あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
どちらも熱く深い

何だかいろいろあって、更新も加筆もあんまり進んでいません。
先週後半に念願のブツが立て続けに入手できたので、そっちに気をとられていました(笑


一つは去年の11月に存在を知ってから、必死で探していたスロバキアのMeditating FourのCD。
これは本当に苦労しました。
日本に送ってくれるショップは在庫を持ってなくて、在庫を持っているショップは日本に送ってくれない…という感じで、とにかく問い合わせてもうまく行かなくて、ほとんど入手をあきらめかけていたところでした。
先日ようやく日本に送ってくれるショップを見つけて、探し始めて8ヶ月を経てわがCD棚に収まりました。
もはや執念の勝利ですね(笑
グループのリーダーのJozef Barinaにもメールで問い合わせましたからね。
返事は来ませんでしたが(笑

このCDを送ってくれたディーラーによると、このCDは500枚程度しかプレスしていないそうで、彼はJozef Barina本人から回してもらったそうです。

前に「どうやって入手しているのですか?」と聞かれたことがありますが、こんな感じでとにかく調べて問い合わせての地道な作業でノウハウを仕込んで、その繰り返しでブツを確保して行っています。
基本的に西欧のディストリビューター経由で入荷しなくなっている東欧の場合、こういった努力が必要になります。


Meditating Fourは、初期のTrafficから凝った音像を外したようなブルース・R&B・ジャズのフレーバーを前面に出した渋いサウンドで、Jozef Barinaのハスキーなボーカルと渋みのある演奏が最高です。
楽曲も完成度が高く、本来ならアルバムをリリースできるクオリティーなのですが、当時リリースしたのは69年のシングル1枚で、あとは89年のオムニバスに2曲収録されているだけです。

調べてみると、彼らもまたフサーク政権による「正常化政策」の被害者だったようで、思い込みのようなことで活動停止に追い込まれてしまったようです。

Meditating Fourについては、今週中くらいに記事にしようと思っています。



そして、22日の発売が待ち遠しかった羽海野チカさんの渾身の作品「三月のライオン」の6巻。

この作品の素晴らしさは今更語るまでもありませんが、今回の内容は帯に「戦いの~」とあるように非常に重みのある内容で、そのすさまじいほどの密度の描き込みの画面と情念に圧倒されまくりです。
5巻までも素晴らしい内容でしたが、今回の6巻は特に素晴らしいですね。
何度でも泣ける一冊です。

登場キャラ中、最も人気があると思われる1人二階堂きゅん(「くん」ではありません(笑)が表紙なのも非常にポイントが高いです。

「花もて語れ」とともに、今後も見逃せない作品です。


このページのトップへ

コメント

メールで外国語でやりとりするなんて凄すぎます!
諦めずにずっと探しててヨカッタですね♪
しかも500枚しかプレスしてないブツとは!!
メンバーご本人から流してもらったなんて!!
想い出の1枚にもなりそうなくらいの1枚ですね♪
トラフィックから凝った音を外したような、、というサウンドですか!
一時期グラハムさん、トラフィックを続けて聴いてる時期がありましたよね?!
私も同じやつをずっと聴いてしまうときがあるので「あるある~」と心の中で思いましたよ♪
私の場合、ハマって何度も聞く場合と、
疲れのあまり考えるのが面倒で同じやつを惰性的に聴くというのがありますが!(爆)

  • 2011/07/31(日) 17:13:28 |
  • URL |
  • もりたん #ZA9zVw0U
  • [編集]

†もりたんさん
東欧ものを集めるようになってから、あまりにも日本国内で入手が難しいので必要に迫られてって感じです。
最初はそこまでするつもりではなかったのですが、クロムさんたちと一緒に海外通販するようになったのがきっかけで、つたない英語で問い合わせるようになりました。
時々「何を言ってるのか分からない」って言われてしまいますが、文節をシンプルにして書いたらだいたい意思は伝わります。

このCD、もともと人口の少ないスロバキアでしかも60’sものですから、プレス枚数は多くないとは思っていましたが、どうもJozef本人のプライベートプレッシングに近い形でのリリースのようです。

JozefはS.Winwoodとは声質が違いますが、Meditating Fourは初期Trafficの「Dear Mr.Fantasy(曲の方)」のようなワビサビを持っていて、個人的に外せないグループです。

この10日間くらい、ずっとこれを聴いてました(笑
実は途中で「たまには違うのを聴くか」と考えたのですが、僕も惰性で再生ボタンを押し続けていました(笑

  • 2011/08/02(火) 18:45:20 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。