あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
4人と1羽(笑
L to R:Claudio・Angelo・Italo・Alfredo(カラス(笑)・Fabrizio

今回は、イタリアのグループの中でも異彩を放つ…というか変なグループ(笑)、I Corviを紹介したいと思います。

I Corviは、イタリア北部のミラノとボローニャの中間にある都市パルマで65年に結成。
メンバーはAngelo Ravasini(Vo.G)・Fabrizio Levati(G)・Italo Gimmi Ferrari(B)・Claudio Benassi(Ds)の4人で、さまざまなクラブのステージに立ち、英米のカバーを演奏していました。

66年初頭、コンテストで2位に入賞したことがきっかけで、Aristonレーベルと契約。
同年、Broguesの「I Ain't No Miracle Worker」のイタリア語カバー「Un ragazzo di strada」でレコード・デビューを果たしています。

I Corviと言えば、黒いマントと黒いカラス(笑
デビュー当初の、フリルの付いた白ブラウスに黒いパンツ、そして黒いマントというファッションは、グループ名の「カラス」をイメージしたものだそうです。
結構直球ですね(笑
活動期間とこのファッションからすると、音を聴く前だとサイケあるいは演劇的なイメージを持ってしまいそうですが、実際の彼らのサウンドにサイケな要素はあんまりありません。

独特のファッションとAlferdo
L to R:Italo・Alfredo(笑)・Angelo

そして、本物の生きたカラスをベースのヘッドにとまらせて演奏していたことは、ガレージファンには有名な話ですね。
あのカラスにはちゃんと「Alfredo」と言う名前がありまして、グループのイメージマスコットとして飼っていたようです。
ハリボテを使えばいいところを、実際に生きたカラスをヘッドにとまらせていることだけでも笑えますが、ベースのヘッドにわざわざ彼専用のとまり木フックが取り付けられていることにはウケまくってしまいました(笑
もしこのフックが付いていなかったら、この記事を書くことはなかったかもしれません(笑

このとまり木フックがツボです(笑

いつかFenderから、Italo Gimmi Ferrariシグネイチャー・モデル「Alfredo」を発売していただきたいものです。
ま、そこまでしなくてもフックをつけるだけでできるのですが(笑

あれぐらいの大きさの鳥だと、ベースのヘッドにとまると弦の振動がかなり身体に響くのではないかと思うのですが、Alfredoはほとんど動じることもなく演奏を通してヘッドにとまっており、つまりかなり馴れていると言うことで、つまりこのアイデアは結成当初から持っていたのだと思われます。

演奏中はベースのヘッド、そしていくつかの写真でItaloの頭の上にとまっているものがあることからすると、おそらく彼が主に面倒を見ていたんでしょうね。

ともあれ、彼らのファッションとAlfredoの組み合わせは、当時も結構インパクトがあったのではないかと思います。
また、そのルックスとともに、Angeloのハスキーなボーカルとファズを多用したギターを活かした、くぐもった音像のソリッドでダークなサウンドスタイルで、ポップな楽曲を演奏するのが彼らのスタイルでした。

結構ステージ映えもしたでしょうね。


初期の2枚のシングルはわりとよく売れたようで、同年のうちにAristonから彼らの唯一のアルバム「Un ragazzo di strada」を早くもリリースしています。
彼らは70年の解散までに19曲をレコーディングしていますが、オリジナルは存在せず全てがカバー及び提供曲です。

アルバムリリース後も、69年くらいまではシングルをリリースしていたようですが、69年くらいになるとイタリアでも70年代に花開くプログレ世代が台頭を始めていますので、彼らのようなカバーに終始したグループは徐々に出番がなくなってきたのでしょう。

シングルのリリースさえままならなくなってきた69年、FabrizioとItaloが脱退したことから更に失速し、代わりのメンバーを入れたものの、70年に入って解散しています。

結局のところ、I Corviは英米のヒット曲を自国語で演奏する、いわばイタリアン・ジュークボックス的なグループだったと言えますが、それでもやはりあの強烈なイメージとダークなサウンドは印象的で、いろんな要素を取り込んでいた60年代ならではのグループだと思います。





I Corviはアルバム1枚とシングル8枚を残しており、現在までにいくつかのCDがリリースされていますが、一番おすすめなのがこのCDです。

デジパック仕様です

Un Ragazzo Di Strada, Discografia `66/`69
(イタリアOn Sale 64 OSM086)`11

1.Un Ragazzo Di Strada (Nisa-N.Mantz-A.Tucker)
2.Che Strano Effetto (Nisa-F.Califano-R.Davies)
3.Quando Quell'Uomo Ritornera' (A.Salerno-M.Salerno)
4.Datemi Una Lacrima Per Piangere (A.Salerno-M.Salerno)
5.Voglio Finirla...! (Coppola-Donovan)
6.Che Notte Ragazzi (A.Amurri-P.Umiliani)
7.Bang Bang (M.Coppola-S.Bono)
8.Luce (A.Salerno-M.Salerno)
9.I Colori (H.Pagani-Donovan)
10.Si Prega Sempre Quando E'Tardi (A.Salerno-M.Salerno)
11.C'E'Un Uomo Che Piange (Nisa-F.Califano-S.Cipriani)
12.Resterai (Manipoli-J.Brown)
13.Sospesa A Un Filo (Ver.1) (Nisa-F.Califano-N.Mantz-A.Tucker)
14.Bambolina (Panesis-Hilliard-Bacharach)
15.Nemmeno Una Lacrima (Pallesi-Malgoni)
16.Un Uomo Piange Solo Per Amore (Gaspari-Marrocchi)*
17.Datemi Un Biglietto D'Aereo (Mogol-Carson)
18.Questo E'Giusto? (A.Ravasini-Rose)
19.Ama... (Daiano-Christophe)
20.No, Bugie No (N.Romano-Christophe)
21.Sospesa A Un Filo (Ver.2) (Nisa-F.Califano-N.Mantz-A.Tucker)

*…Unreleased`68

以上全21曲収録で、彼らの残したアルバム・シングル音源全てと未発表曲からなっています。

こうしてタイトルやクレジットを見るとよく分かりますが、全てが英米のカバー曲か自国のプロ作曲家の作品で、オリジナルを聴きたい方にはちょっと寂しいものがあります。
しかし、基本的に朗々と歌う甘口の曲が多いイタリアものにしては珍しく、抜群にソリッドでビート感のあるサウンドで、ガレージ・ファンにはおすすめできます。

ちなみにカバー曲の原題は以下のようになります。

1.I Ain't No Miracle Worker 2.Strange Effect 5.To Try For The Sun 10.Colours 12.I Don't Mind 13&21.I had Too Much To Dream Last Night 17.The Letter 18.Morning Dew

カバー曲はややアメリカ寄りで、イギリスものの選曲はちょっとマニアックですね。
彼らのサウンドやAngeloのハスキーなボーカルを考えたら、もうちょっとグルーヴィーなR&B系の曲のほうが似合ったんじゃないかなと感じました。
Donovanの曲ははっきり言って似合いませんね。
Electric Prunesの13&21や、Episode Sixの18、J.Brownの12なんかは似合いそうな気もしたのですが、意外とマッチしていないような気がします。

聴きどころは、やはり彼らの看板スタイルのファズギターをフューチャーした1(Brogues)・4・7(Sonny Bono)で、この辺の曲で彼らのソリッドでダークなサウンドを楽しめます。
また、他にも映画のサントラ曲として使用されたファズ・マカロニ・ウエスタンな6や、「SGT.Pepper's~」っぽいクラシカルな非常に67年的な15、イタリア的な甘口の曲なものの、Angeloのボーカルが妙にマッチした19なんかもなかなかいいです。

イタリアの60'sもののCDは今ひとつ日本で流通していないので、なかなか入手が難しいものが多いですが、このCDはいくつかのその筋のショップが引っ張っているみたいなので、入手するチャンスがあると思います。

また、以下のCDは再録ものなので要注意です。

a355.jpg

I Corvi E Formula 3 /Il Meglio E I Successi Di Battisti
(イタリアMR Music MRCD 4383(2))

再録を含めて全部聴きたい方以外にはおすすめできないブツです。
ま、そもそも再録まで聴きこむほどのグループでもありませんが(笑



このページのトップへ

コメント

おぉ!このカラス!!
なんだかツボです!カワイイ(笑)
ステージで嫌がることなくチョコンと乗り続けてたなんて健気ですよね♪
なんかこのカラス効果で興味津々!(笑)
次回も楽しみにしてま~す♪

  • 2012/01/30(月) 14:59:57 |
  • URL |
  • もりたん #ZA9zVw0U
  • [編集]

おっ、"This Strange Effect"やってるんですね。レイ・デイヴィス作品のカバー及びキンキー・サウンド触発組をちびりちびりと集めている(というより偶然入ってるのを喜んでるだけなんですが)身としても外せません。以前から気になっていたし、購入せねば。

Alfredoメンバーの定位置であるフックのデザインが妙に優れてるので、何か似た部品探して真似っこしてみたくなります。運ぶ時にケースの内側で邪魔そうですけどそれでもいい(笑)

  • 2012/01/31(火) 17:06:20 |
  • URL |
  • 深井 歪 #xtsQx3EI
  • [編集]

†もりたんさん
返事が遅くなってしまってすみません。
風邪をひいてだらだらしてたらすっかり時間が経過してしまって・・・。
Alfredoはかなり訓練されているみたいですね。
ベースのぶっとい弦振動でもヘッドから離れずにいるなんて結構すごいと思います。
でも、変なグループですよね(笑

†深井 歪さん
この曲もそうですが、イタリアのグループの中では全体的に結構マニアックな選曲ですよね。
このフックはフェンダー系のヘッドの長いデザインでないと装着が難しいでしょうね。
いや、装着する人はいないか(笑

  • 2012/03/02(金) 15:31:51 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。