あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
67年ラインナップ

(左からPetr・František・Jiří(上)・Přemysl(下)・Pavel・Karel)

12.25:František Franclのギターについて追記


さてさて、ようやく腕の痛みがひいてきたので一安心です。
まだ指先がビリビリするのですが、さほど支障はないのでぼちぼち更新して行きたいと思います。

今回は予告したとおりチェコスロバキアのFlamengoです。
Flamengoは目まぐるしいメンバーチェンジを繰り返していて、資料を見ながらファミリートゥリーを作っていて呆れてしまいました(笑
そんなわけで、メンバーと時代の変遷によって音楽性を変化させていますので、サイケ/ブルースロック時代とジャズロック時代の2回に分けて紹介します。

Flamengoは66年、Přemysl Černý(Ds)を中心にプラハで結成。
最初期メンバーはPřemyslにPavel Fořt(G)・František Francl(G)・Jiří Čížek(B)・Eduard Vršek(Key)・Petr Novák(Vo)というラインナップでした。

同年9月、Eduardが脱退、Viktor Sodoma(Vo)が加入。
なぜPetrの他にボーカリストを加入させたのかはよく分かりませんが、もしかしたら2人とも暫定的な加入だったのかもしれません。
また、2人とも作曲も手がけていることからして、少なくともこの時点では曲を書いていなかった他のメンバーの狙いが透けて見えるような気もします。

いけない子だ(笑

この画像は、初期ラインナップでの66年のTV番組の映像からで、まだルックス的にもサウンド的にもビートグループ時代の印象です。
興味深いのが、Viktorがこの時点であの扇情的なボーカルスタイルをほぼ完成させていることで、64年の段階(画像下右)ではまだ素朴でまじめだった彼が、この映像ではこんな顔(画像下左)をするようになってしまいました(笑
また、この映像ではPetrがオルガンを弾いているようですが、実際に弾いていたかはよく分かりません(笑

12月にはそのViktorがあっけなく脱退してMatadorsに加入。
どうしてもオルガンを入れたかったのか、Jiříがベースからオルガンに、そしてPavelがギターからベースにコンバートしています。
そして翌67年1月、Viktorと入れ替わるようにMatadorsからKarel Kahovec(Vo.G)が加入、このラインナップで最初のシングルをリリースしています。
最初の画像はこの6人での67年の写真です。
しかし、Františekはかっこいいですねー(笑

と思いきや今度は6月にJiříが、そして1st Beat Music Festival出演の直前の12月にPetrが相次いで脱退、相変わらずラインナップの不安定さを露呈してしまいます。
Petrは元々在籍していたGeorge & Beatovensに戻ってそちらで再デビューするのですが、元々期限付きの参加だったのか気まぐれだったのかは不明ですが、とにかくFlamengoでの自作曲のヒットはいい追い風になったことは間違いありません。

Flamengoがサイケ期に突入したのはKarel加入後で、この時期に彼らの個性的なサウンドが確立されて行きました。

彼らのサウンドの特徴は、オリエンタルと言うか無国籍と言うか、とにかく非ヨーロッパ圏のグループの曲をヨーロッパのグループが演奏しているような、一言で言えばヘンなサウンド(笑)で、メロディやギターにイスラム的な旋律も感じさせます。
チェコスロバキアが歴史的にアジアからイスラム圏、そしてヨーロッパへの通過点であったことを垣間見せる…とまで言っちゃうとうがちすぎでしょうか(笑

1st Beat Music Fesより

この曲は件の1stBeat Music Festivalでの演奏されたKarelの曲です。
この演奏を聴くと、Flamengoのサウンドに多大な影響を及ぼしている2人のメンバーがクローズアップされます。

Flamengoのキーマン2人

その最重要人物はやはりKarel Kahovec(左)で、その甲高いボーカルとオリエンタルな旋律を織り込んだ超個性的なソングライティングで、曲を聴いただけで誰が書いたのか分かりますよね(笑
この曲でも使われていますが、サビでのダウナーなコーラスなんかも非常に特徴がありますね。
ボーカルに微妙に演歌も入っています(笑
本国でも彼のスタイルは非常にユニークだと評されています。
Karelの楽曲がメンバーのプレイに影響を及ぼし、彼の脱退後もそのオリエンタルな要素はFlamengoの地色として残っていくので、彼の影響は計り知れないほど大きいと思います。
大きいといえば、彼は長身でガタイもいいですね~。
チリチリの天パのガテン系の彼ですが、リードボーカリストでもあることもあってか結構アイドルだったみたいで、そのチリチリ頭にリボンをつけて演奏している映像も残っていたりします(笑

そしてブルースをベースに、Karelの楽曲に触発されたかのようなオリエンタルなフレーズを織り成すFrantišek(右)のギタープレイ。
MatadorsのRadim先生と同じく、ファズ・ワウそしてアーミングを多用し、青い炎を吹き散らすかのようなフレージングはもしかしたらRadim先生以上かもしれません。
とにかく、Radim先生と並ぶチェコのギターヒーローだったんじゃないかと思います。
ジミヘンや、当時のブルースロック勢の影響もかなり受けているようです。

ちなみに、この映像で彼が弾いているのは、西ドイツ製の「Framus Strato Deluxe」というソリッドボディのギターで、一番最初の画像で彼が持っているのも同じものです。
ストラトをイメージして作られたものらしいですがあんまり似てないし(笑)、やたらと多いスイッチ類に虎縞&クロームのピックガードにナヨナヨのアームと、非常にビザールでチープな珍品です(笑
一番ネック寄りにヴォリューム奏法専用ノブが、PUに寄せて付けられていてなかなか面白いギターです。
Františekはこのギターを、67年から少なくともFlamengo脱退までメインで使用しています。
結成から67年までの間は、チェコスロバキア製の「Jolana Hurricane」という、Framusと同じくストラト型・3PUのギターを使用していました。
どうも彼は、PUとスイッチ類がたくさんある、ナヨナヨの細っちいアームのついたギターが好みだったようですね(笑
スイッチ類はともかく、あの頼りなさそうなアームがあの細かいヴィブラートのアーミングに欠かせなかったのかもしれません。

Flamengoのメンバーチェンジはまだまだ続きます。
68年2月には、グループを結成したPřemyslが脱退、Primitive GroupからJaroslav "Erno" Šedivý(Ds 下の画像上中央)が加入。
Jaroslavは67年のBeat Music FestivalのFlamengoのステージで叩いているのが確認でき、この頃からPřemyslの代わりに叩いていたのかもしれません。
Přemyslの脱退後にシングルリリースの間隔がかなり大きくなるので、この時期に何らかのゴタゴタがあったことは間違いなさそうです。

これは推測なのですが、リリースしたシングルがほとんどヒットしている人気グループだったFlamengoが60年代のうちにアルバムをリリースできなかったのは、この不安定なラインナップが影響しているのではないかと思われます。
個人的にはKarelが在籍した時期にアルバムを制作していてくれたらなと、非常に残念に思います。

68年ラインナップ

この頃になると、Františekの意向なのかブルースロック的なサウンドに傾倒して行きます。
彼のギタースタイルからすると、Karelのサイケ・ビートではややヘヴィすぎるきらいがあるし、この時期の楽曲が一番似合っているのは確かです。
もっとも、個人的にはサイケ時代のあの怪しい感じがたまらないんですけどね(笑
Karelも「The Way For Horses」のようなブルースロックスタイルの曲を書いたりしたものの、自作曲が書けるのにカバーを採用することが多くなったりで、彼はスタイルの変化をあまり好ましく思っていなかったようです。

そして69年1月、Karelが脱退。
グループのイメージを司るオリジナル曲が書ける唯一のメンバーだった彼の脱退は打撃だったと思われますが、同時にブルースロックの方向へ完全にシフトするきっかけにもなりました。
直後にイギリス人女性ボーカリストJoan Duggan(下の画像右から2人目)を、そしてやはりオルガンが欲しかったのか新たにIvan Khunt(Key.Vo 同中央)を加入させました。

69年ラインナップ

そしてこのラインナップでJanis Joplinバージョンの「Summer Time」をレコーディング、基本的にストレートカバーながら、Františekの情念溢れるギターはしっとりとした飛翔を魅せてくれます。
Joanのボーカルはうまいのはうまいんですが、最初聴いた時は英語の発音が妙だったのでチェコ人だと思っていたのですが、最近になってイギリス人だと判明して結構衝撃でした(笑
調べてみるとニューキャッスル出身だそうで、それでなまって聞こえたみたいです(笑
それまでの経歴はよく分からないんですが、なんでまたイギリスから共産国にわざわざ来たんでしょうねえ?

ともあれ、これからこの路線を突き進むのかと思いきや、70年1月、今度はよりによって新しいスタイルを主導した当のFrantišekとJoanが揃って脱退。
どうも2人はラブラブになってしまったようで、実際脱退後に結婚しています。

Karelに続き、看板ギタリストのFrantišekの脱退によって、グループは重大な危機に直面することになります。

(パート2に続く)



Flamengoは67~72年の間にシングル12枚(他アーティストとのスプリット盤含む)とアルバム1枚、そしてオムニバスLPに2曲を残しています。
今回はシングルコレクション「Paní v černém」と未発表曲を紹介したいと思います。

a252.jpg

Paní v černém Singly 1967-1972 (チェコSupraphon SU5496-2 311)`03

このCDは日本にもわりと入荷されていますので、比較的入手しやすいと思います。
全時代のシングル音源を収録していますので、ビート/サイケ派の方は基本的にはこのCDだけで十分だと思います。
16~19の4曲はパート2で紹介予定のアルバムとそのボーナスとダブるので、今回は割愛させていただきます。

a254.jpg

1&2が彼らの67年のデビューシングルで、2曲ともPetr Novák作・ボーカル。
すでにGeorge & Beatovensを髣髴とさせる彼独特の「泣き」の作風で、1の方は何と64年に完成させていたとか。
Flamengoらしいかと言えばメロウすぎるのでNoかな。
6&3は2ndシングルで、2曲ともKarel作・ボーカル。
もうすでに彼独特の個性が前面に出ています。
このシングルからFrantišekのファズ&アーミングプレイが堪能できます。
6のいなたさとシャープさの同居はある意味笑えます(笑
8&7が3rdシングルで、8はPetr Novák、7はKarel作で、ボーカルもそれぞれが担当。
Petr脱退後に彼の曲をひょっこりリリースすることになった理由は不明ですが、契約が残っていたのかはてさて。
ちなみにPetrは68年にGeorge & Beatovensでこの8を再録音していますが、さすがにリリースするのは気が引けたのか近年までお蔵入りになっていました。
86年にも再録音しているので、よほど思い入れのある曲だったんでしょうね。
Karel作の7は彼のオリジナルの中でも最高にヘンな曲で、Františekのファズギターが妙に能天気に聞こえます(笑
余談ですが、両曲の作詞をしたIvo PlickaはPetrの幼馴染だそうで。
9&4は60年代前半から活動しているベテランシンガーPavel Sedláčekとのスプリット盤で、9はPavel Sedláček & Flamengo名義でB面の4がFlamengo名義で、9はPetr Novák、4はKarel作で、ボーカルは9がPavel Sedláček、4がKarel。
9は演奏もボーカルもかなり甘口でちょっと物足らないですが、もともとメロウな作風のPetr Novákの曲なので無理もありませんか。
またまた余談ですが、Pavel SedláčekはFlamengoを高く買っていたようで、70年にもシングルのB面のスプリットを依頼しています。
また、3や7のTV番組でのクリップにもさり気に登場して、コミカルな演技?をしていたりします。
4は67年のBeat Music Festivalでも演奏された、サイケ時代の逸品の一つ。
この怪しいムードの曲を聴くと、Flamengoに限らずチェコスロバキアのグループへの影響を強く感じずにはいられません。

5&10は68年に入ってからのシングルで、2曲ともKarel作・ボーカル。
楽曲はもちろん、FrantišekのギターもPavel Fořtのブリブリしたランニングベースも怪しさバッチリ(笑
Karelが在籍した時期のFlamengoの曲は面白い曲ばかりなので、サイケファンにはたまらないものがあると思います。

翌69年の11&12からブルースロック時代になります。
まだサイケとの過渡期って感じでしょうか?
11はJ.Mayallのカバー、12はKarelとMatadorsのJan Farmer Obermajerとの共作曲で、2曲ともKarelのボーカル。
2曲ともFrantišekのファズ&ワウ&アーミングのちゃんぽんフレージングを堪能できる逸品です。
これは文句なしにかっこいいですね。
特に12は素晴らしいです。
13&14はKarel脱退後の、Joan(13)Ivan(14)ボーカルをフューチャーした、本格的なブルースロックを聴かせてくれます。
J.Joplinバージョンの「Summer Time」のストレートカバーは、いなたい発音のボーカルはともかくとして(笑)、Františekの素晴らしいギタープレイが聴き所です。
全員での共作の14はやや地味で、可もなく不可もなくって感じです。
どういうわけか68年に脱退したドラムのPřemyslがこの曲の作詞を担当しているのがまた不思議(笑

15はFrantišekとJoanのラブラブ脱退後に、新ラインナップでレコーディングした曲で、Pavel Sedláčekの70年のシングル「Kde je ten bič(Panton 04 0295)」のB面のスプリットです。
Pavel名義の「Kde~」は未聴なのですが、調べた限りではFlamengoは演奏していないようです。
Ivanのボーカルは決してヘタではないのですが、リードを取るにはちょっと腰が弱い印象があります。
もっとも、そのボーカルの問題はまもなく解決されることになります。

そしてボーナスのLos Bravosの有名曲のカバー20は、Viktor在籍時にTV番組に出演した時のものがマスターだそうで、よくこんなにバッチリ残っていたなーと感動してしまいます。
サ行の音がざらつくのが難点ですが、それでも音質はなかなかのもので、66年の段階でViktorのスタイルができあがっていた事を確認できる非常に価値のある音源です。
このTV番組の収録時に、もう1曲Viktor作のバラード「Myšlenka」も演奏されているみたいなので、こちらもぜひマスタリングしてリイシューしていただきたいものです。

最後に、66年の初期ラインナップで録音されたPetr Novák作の未発表曲を。
「Příliš Často Pláčeš」と「Pouto」の2曲で、どちらもビート時代のセンスのポップな楽曲です。
特に後者はいなたいですが、Františekがすでにファズ&アーミングでのプレイを披露しています。
まあ、Flamengoらしいとは言いがたいし、資料的価値以外としてはさほど魅力はないかなと思います。
Petr Novákの2枚組アンソロジー「Svět A Nesvět(Supraphon SU5816-2 `07)」に収録されています。

さて、パート2では解散までのジャズロック時代の流れと、唯一のアルバム「 Kuře V Hodinkách」とオムニバスLP収録の曲を紹介したいと思います。


ふう、今回は書き上げるのが大変だったなー(笑
ここまで読んでくれた人、すごい好きよねー(笑

このページのトップへ

コメント

ワゥワゥ~!!ついにキマシタね~、想像を絶する記事が~~1度に読み切れませんでした(笑)。

私、Flamengoはですね、チェコ初通販のとき、何者か全くハテサテ状態の完全ジャケ買いで、コッコちゃん時計アルバムを買ったのが最初だったんですよ~。
ですから、この編集盤を聴いたときは、ルーマニアのフェニックスと並ぶバケラッタちゃんっぷりに面食らいました。
そっかぁ、これだけメンバーチェンジがあったら、当然ですよね~。
私もオリエンタル期(笑)が一番好きだなぁ~♪
ところで、Flamengoの核って、結局誰な~ん??

Petr&Viktor在籍時って、ある意味、べック&ペイジ在籍時のヤードバーズ並みの豪華な顔合わせですね~(笑)。

では、続編も楽しみに待ってますね~♪ でも、腕はいたわってあげて下さいませ~。

  • 2010/12/14(火) 23:15:56 |
  • URL |
  • クロム #ybSqUg1.
  • [編集]

これほどの詳細な記事は日本国内どこを探してもここにしかないでしょう!!
久々にFlamengo引っ張り出してきて聴いてます♪
メンバーチェンジがややこし過ぎます…
楽曲の怪しさはチェコスロバキア勢の中でも突出してますね。ビート/サイケ派の僕としてはこの時期の曲もっと!!!

  • 2010/12/15(水) 17:03:30 |
  • URL |
  • kuwa #-
  • [編集]

†クロムさん
今回のはデータが充実したので、かなり長編になってしまいました(笑
Flamengoはサウンドがメンバーが目まぐるしく変遷していくところがByrdsに似てるかもしれませんね。
でも、Flamengoはリーダーが固定してないですけどね。
Olympicで言えばPetr Jandaに当たる存在が時期によって別々だったのは、確実にグループの寿命を縮めたと思います。
続くジャズロック期編は今回のより短いです。
分けどころに悩んだんですが、Františekが脱退したあたりで切るのがドラマ的かなと(笑

†kuwaさん
今回は気合が入りました(笑
メンバーの変遷をたどったおかげで、サウンドの変遷もよくわかるようになりました。
Karel Kahovecの怪しいサウンドは、一度聴くと忘れられないものがありますよね。
Matadorsも同様の怪しさがありますが、初期にKarelが在籍したことはやはり影響していると思います。
Karelの曲のみ発表曲があるといいんですけど、共産国の国営レーベルなので、それほど多くは残っていないかもしれませんねー。

  • 2010/12/18(土) 17:59:09 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。