがありますが、彼らがファズを入手したのは65年夏~秋あたりのようで、電話会社に勤める彼らの友人が製作してくれたものだとか。
僕の聴いた範囲では、スウェーデンのほとんどのグループがファズを導入するのは66年に入ってからで、自作品で導入した彼らは自国で一番最初にファズったグループなのではと思います。
Namelosersはもともとワイルドな演奏スタイルでしたが、このファズの導入によってさらに凶暴なサウンドになって行くことになります。

このファズを引っさげて最初にレコーディングしたのが「Land Of 1000 Dances」と「Susie Q」で、彼ら流に荒々しいアレンジがなされたデモを聴いたUrbanは、すぐにコペンハーゲンのスタジオでのレコーディングを手配したそうです。

このファズをフューチャーしたシングルは12月にリリースされ、Tio i toppで今週のベストニューリリースとしてエアプレイされたものの、チャートでは自分たちの予想ほど奮わず11位どまりで、番組を聴いて落胆した彼らはラジオを窓の外に放り投げてしまったそうです。

独創的なアレンジでレコーディングされた「Land Of 1000 Dances」は、評価は高かったしライヴでの人気も高かったものの、レコードの売り上げは思わしくなく、それに対する報酬も支払われなかったそうです。
また、プロモーターはグループにソフトで落ち着いた演奏を要求し、グループがそれを拒否するといういざこざがしばしば起きるようになり、Namelosersはその活動を維持することが難しくなって行きました。


余談ですが、スウェーデンEMI系列に所属していた、ShanesやAnnaabee-Noxなどの長髪R&B系のグループが、65年末~66年の間で長髪を切りポップ化しており、Namelosers(彼らも65年末には長髪を切っています)のいざこざや解散とも時期が重なっており、レーベル内あるいはスウェーデンの音楽業界内で何からの動きがあったような気配を感じます。
ただ、あまり具体的な資料が見つからないので、これはあくまでも僕の推測にすぎないのですが、それにしても非常に気になるものがあります。


そして66年8月の終わり、Namelosersは解散を発表。

「僕らの人生における最悪の日の一つだった、間違いなく。」(Tommy Hansson)

こうしてNamelosersは短い活動期間を終えるのですが、その残されたマテリアルは後年非常に高く評価され、現在でも新たなファンを増やしています。






【“Namelosers(Sweden)”の続きを読む】
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

05月 « 2014年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。