あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
ジャケだけはいい感じです


久しぶりの連日の更新です(笑

僕が最初に知った東欧のグループはOmega(Red Star)なのですが、その時に見たレコのジャケットは本国の1st「Trombitás Frédi~」ではなく、このアルバムなのです。
もしかしたら「あ、俺も」って方もいらっしゃるかもしれませんね。

このアルバムは、67年にブダペスト公演でOmegaを見て気に入った気に入ったSpencer Davis GroupのマネージャーJohn Martinが、UK公演に招待したことがきっかけになって、68年になってUK-Deccaでレコーディングされたもので、本国での1st「Trombitás Frédi~」よりも少し早く制作&リリースされています。

わずか3日でレコーディングされたと言うこのアルバム、全曲をベーシストのMihály Tamásがリードボーカルをとっています。
うまく翻訳ができなくてはっきりわからないのですが、どうもリードボーカルのKóbor Jánosが大学受験か交通事故かなにか…とにかく何らかの事情でハンガリーに帰国したために、このレコーディングに参加していない(クレジットはされている)そうです。
僕はてっきりあの強烈な悪声ボーカルにダメ出しが出たのだと思っていましたが、そうではなかったみたいです(笑

とは言え、Mihály Tamásもボーカリストとして本来なかなかのものですからまんざらでもないはずなのですが、どうも慣れない英語詞で歌ったことが力強さをそいでしまったようで、残念ながらかなり弱々しいボーカルになってしまっています。
3日間だったと言うレコーディングはロクにリハーサルもできずに進められたようで、チープな録音状態のせいでそう感じるのかもしれませんが、演奏も力強さに欠けており、本来のあくの強いOmegaのサウンドは何処へ?という感じになってしまいました。

はっきり言って、Omegaのアルバムとしてはかなり魅力に欠ける内容で、最初に聴くにはお薦めできません。

まずはハンガリー録音の本来の「農作業ロック」を堪能してから、どうしても気になればその時に(笑



と言うわけですので、内容についてはあえて説明しませんが、収録曲全てが本国でもレコーディングされていますので、そこら辺を解説しておきたいと思います。


Omega Red Star From Hungary (ハンガリーDecca(Universal) 475 943-5)`07

68年にリリースされて以来、かのRock-In-BeatがCD-Rでばら撒いている以外ではリイシューされていませんでしたが、07年にようやくリマスターリイシューされました。
音質は悪くは無いですが、どういうわけかHungarotonのリマスターCDの方が遥かに音質がよかったりします。
よほどDeccaの録音がよくなかったのか、はたまたマスターの状態が悪かったのか…。

a183.jpg

各曲のハンガリーでのタイトル&クレジットと、本国でのリリース年と形態を。

1. Snuki (Presser Gábor - Adamis Anna)`70si
2. Azt Mondta Az Anyukám (Presser Gábor - S. Nagy István, Hajnal István)`67si
3. Ha Én Szél Lehetnék (Presser Gábor - John Martin)`68si (1)
4. Rózsafák (Presser Gábor - S. Nagy István)`67si
5. Holnap (Presser Gábor - Kóbor János, Hajnal István) (1)
6. Nem Tilthatom Meg (Presser Gábor - S. Nagy István, Hajnal István)`68si
7. Ismertem Egy Lányt (Presser Gábor - Adamis Anna)`67si
8. Volt Egy Bohóc (Presser Gábor - Adamis Anna)`68si
9. Kállai Kettős (Presser Gábor feldolgozása) (1)
10. Trombitás Frédi (Presser Gábor - Hajnal István)`68si (1)
11. Halott Virágok (Presser Gábor - Adamis Anna)`67 si

「si」というのはシングル(「`68si」は68年のシングルと言う意味)、(1)は本国の1stアルバム「Trombitás Frédi~」収録と言う意味です。

現在のハンガリー盤・リマスター&ボーナスCDでは、1は未収録、6・8・11は2nd「10000 Lépés」に、それ以外は全て1st「Trombitás Frédi~」に収録されていますので、聴き比べてみるのも面白いかなと思います。


余談ですが、Presser Gáborと共作しているAdamis Annaと言う人は、ドラマーのLaux Józsefの当時のガールフレンドだそうで。
意外にやりますね(笑


このページのトップへ

コメント

ホントにビミョ~盤ですよね(笑)。コレで世界デビューはキビシイわ~。
Jánosはバンドの音楽的な要ではないけれど、あの声はやっぱりオメガの顔(←文字通り、顔もキョーレツですが)だと思ってるんで。
あらっ、大学受験って・・・Jánosが勉強してる姿が想像つかな~い(失礼)!
Adamis Annaって、Locomotiv GTにもついてったんで、てっきりPresser Gáborの女かと思いきや、ドラマーの方でしたかぁ~!こういう情報、意外と重要だったりします(笑)。

ピンクのげしゅたぽ、モモレンジャ~みたいでカワイイですね♪

  • 2010/03/31(水) 18:29:39 |
  • URL |
  • クロム #ybSqUg1.
  • [編集]

クロムさん、こんにちわ。
その節はありがとうございました。

これを最初に聴いたら、Omegaの真の姿を知らずに終わってしまう可能性が高いですよね。
ボーカルも弱いですが、演奏もちょっと弱いですよね。
いつもの機材を使えなかったり、慣れない海外でのレコーディングのプレッシャーなんかもあったのかも。

おっさん顔でも、一芸に秀でてるといけますね(笑
でも、僕が女の子だったらやはり多才ヒゲ君がいいな(笑

げしゅたぽは、本来の意味をよく分かっているとはとても思えないのほほんぶりです(笑

ちなみに、こいつの次のメロの名前も決めました(笑

まだ気が早いですけどね(笑

  • 2010/04/01(木) 18:48:01 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。