あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
Bigsbyのスケールもミディアムです(笑

Hoyer Model 37?


さて、前回のMatadors時代に続き、Blue Effect初期の71年あたりまでのギターを紹介して行こうと思います。


Hoyer Model 37(?)(ドイツ製)

Matadors時代までで、経済的にある程度余裕ができたのか、Blue Effect時代に入ると西側のギターを使用するようになりました。
とは言え、このHoyerと次に紹介するHöfnerあたりは、Fender/Gibsonなどと比べると安価でチープな作りだったみたいですが(笑

Oさんをしても確実な資料が見つからず、「おそらくModel 37であろう」ということでした。
このマリオがジャンプしそうな名のメーカーの、SGに似たソリッドボディ・シングル×2PU・ミディアム・スケール&ブロック・インレイという仕様のギターで、Radim先生は、これにBigsbyのアーム(たぶんB-3)に付け替えて使用。
ただ、ブリッジからボディエンドまでの長さが合わなかったようで、ユニット本体を短くぶった切って強引に取り付けています(笑
元々のユニットがあまりにもボロかったのか、とにかくBigsbyを使いたかったのか、はてさて…。
あと、珍しく3PUじゃないですね(笑

このギターは、Blue Effect結成の68年後半期から、Jazz Q Prahaとの競演盤の2nd「Coniunctio」をリリースした70年までメインで使用されています。

黒いボディのせいもあるでしょうが、全体的に本物のSGよりも無骨な印象ですね。






Höfner Model 176 `Galaxy'(ドイツ製)

演奏中にこのスイッチ類を使いこなせるのか(笑


ポールのバイオリン・ベースで有名なメーカーの、ストラト系のソリッドボディ・シングル×3PU・トレモロつき・ミディアム(ショート?)・スケール&ストライプ・インレイ、一般的なヴォリューム&トーンノブが無い代わりに、各PUの上部にOn/Off、下部にボリュームポッド(昔のウォークマンのボリューム調整のと同じカリカリ回すあれ)、さらに下のカッタウェイ寄りに何かのダイヤルスイッチがつく、…というあきれるほどゴチャゴチャとした、ビザールなルックスのギターですね。
ミディアム・スケールで、板っぱね式のトレモロユニットにゴチャゴチャスイッチという仕様からして、ストラトと言うよりはFender Jaguarを意識したモデルなんでしょうね。

Oさんによると、ネックはスケール短いがぼってりとした握りが「微妙」だそうで、ボディは薄っぺらくて、3PUのわりには重くないとか。
また、白・黒・サンバースト以外の変わった模様のものは、通常の塗装ではなくボディに直接色のついたビニールをコーティングするという恐ろしいワザを使っているそうです(笑
もちろん破れやすく、非常にチープでビザールな塗装(って言っていいのか)だそうです(笑

Framus Strato Deluxeと共に、個人的に欲しいような気がする1本です(笑

先に紹介したHoyerと共に、70年くらいまで使用しています。
どちらかと言うとHoyerの方がお気に入りだったようで、セカンド・ギター的に使用されていたようです。



Gibson Les Paul Deluxe

すごくいい音がするギターです


これはアメリカ製ってわざわざ書きませんよ…って書いちゃったけど(笑

60年代前半に一度生産が終了したLes Paulが68年くらいから再生産されるようになり、69年から「ミニ・ハムバッカー」が搭載されたDeluxeが登場します。
画像を見ていただくと何となく分かると思いますが、一般的なLes Paulに搭載されているハムバッカーよりも細くて小さいですね。

この映像でのナチュラル・トーンでのプレイのとおり、ハムバッカーよりも明るくさっぱりとした音がします。
個人的にすごく好きな音なんですが、このミニハム搭載のDeluxeはLes Paulの中では不人気な方だそうで…。

ボディ・カラーはゴールド・トップでしょうね。

驚いてしまうのが、今までシングルコイル×3発にトレモロつきのストラト系のモデルばかりを使用してきたRadim先生が、なぜに突然Les Paulを?ってことですね。
今までとは違う音を出したかったのか、当時のチェコスロバキアで入手できる西側のギターの選択の余地に限界があったのか真相は不明ですが、その後も3PUのCustomを愛用したりしてるところを見ると、かなり気に入ったようではあります。

でも、使い始めた時は激烈に重くてきつかっただろうな~(笑

Radim先生はこのギターを70年~71年前半頃に入手したようで、3rdアルバム「Nová syntéza」全編で使用されています。
そして以後、Radim先生=Les Paulというイメージがつくくらい、現在に到るまで長きに渡って愛用されていくことになります。


前回に続き、オマケとして「こんなこともやってます」画像を(笑

こんなこともやってます2

ほんと、当時のチェコスロバキアで、どうやってこういう事を仕入れてきたんでしょうねえ(笑


こんな感じで、現物を見たことさえもないものがほとんどと言うことで、あまり詳細なレビューにはできませんでしたが、Radim先生の使用したギターと同じものが欲しいという方の参考になれば幸いです。


最後に改めて、Oさんに多大なる感謝を込めて。


このページのトップへ

コメント

あまりに専門的な内容にて、全然ついていけてない私・・・(汗)。
でも何だか、数々のちょっぴり珍奇な女性遍歴を重ねながら、とうとうレスポールなる運命の女性と結ばれるまでのRadim先生伝記を楽しませてもらった気分になれましたぁ~♪

プフフゥ~!今度は弓弾きざんすかぁ~!
意外にミーハーなRadim先生、可愛すぎるぞぉ~♪
もしも、Radim先生が80年代の日本人女性だったなら、きっと聖子ちゃんカットにしてるタイプですね(笑)。

  • 2011/04/30(土) 13:41:49 |
  • URL |
  • クロム #ybSqUg1.
  • [編集]

チェコスロバキアの方ですか。写真だけでも素敵な方ですね。前を向かず、ひたすらギターを注視する姿がいいですね…切実な感じ♪
弓で弾くといえばジミーペイ爺ですが、あの人は派手な恰好で弾いていたので、シャツ一枚で弓を持ち出すのはなんか違和感あります(笑)

それにしてもグラハムさんギターお詳しいですね。たしか最近は弾いてらっしゃらない、というコメントいただいた覚えがあるのですが、以前は結構バリバリだったんですか(笑)?

  • 2011/05/01(日) 00:49:56 |
  • URL |
  • いたち野郎 #ZpAXj7wg
  • [編集]

†クロムさん
「女性遍歴」か(笑、うまいこと言いますね(笑
Matadors時代~Blue Effectごく初期はアーミングを多用していたので基本ストラト・ジャガー系を使用してきて、ジャズロックに移行する時期にレスポールに持ち替えています。
ガリガリでワイルドな女性から、むっちり豊満な女性にって感じでしょうか?
少なくとも結果的にはとても相性が良かったようですね(笑

ギターをかじったことがある者ならば、ボウイング747じゃなくて奏法は、P.タウンゼントの大車輪奏法とともにやってみたい反則ワザです(笑
僕も楽器屋に行って、ボウを買いに行ったことがあるのですが、弦に当たる部分が馬の毛をまとめたもので、マメなメインテナンスが必要で、Creationのような荒っぽい弾き方をしたら、一発で交換することになると言われて断念しました(笑

  • 2011/05/02(月) 17:02:12 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]

†いたち野郎さん
他の写真や映像を見ても、Radim先生は割りとギターのネックを見て節目がちに演奏していますが、演奏していない写真でもうつむきがちなものが多いので、かなりシャイな方なのではないかと思っています。

僕もミュージシャンのファッションは結構気にする方なので、あの湯上りオヤジシャツはどうよと思いました(笑
オケとの共演という晴れ舞台ですし、もうちょっと何とかして欲しかったですね

僕あたりだとそれほど詳しいと言うこともないですが、ギターの雑誌や本を端から端まで見る方なので、それである程度の知識ができたと言う感じです。
20代頃からTVを見る習慣がなかったので、ご飯を食べながら「ギターマガジン」とか読んでましたからね(笑

ギターはまだ所有はしていますが、もう10年以上まともに弾いていませんので、ただでさえなかった腕がだめダメになっていると思われます(笑
以前は・・・バリバリと言うよりはガリガリと言う感じです(笑
カジノやレスポールJr-DCなどの荒削りな音質のシングルPU「P-90」の搭載されたギターを愛用してきていますので、そんな感じです。
カジノはホローボディなので、マーシャルとかにつなぐとハウリングがひどくて仲間に不評でした(笑
fホールにガムテを貼ったりもしたけど、狭いスタジオとかではあまり効果はなかったですね。

  • 2011/05/02(月) 17:15:28 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]

はじめまして!
東欧のロックを最近よく聴いています。Modry Efekt大好きです!BOX、DVDとも購入しました。Nová syntézaのライヴ映像にはコ―フンしました!!! Radim師匠の事がここまで書かれている記事は日本にはないのでは?

ようこそ魔の国へ(笑

†ゆずりんださん
はじめまして♪
久々の飛び込み新人、しかも東欧ロック好きとはうれしい限りです。
ブログなどやっていらっしゃるのでしょうか?
よかったら、音楽の趣味の守備範囲を教えてくださればと思います♪

>Nová syntézaのライヴ映像にはコ―フン
記事中でもあげた「Ma Hra」の映像のことだと思いますが、かっこいいですよね♪
あのシャツ以外は(笑

このブログは、日本語の資料がほとんどないグループを、あきれるくらい手間をかけて紹介しています。
特に東欧、さらに特にチェコスロバキアは重視していますので、何らかの参考になればとてもうれしいです。
また、僕自身手探りでやっている面がありますので、あれは違うとかこうなんじゃないかというのがあったら、ぜひ教えてください!
Blue EffectやMatadorsの記事とか、まだ間違いを直してないところがあります(笑

あと、メアドからすると、同じか近県の方かも。

ともあれ、また気が向いたら覗いてやってくださいませ♪

  • 2011/05/07(土) 08:41:39 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]

Grahamさま
レスありがとうございます。近県とは驚きです。このあたりで同好の士がいらっしゃるとは!
チェコスロヴァキアでは、Fermata、Collegium Musicum、Synkopyが良いですね~。あとは、ユーゴのLEB I SOL、ハンガリーのAfterCryingも聴きます。Grahamさま、CDはどうやって購入されていますか?入手先等の情報交換が出来ると幸せます。

†ゆずりんださん
長文になるので添付されたアドにメールを送らせていただきました。
たぶん似たようなアプローチで購入されているとは思いますが、参考になれば幸いです。

  • 2011/05/09(月) 17:14:41 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]

Grahamさま
メールありがとうございました。私のアプローチもメール致しました。今後ともよろしくお願いします。

ゆずりんだ

ゆすりんださん
こちらこそ、よろしくお願い致します♪

  • 2011/05/16(月) 13:11:50 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。