あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
ルックス通りの怪しいサイケです(笑
with Kaygısızlar 1968(L to R:Mazhar Alanson・Barış・Fuat Güner・Mihat Danisan)


今回はトルコの音楽界の大御所で、来日公演を行ったこともあるBarış Mançoの、Kaygısızlarと活動した67~70年のサイケ時代を紹介します。

日本人の感覚で読むと放送コードに引っかかってしまいますが、正しくは「バルシュ・マンチョ」と読みます。
…いや、正しく読んでも微妙ですが(笑

Barışは第二次世界大戦中の1943年、当時のトルコで有名だったシンガーRikkat Uyanıkを母として、イスタンブールで誕生。
高校時代にErkin Korayのグループの演奏を観て、直後に彼の最初のグループKafadarlar(「相棒」という意味)を結成します。
詳しい結成年は不明なんですが、Barışが高校生というとおそらく58・59年くらいで、当時のErkinはプレスリーなどのロックンロールのカバーをやっていたようなので、Kafadarlarも同じようなスタイルのグループだったんじゃないかと思います。

高校卒業後の62年にはHarmonilerを結成し、プロとしての活動をスタートさせます。
Harmonilerは当時はやっていたツイストのカバーと、トルコのフォークソングをロックンロールにアレンジしたものなどをレコーディングしてリリースしており、60年代前半にして早くも「アナトリアン・ロック」を体現していたことは特筆に価します。

Harmonilerはシングル3枚を残して63年に解散、Barışは突如単身でフランスに渡り活動、66年には現地のミュージシャンとLes Mistigrisを結成し、フランス国内とドイツ・ベルギー、そしてトルコでツアーを行い、67年までにソロで1枚のEP、グループ名義で1枚のEPと2枚のシングルを残しています。
フランス人とのグループのせいか、演奏はヨーロッパ的でわりとシャープな印象です。

67年、Barışは深刻な交通事故に見舞われ大怪我をしています。
この事故でできた傷を隠すために生やし始めたヒゲが、のちに彼のトレードマークになってしまうのですが、運命と言うものは本当に分からないものですね。

ちょうどいいので、Barışのルックスの変化を紹介してみましょう。

ヒゲ前→ヒゲ後(笑

上の画像左側がおそらく66年前後のフランス時代のひげを生やす前で、実は結構イケメンなのがよく分かります(笑
で、一番最初の画像のKaygısızlar時代の68年を経て、70年代には右側のごとくこんなに怪しいキャラになってしまいます(笑
ポーズがパーデンネンみたいですね(笑
「ひょうきん族」を知らない世代の人にはさっぱり分からないかもしれませんが(笑

あと、Frank Zappaにちょっと似ていますね。
ま、彼に限らず、トルコのミュージシャンにはZappaっぽい人がわりといますが(笑

70年代の彼の怪しいルックスは、画像検索でいろいろ見れますので、興味のある方はググってみてください(笑


フランス時代、さまざまな国籍のミュージシャンとの活動の難しさにフラストレーションを感じていたBarışは、自国に戻ってKaygısızlar(Carefrees)との活動を始めました。



Kaygısızlarは、元々はMazhar Alanson(G.Vo)・Fuat Güner(G.Vo)の2人が66年に結成したユニットで、Beatles・Stonesに影響を受けていたそうです。
67年にBarışと活動するようになってから、Mihat Danisan(B)とAli Serdar(Ds)を加えてバンド編成になり、70年まで彼のレコーディングとツアーに同行しています。
Kaygısızlarが70年まででBarışから離れたのは、どうもBarışが積極的だったトルコ国外へのツアーに乗り気でなかったのが原因だそうで、彼らの演奏力を考えるとちょっともったいなかったなあって思いますね。

また、Kaygısızlarはグループ単独でも69~71年の間にシングルを4枚残しており、その時期ごとにBarışの音楽性とほぼ歩みを同じくしています。

グループは72年に解散、末期のメンバーだったMazhar・Fuat・Özkan Uğur(G)の3人でMFÖ(3人の頭文字をつないだもの)としての活動に移行していきました。


トルコらしいカラフルさのサイケデリアと、のちにMFÖで展開させるアナトリアンな要素を併せ持つMazhar & Fuatの凄腕ギターコンビと、アタックが強く音数が多い、基本的には重いがその中に妙な軽快さのあるリズムセクションで形成されたKaygısızlarの演奏は、Barışのボーカルや楽曲とのマッチングが良く、この時期にリリースされたEP・シングルの完成度の高さからしても、彼の長いキャリアでも最も充実した時期だったのではと思います。

Kaygısızlarと袂を分けた後、新たにBarış Manço Ve ...(Barış Manço and ...)を結成し、71年にBarış初のビッグヒット「Dağlar Dağlar」をリリース。
以後はトルコロックの大御所として、国内だけでなく世界を股にかけて、99年に心臓発作で亡くなるまでの長きに渡って活動していきました。

Barışの40年にわたる長いキャリアの中では、やはり70年代が最も有名で評価も高いのですが、個人的にはKaygısızlarと共に作り上げた60年代末のアナトリアン・サイケへの思い入れが強いです。

第二次世界大戦中に産まれた兄のSavaş(戦争)に対し、Barış(平和)と名づけられた彼は、フラワー・ムーヴメントの申し子の1人と言えると思います。



Barış Manço & Kaygısızlarとして、67~70年の間にSayanレーベルで以下のシングル・EPを残しています。
複雑なCD収録の説明の都合上、便宜的に番号をつけています。
サウンド的にはBunalimをややポップにしたような感じで、ほとんどがBarışの自作曲です。
個人的におすすめの曲に*を付けておきました。

1,Kol Düğmeleri / 2,Big Boss Man / 3,Seher Vakti /
4,Good Golly Miss Molly  ‘67
5,Kızılcıklar* / 6,I'll Go Crazy   ‘68
7,Bebek / 8,Keep Lookin' * ‘68
9,Karanlıklar İçinde / 10,Trip - To a Fair * ‘68
11,Bogaziçi */ 12,Flower of Love * ‘68
13,Runaway */ 14,Unutamıyorum  ‘69
15,Aglama Değmez Hayat */ 16,Kirpiklerin Ok Ok Eyle * ‘69
17,Kağızman / 18,Anadolu  ‘69

また、他にも67~70年の間に、以下の曲がレコーディングされています。

19,Susanna 20,Fairground(「Trip」の別録音)
21,Bolu Daglari

22,Ay Osman 23,Fil Ile Kurbağa *
24,Lory

19&20は、他のKaygısızlarとは全くスタイルが違う演奏で、かなり欧米のグループの演奏スタイルに近いです。
22は71年、23は72年に、Barışがレーベル移籍後にSayanが勝手にリリースしたものらしく、前者は初期のYardbirds、後者はKinksの「You Really Got Me」とBeach Boysバージョンの「Do You Wanna Dance」を合体させたような曲で、とも60年代的なサウンドです。
24は71年にリリースされた彼の1stアルバム(内容はそれまでのSayanでのシングル音源を集めたものですが)に収録されています。
21は未聴で詳細不明です。

…と、これだけの音源が残されているわけですが、それに対して現状でのリイシュー状況は厳しいとしか言いようがありません。
トルコ盤のCDでは、なぜか英語で歌われた曲は基本的に全て編集から外されていて、欧米でリリースされているオムニバスでちょっと拾える程度です。
また、トルコ語の曲もSayanのマスターが現存していないようで、このうちの半分も聴くことができません。

そんな中で選ぶとすれば、以下の4枚がおすすめです…というかそれしかありません(笑

a306.jpg

①Dünden Bugüne (イタリアGDR GDR708)…1・3・15・16・17・18・24収録
②Dağlar Dağlar (トルコ Coşkun Plak CD116)…1・3・14・15・16・17・18・22収録
③V.A./Turkish Delights(オランダGrey Past DUST 002 CD)10収録
④V.A./Hava Narghile Vol. 1(アメリカBacchus Archives BA1162)…12・20収録

①と②はダブりが多いですが、互いに収録されていない曲があります。
③はLes MistigrisとBarış Manço Ve ...との曲も各1曲ずつ収録されています。
④はKaygısızlarのシングル曲が1曲収録されています。
とりあえず入手しやすい①と④が一番おすすめでしょうか?

また、Les Mistigrisとの4曲は、以下のCDに収録されています。
Les Mistigrisとの曲もなかなかかっこいいのでおすすめですが、たった4曲しか収録されていないので割高感がかなりあります。

a307.jpg

⑤1966 Orjinal Plak Kayitlari (トルコCoşkun Plak 8697550321611)


最後にKaygısızlar単独のシングルですが、以下の4枚がリリースされています。

Şaşırdım / Son Gece  ‘69
Artık Yeter / Hüzün  ‘69
Mutsuz Adam / Özlem  ‘70
Diloy / Elif Deyi   ‘71

前述のオムニバス④に「Şaşırdım」が収録されているくらいで、CDでの入手は絶望的です(苦笑

とまあ、非常に厳しい現状ですが、ここで紹介したほとんどの曲がようつべで聴くことができますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。


このページのトップへ

コメント

またひとつ謎が解けました(笑)

グラハムさん!このバンドの名前、
以前からず~っと何て読むのか謎だったんですよ!
正式な読み方でもビミョーですね!(笑)

これは私が持ってるトルコのオムニバスに収録されてて知ったんですけど
先日教えていただいた通販のページでもこの人たちをやたら見かけました!
もしかして人気グループ?と思いながら見てたんですが
やっぱトルコの代表格だったんですね~!
来日したこともあるとは!

曲の収録状況の解説、とても為になります~!
これを元にして私も更なる開拓をしていきたいと思います(笑)
とりあえず通販・初回はジプシー系のオムニバス!
遂に私もトルコデビューです~!(゚▽゚*)

  • 2011/06/03(金) 02:14:11 |
  • URL |
  • もりたん #ZA9zVw0U
  • [編集]

†もりたんさん
トルコ語も特殊な発音表記のついたものが多いですからねー。

Barış・Cem Karaca・Erkin Korayの3人はトルコの音楽界の大御所で、70年代以後のミュージシャン達にも多大な影響を残しています。

現在の本国でのリイシュー状況は、枚数のわりにはまとまったものがなくて、60年代の音源がまとまったもののリイシューが望まれます。
72年以後の音源はわりとCDで聴けるのですが・・・。

  • 2011/06/05(日) 18:27:56 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。