あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
まさにこういう渋い感じです


前回の記事で書きましたが、今回は思いもよらず入手できたFour Meditation/Meditating Fourを紹介したいと思います。

スロバキア西部の地方都市ポヴァジュスカ・ビストリツァ出身のJozef Barina(48年生まれ)は、59年(11歳!)ごろから音楽活動を始めており、Kométa・Playersなどのグループでギターを弾いていました。
Kométaは彼が参加した年齢からしても、レコーディングの記録もないことからしてもおそらく学生グループで、Shadowsに影響されたインストグループだったそうです。
Jozefが本格的にプロとして活動するようになったのは63年に結成されたPlayersからで、Kométaと同じくShadows系のインストグループで、66年に2枚のシングルを残しています。

Players
Players(左端がJozef)

Players時代のJozef、まだ少年っぽさも残っていますが、長身でいかついですね(笑
結構悪ガキだったんじゃないでしょうか?
それはともかく、このころすでに作曲を始めており、当時4曲の自作曲をレコーディングしています。

67年にPlayersが解散、そしてJozefが新たに結成したグループがFour Meditationでした。

そっくりさんが2人(笑

Four MeditationはPlayersのようなインスト系ではなく、Spencer Davis GroupにインスパイアされたR&B・ブルースロック系のグループで、メンバーは上の画像左上から時計回りにJozef(Vo.G)・Vlado kaššay(B)・Peter Koreň(Key)・Pavol Barna(Ds)の4人。
このグループはMeditating Fourという似たような意味のグループ名も使っているのですが、インタビューでのJozefの身振りからすると結構その時その時の気まぐれで使い分けていたようです。

どうでもいいことですが、ルー・リードとマフ・ウインウッドのそっくりさんがいますね(笑

「スロバキアのJoe Cocker」の異名を持つJozefのパワフルなしゃがれ声と、インスト時代からならしたギタープレイは、僕的には初期Traffic時代Steve Winwoodみたいな印象で、彼を中心にしたグループの演奏はR&B・ブルース・ジャズに根ざした非常に渋いものです。
60年代末という時代にしてはサイケな要素が薄めではあるものの、それでもやはりそのサウンドは60年代末のもので、一言で言うとサイケな要素を引っ込めた初期Trafficのようなスタイルでした。
その音楽性のせいか、大学生を中心にしてカルトな人気を誇りました。
ま、ルックスもアイドル的ではないしね(笑

Four Meditationはレコードのリリースに関しては運に恵まれなかったようで、1stシングルをリリースしたのは69年になってからでした。
Supraphonからリリースされた待望のシングル「Meditácia nad vášňou/Šťastie」は両曲とも彼らの渋い音楽性をフルに出した素晴らしいもので、このシングルのできばえが良かったこともあって、新人ミュージシャンを紹介するレーベルPantonでのアルバムのレコーディングの話も出て来ました。
しかし、アルバムに収録するためのマテリアルも十分にあったにもかかわらず、この話は潰れてしまいます。

その原因は、当時大人気グループだったGeorge & Beatovensにその話を持っていかれてしまったことで、68年のデビューからヒットを連発していた彼らが相手ではあまりにも分が悪かったのでしょう。
また、George & Beatovensが当初からPantonでレコーディングしていたのに対して、Four MeditationはSupraphonからシングルをリリースしていたこともあだとなったようです。
さらに、69年にチェコとスロバキアが連邦化したことにより、この時点で71年にスロバキア人のレーベルOpusの設立が決まっていたことも影響したようで、数年後にマスターや権利を移動させる手間が疎まれたのかもしれません。
実際、当時スロバキアのグループでコンスタントにアルバムをリリースできたのは全国的に人気のあったPrúdyなどの一部で、ほとんどのスロバキア出身の新人グループはレコーディングされたもののリリースを見送られたり、レコーディング自体を見送られたみたいで、たった1枚とは言えシングルをリリースできたFour Meditationはまだマシだったようです。

加えて、アルバムのレコーディングどころか、彼らの活動自体を危機に追い込んでしまったのが、69年のTV番組「Bumerang」の制作に彼らが関わったことでした。

いなせな感じです
「Bumerang」での出演場面

「Bumerang」は、放送作家・俳優のマルチタレントMilan Lasicaと俳優・コメディアンのJúlius Satinský制作・出演の風刺的なコメディ番組で、番組でFour Meditationがバックで演奏しています。
69年と言えば、「プラハの春」の推進者A.ドプチェクが退陣に追い込まれ、G.フサークによる正常化政策の嵐が吹き始めた、非常に微妙な時期でした。
彼らはMilanとJúliusとともに、「Bumerang」での風刺がワルシャワ条約機構軍の進行への批判と決め付けてしまった当局によって活動停止を告げられたのでした。
69年に作曲されたという曲のタイトルを訳してみると、確かにそれを感じさせる曲はありますが、そうだとしても明らかに当局の「グレーは果てしなく黒に近い」という考えでの抑圧であることには違いありません。

Four Meditationもまた、「正常化政策」の犠牲者だったと言えます。

グループは解散の憂き目にあい、Jozefは表立ったミュージシャンとしての活動停止を余儀なくされ、89年のビロード革命まで厳しい時代を過ごして行ったようです。

しかし、ビロード革命後、抑圧から解放されたJozefは徐々に活動を再開、07年にはFour Meditation/Meditating Fourの60年代のマスターに新録を加えて制作されたアルバムをリリースし、現在も現役で活動しています。



69年に正常化政策の巻き添えをくらい、マスターをお蔵入りにされてしまったFour Meditation/Meditating Fourですが、89年のビロード革命後、当時のマスターが無事見つかり、廃棄されたと思っていたJozefは狂喜したそうです。

その69年のマスターに新たに新録音した曲を加え、07年にリリースされたのがMeditating Four名義のこのアルバムです。

いいジャケットです

Jožo Barina & The Meditating Four / Meditácie
(スロバキアCS Music CM0013-2-331)`07

「Jožo」というのはJozefのニックネームで、他にも苗字から来た「Barry」というニックネームもあります。

a318.jpg

裏ジャケのクレジットによると、60年代の曲は2-8・10-12・14とあるのですが、2-8以外はデジタルシンセの音が入っており、60年代に書かれた曲という意味なのかもしれません。
また、01年とある曲の中で9はあきらかに60年代の音で、Jozefがインタビューでもこの曲について語っていることからも、これも69年に録音された曲の可能性が高いです。
実質、全22曲中69年録音は8曲と言うことになりますね。
新録音の曲も悪くないですし、Jozefのボーカルも絶好調ではありますが、やはり機材の差がはっきりと出ており、特にデジタルシンセの音は69年録音の曲とのギャップがあり過ぎて、60年代ファンには結構きついかもしれません。

そんなわけで、ここでは69年録音と思われる2-9の8曲を紹介します。

その前に、前半で述べた69年の曲の和訳をあげておきます。

2、ヘイ、ドクター 3、情熱についての瞑想 4、幸運 5、世界の愚かさ
6、フレームについての瞑想 7、ステージ 8、グルーミー市
9、紫色の悲しみ 10、コミュニケーション 11、平均給与のまともな市民 12、強盗の葬儀で 14、オルフェウスとエウリュディケ

さて、当局的に「反革命」なのでしょうか(笑


2、当時は未発表に終わったが、のちに89年のスロバキア系のオムニバス「Beatova Horucka 1965-70」に収録。カリカリにとんがったJozefのギターとPeterのオルガン、そしてFour Meditationで初めて本格的に歌い始めたとは信じられないJozefのコクのある渋いボーカルが織り成すややジャジーなスローブギ。

3、69年の唯一のシングルA面。2と同傾向のスローブギだがこちらの方がやや淡々とした印象。Peterのジャジーなピアノが隠し味的に響いて心地よいです。Four Meditationは全員うまいミュージシャンですが、これ見よがしに前面に出ず、全員がひたすら楽曲を引き立てるプレイに徹しているところがすごく好ましく感じます。

4、3のB面。初期Trafficのブルース系の曲っぽいスタイルで、穏やかなトーンのイントロ(めっちゃカッコいい!)から一転してJozefのハスキーボイスが大爆発する彼らの最高傑作。個人的にはこちらをA面にしたほうが良かったのではと思ってしまう。

5、これもイントロがカッコいいですね。各パートのコントラストの出し方も絶品でJozefの歌いまわしも素晴らしいです。彼ら自身も気に入っていたようで、当時TV用にクリップを制作しており、次のシングル候補だったのではと推測させます。

6、彼らには珍しいシャッフルのブルースロック。活動停止に追い込まれずに70年代に入っていたら、ブルースハードロック的になっていたのではと想像させます。いや、でも検閲されてジャズロックになっていたかな…?

7、これも初期Trafficっぽいスタイルで、彼らの曲で一番サイケな印象です。ラストでフルートをフューチャーした畳み掛けるような演奏は圧巻です。彼らの曲はTrafficの1st「Dear Mr.Fantasy」あたりを下敷きにしているように感じます。

8、これも楽曲的にサイケな印象が少しありますね。彼らお得意の静と動のコントラスト持たせたプレイが活きています。

9、「紫色の悲しみ」というタイトルもほのめかしていますが、ジミヘンの影響を感じます。Jozefのインタビューによると、この曲はプラハの春が潰えて行っていた当時の、無気力化していったり破壊的になったりした人々について書いたものだそうで、当局の反革命察知レーダー(笑)に引っかかってしまった曰くつきの曲です。

2~4がようつべで聴くことができますので、興味のある方はチェックしてみてください。

とまあ、こんな感じです。
どの曲も完成度が高く、当時アルバムがリリースできずに終わってしまったことが惜しまれますが、それでもこうやって聴ける形にまとめてくれたことに感謝したいですね。

このCDを買ったショップによると、このCDは500枚くらいしかプレスしていないそうで、日本では非常に入手しづらいことが残念です。
僕自身、あちこちに問い合わせましたが、日本への発送を断られたり品切れだったりで、入手するのに8ヶ月もかかりました。

またプレスしてくれるといいのですが…。


このページのトップへ

コメント

その節はベリ~ベリ~お世話になりましたぁ~♪

どうしてチェコに比べて、スロバキアの音楽シーンについて、今日あまり語り継がれていないのか、その背景がわかり、今回もまたとっても勉強になりました。

ホント、もったいないグループですね~!!
楽曲もこなれてるし、何と言っても、私はJozefのボーカルが好きっ♪
あんころ餅みたいな粘っこいクセが好き嫌いを分けるかもしれないけど、白人にしか出せないソウルフルさ(←私的用語では「灰色シンガー」と呼称してるんですけど)がたまらないわ~!!

当局は、あきれるほど1つ1つのバンドにチェック入れまくってたんですね~。
映画の倫理委員会がワイセツチェックするみたい(?)に、当時の担当者は仕事としてロックにまみれていたのでしょうか?

この先、我が家で非常用袋を作ることになったら、真っ先に入れたい貴重なCDですっ♪

  • 2011/08/08(月) 21:58:32 |
  • URL |
  • クロム #ybSqUg1.
  • [編集]

†クロムさん
いえいえ、ここ最近では快心の一撃でしたので、喜んでいただけて幸いです♪

69年の2国の連邦化は、スロバキアの新人グループのチャンスを削り取ってしまったみたいですね。
のちに再登場するModusのようなグループもいますが、多くはそのまま消えたり新たなグループを結成したりという感じのようです。

Jozefの塩辛い系でソウルフルな声に、各メンバーのツボを抑えた渋い演奏、すごくいいですよね。
楽曲も粒ぞろいだし、当時アルバムを出せていたらと思うと残念です。

ま、結果的にCD化されて、ほとんどの曲を耳にすることができるようになったので良かったですけどね。

当時、フサーク政権はドプチェクカラーを必死で消そうとしていたのだと思います。
個人的に気になるのは、この時の抑圧でつぶされたグループやミュージシャンの音源を廃棄せずに済んだ事です。
通常の共産主義国の考えだと、都合の悪いものは消してしまう傾向がありますからね。
SupraphonやPantonは必死でそれを阻止したのかもしれません。
もっとも、レコードの所有や販売は禁止されたようですが。

  • 2011/08/11(木) 16:53:45 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。