あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 


前回に続いて、エストニアのビート/サイケのコンピレーションを紹介していきます。
今回は前回のものよりマニア向けの内容になります。


a2164.jpg

V.A./Biit Piraadid (エストニア Rampade Org Ramp001)`06

1.La La La Laul /Optimistid  
2.Kõik Uueks Saab[Sa Teed Kõik Uueks] /Omega
3.Suddenly You Love Me /Omega *
4.Kui Sind Ma Leidsin /Vello Salumets & Jaak Joala *
5.Ära Süüdista Saatust /Kogudus
6.Eemale Linnakärast /Andromeeda *
7.Boogie /Optimistid *
8.Kui Ainult Kord /Kristallid *
9.Küll Olid Päeval Pikad Rajad /Kristallid *
10.Surmast Tugevam /Credo *
11.Kaarik /Omega (Tallinn) *
12.Jalgrattal Sõidan /Toomapojad
13.Vana Auto /Peoleo
14.Beat /Mikronid *
15.Sipelgad /Kristallid *
16.Vesiviiul /Andromeeda *
17.Sügis /Mikronid
18.Langeb Lund /Andromeeda
19.Adjeu Sholi Condier /Toonika *
20.Lahkumise Tund /Lüürikud
21.No Milk Today /Omega *
22.Paljasjalgne Munk /Virmalised *
23.Hei Liis /Ivo Linna *
24.Närvid Läbi /Omega

*・・・前回紹介した2種のコンピと被っていない曲

こちらは前回紹介したコンピと傾向が近い、放送局録音の音源を収録していますが、これにしか収録していない曲が多いので、けっこう外せないコンピです。
ライナーはペラペラではなく、録音年表記はないもののクレジットが詳細に書いてあり、各グループの写真と在籍したメンバーが掲載されていて、前回のコンピよりは遥かに充実したものになっています。

ただ、既に廃盤になっており、入手は難しいのが難点です。

a2165.jpg

V.A./Biit Piraadid 2 (エストニア Rampade Org Ramp002)`07

1.Väike Peeter /Mikronid
2.Ühiselamu /Kogudus
3.Instrumentaal Märt Kõrgema Juhatusel /Lüürikud
4.Ma teen, mida võin /Kristallid
5.Fire /Omega
6.Dark eyes /Omega
7.Paint it black /Omega
8.I'm a king bee /Mikronid
9.Jaan läheb jaanitulele /Optimistid
10.Kas sa kuuled /Kristallid
11.See kurvaks teeb /Kristallid
12.Fever /Poppojad
13.Kiigelaul /Poppojad
14.For my women /Poppojad
15.Cuore matto /Poissmehed
16.I can't let go /Virmalsed
17.Friday on my mind /Virmalised
18.Walking on the beach /Virmalised
19.You were on my mind girl /Virmalised
20.Nimetu sõbratar /Müstikud
21.Heart of stone /Korallid
22.Mul on kahju /Korallid
23.Minge magama /Virmalised
24.Troika /Omega

25.interview /Maria Elena /Juuniorid(secret track)

上記のコンピの第2弾で、こちらの収録曲は今までの3種のコンピと全く被らない内容で、放送局録音(1~9)と68年のKosmos Cinemaでのフェスの実況録音(10~19)、そしてグループのプライベート録音(20~24)という組み合わせの、貴重な音源満載のレアリティーズです。
Optimistidの前身と言えるインスト・グループの25は、24の後のしばらくのタイムラグ後に収録されたシークレット・トラックで、コンテストに出演の際に収録されたプライベート録音らしく、おそらくエストニア・ビート最古の録音と思われます。
よく残っていたなぁ(笑

海外でも販売することが念頭にあったのか、ライナーは英文で書かれており、相変わらず録音年の表記がないものの記述自体は詳細で、収録グループの簡単な紹介も書かれていて参考になります。

あと、何と言っても、ジャケの絵が怖いです(笑

これは現状(17年2月現在)では新品があるようです。

ちなみに、今回紹介した2種は基本60年代ものなので、ハード・プログレのファン向けではないと思います。

前回紹介した2種と合わせて合計4種、これだけ揃えばエストニアのビート/サイケの概要を知ることができると思います。


このページのトップへ

今回は、エストニアのビート/サイケのコンピレーション2種を紹介します。

1944年~1991年の間、エストニアはソ連の共和国として強引に取り込まれていました。
つまり、基本的には国家公認のグループであるVIA以外は、レコーディングしてレコードをリリースしたり、利益を得るライヴの開催を禁止されていたわけです。
それに、ソ連のロック史本「ゴルバチョフはロックが好き?」や東欧共産圏のロック史本「自由・平等・ロック」によれば、当時のソ連内の若者は高価なオープンリールテープを、西側のロックのレコードをコピーするために使い、自分たちで結成したグループの演奏を録音して保存するという概念がなかったため、当時のロックの録音はほぼ皆無だとありました。

僕自身、これらを読んでそういうものだと思い込んでいたのですが、去年の冬に友人がDiscogsでウォントに入れていたアイテムの中に、エストニアのコンピレーションを発見しました。
たぶんVIAの音源をまとめたものだろうと思っていたのですが、収録曲をつべでチェックしてみると、VIAよりも遥かに西側に近い演奏で、しかもオープンリールのプライベート録音にしてはやけに音質が良い。

Мелодия録音ではない、当時ソ連内の国の60~70年代のコンピレーション…。
ここ数年でも最高の驚きでした。

すかさずエストニアから引っ張って、聴きながら詳細を調べて行くと、エストニアでは他のソ連構成共和国とはかなり状況が違っていました。

まず、音質がわりと良いのは、エストニアのTV・ラジオ局のスタジオでレコーディングされていたからでした。
レコード・デビューしていない非公認のグループの楽曲をこういう形で録音するというのは、基本的にはソ連内ではほとんど認められておらず、エストニアでのこれらの録音には本当に驚かされてしまいました。
東欧諸国では、レコード・デビューの試金石のような形で、未契約のグループの録音をして放送することはあったようなので、それに近い形だったのだと思いますが、それにしても当時のソ連での状況を考えると、大胆だなあと思ってしまいます。

ただ、多少当局の琴線に触れないように気を配っていたようで、特に71年くらいまではヘヴィで荒削りな演奏を録らないようにしており、あんまり荒っぽい楽曲は残されていません。

また、プライベートでも自分たちのグループの録音のデモを残していたりするのも、他のソ連内では少なくとも60年代にはほとんどなかったことでした。

あと、利益を得るライヴもほとんど黙認されていたようで、68年にはタリンで初のロック・フェスがおおっぴらに開催されてまでいます。
他のソ連内でも、役人に袖の下を渡してライヴをやっていたグループはいたようですが、調べた範囲ではエストニアではそういうことも基本的にはなかったようです。

エストニアでは、ソ連に侵略されて取り込まれたことに対する反抗心が根強かったそうですから、こういうことにもそれが現れたのかも知れません。

しかし、前述のタリンのフェスの後くらいから、当局が口を出すようになったようで、VirmalisedVäntorelのように、意に沿わないグループは活動を制限されたりするようになりました。
おそらく、66年にラトヴィアのリガで、Melody Makersのライヴを中止したことによる騒ぎが起きたことで、当局がエストニアの状況にも目を向けるようになったのではと思われます。

それでも、放送局での録音が後年まで(少なくとも76年くらいまで)続けられたようで、ソ連内だということを考えると驚くほどの多くの録音が残されています。
76年以後から、国家公認になってライヴを行い、Мелодияでレコードをリリースするグループが増えているので、その時期に何かの動きがあったのかなと思います。

エストニアのロックは、ビート感よりもメロディの美しいポップな曲が多く、対岸にあるフィンランドの放送を試聴して、レパートリーを見繕っていた関係もあるのか、北欧のシーンに近い印象があります。



【“エストニア・ビート/サイケのコンピ(その1)”の続きを読む】 このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

02月 « 2017年03月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード