あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 


今回から、単独でCD化されていなかったり、データが少ないグループを、2~3グループずつ紹介していきます。
第1弾は、エストニアン・ビート最古参の、Optimistid・Omega(Rapla)・Omega(Tallinn)の3グループです。

それぞれの曲の後についた番号は、以下の4種のコンピに収録されているという意味です。

①Eesti Rocki Lapsepõlv 1966-1976
Eesti 60ndad
③Biit Piraadid
Biit Piraadid 2


*Optimistid

a2166.jpg
Optimistid:(L to R)Toomas・Neeme・Henry・Heigo・Vello

Virmalisedと共にエストニア最古のビート・グループで、65年にタリンで結成。
オリジナル・メンバーは、Heigo Mirka(B.Key.Vo)・Toomas Kõrvits(Lead G.Vo)・Vello Salumets(B.Key.Vo)・Neeme Ninnas(G)・Harry Kõrvits(Ds)の5人で、ToomasとHarryは兄弟、弟のHarryは当時12歳だったとか。
メンバーとToomasの父親は、まだ幼いHarryを酒を伴うパーティーに同行させたくないため、彼の加入に乗り気ではなかったそうで、程なくして(66年くらい?)代わりにHenry Kirspuuを加入させて、脱退させられてしまったそうです(68年に再加入)。

ちなみに、ToomasとHenryがかつて在籍していたのがJuunioridというインスト・グループで、Optimistidの前身と言われており、彼らがエストニア最古のビート・グループと言われているのも、このJuunioridの存在が大きいです。

ベースのHeigoは、部屋一杯のビートミュージックを録音したテープを所有していたそうで、そこから演奏するレパートリーをチョイスしていたそうです。

結成当初はRevalという名で活動していましたが、66年のエストニアTVでのインストグループのコンテストに出演する際に、当局から「ふさわしくない」と言われてOptimistidに変えたとか。
そう言う事件があったものの、コンテストでは優勝を勝ち取り、彼らの名前は知れ渡っていきました。

彼らはラトヴィア初のビート・グループ、Melody MakersのPete Andersonと交流があったことが知られており、フィンランドの音楽番組を試聴するために、度々リガとタリンを行き来していたPeteがHeigoと知り合って親交を深め、時にはOptimistidのライヴに同行して歌ったこともあったとか。

エストニアで大きな人気を得た彼らは、66~68年にかけてエストニア内はもちろん、ラトヴィアやグルジアでツアーを行いました。
グルジアではライヴ自体は大好評だったものの、マネージャーが売り上げを持ってトンズラし、エストニアに戻る旅費を稼ぐために1ヶ月長くツアーで滞在する破目になったそうです。
結果的にそのことがグループを疲弊させてしまったようで、69年に解散しました。

活動末期の68~69年には、Toomasの弟でHarryの兄Tiit Kõrvits(G)とHeiki Johannson(Vo)が、Mikronidと掛け持ちで参加しました。

余談ですがKõrvits兄弟には、さらにToomasの一つ上の兄Tõnisもいて、彼もまたギタリストだったりします。


楽曲について

1.La La La Laul[La La La Lies] ①③ `69
2.Ülle (V.Salumets) ① `69
3.Mul On Tunne[You Won't Be Leaving] ①② `67
4.Sa Kuulud Mulle [Then He Kissed Me] ②
5.Boogie (T.Kõrvits) ③
6.Jaan Läheb Jaanitulele (Trad.) ④

Virmalisedとはよく比較されたそうで、VirmalisedはBeatles、OptimistidはRolling Stones…のような感じで言われていたそうですが、ライヴではそうだったのかもしれませんが、残された録音はインストグループあがりっぽいナチュラルなトーンのギター・サウンドで、楽曲のチョイスもポップでソフトなものが多いです。
他にもDylanの「Chimes Of Freedom」など、いくつか録音を残しています(未CD化)。

前述のJuunioridも1曲だけCD化されており、コンテストらしきプライベート録音で、インタビューとインスト「Maria Elena」が④のラストのシークレット・トラックとして収録されています。
  



【“エストニアのグループ(その1)”の続きを読む】 このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

02月 « 2017年03月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード