あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
最初はこんな感じでした
Indeksi 1964:(L to R)Đorđe Uzelac・Đorđe Kisić(上)・Ismet(下)・Slobodan Misaljević・Šefko


最近、もっぱら月いち更新になってしまっていますが、いろいろやってる合間にちょっとづつデータをまとめています。

今回は久々のユーゴものです。
ユーゴ・ビート最古にしてプログレ最古のグループの一つIndeksiを紹介します。

Indeksiは、ボスニア・ヘルツェゴヴィナのサラエボで62年に結成。
結成時のメンバーはIsmet Nuno Arnautalić(G)・Slobodan Misaljević(G)・Đorđe Uzelac(Key)・Šefko Akšamija(B)・Nedim Hadžihasanović(Ds)の5人で、62年と言う時期もあって当初はインストグループとして活動していました。

63年、Nedimが脱退し代わりにĐorđe Kisić(Ds)が加入した頃から、Shadowsなどのインストものに加えてボーカルものも演奏するようになり、ステージによって外部のシンガーを入れていたようです。

64年、ベオグラードで行われたコンテストで2位入賞し、PGP RTBでレコーディングする機会を獲得し、同年1stEPをリリースしました。

ユーゴにも到来したブリティッシュ・インベイションに彼らも刺激を受けて、同年末にボーカリストDavorin Popovićを加えビート・グループへと変貌しました。

しかし、65年に入ってからSlobodan Misaljević・Đorđe Uzelac・Šefkoの3人が一気に脱退、代わりにSlobodan Bodo Kovačević(G)・Fadil Redžić(B)が加入。
ビート・グループとしてのレコードをリリースするためにデモをレコーディングしたりしながらも、2枚目のEPが67年までリリースできなかったのは、この大幅なメンバーチェンジが影響しているのかもしれません。
ともあれ、このラインナップ(一人加わっていますが)で68年まで続けて活動しています。

67年、サラエボでのフェスティバル「Vaš Šlager Sezone(Your Hit Of The Season)」に出演し、ビート・グループになって初の公式リリース曲「Oko Malih Stvari Svađamo Se Mi」を発表。
Ismet-Slobodan Bodo作のこの曲は、直後にリリースされた同フェスのタイトルのオムニバスEPに収録されました。
さらに、1stEPから3年ぶりの2ndEPをリリース。
「Nowhere Man」のカバーを除く3曲はIsmetとSlobodan Bodoによるオリジナルで、早くもサイケなフレーバーをふんだんに取り込んでいます。
インスト時代は東欧圏に数多くいた同系統のグループとの差異はさほど感じられないサウンドでしたが、この時期になると軽快でポップなサウンドをグループの個性にすることに成功しています。

この頃に2年の間空席だったキーボードに座ったのが、オルガンプレイヤーでソングライターのKornelije Kovačで、彼は68年までの短期間在籍しただけにもかかわらず、Indeksiのサウンドスタイルの変化に大きな影響を残すことになります。

68年に入ってすぐにソ連(!)への2ヶ月間のツアーをこなし、帰国してすぐに去年に引き続き「Vaš Šlager Sezone」に出演、その後リリースされたオムニバスEPにKornelije-Slobodan Bodo作の「Pustinjak」が収録。

65年以来安定していたラインナップでしたが、68年春にĐorđe Kisićが脱退、Dinamiti・Pro arteなどに在籍していたMiroslav Šaranović(Ds)が加入。

サイケ時代にはこんな感じに
Indeksi 1968:(左上から時計回りにMiroslav・Ismet・Slobodan Bodo・Davorin・Fadil・Kornelije

この新ラインナップで「Opatijskom festivalu ’68」に出演、かつてBezimeni・DelfiniのメンバーだったPetka Kantardžijev作で、オーケストラをバックにした5分超のシンフォニックな「Jutro će Promijeniti Sve 」を披露し、コンテストで3位に入賞。
このことがきっかけで、Indeksiは急速にプログレッシブ・ロックのスタイルにシフトして行くことになりました。

「Jutro će Promijeniti Sve 」を片面に収録した3曲入りの3rdEPをリリースした直後、今度はKornelijeが脱退し、ベオグラードに戻ってKorni Grupaを結成。
代わりにĐorđe Novkovićが加入。
彼が提供したオリジナルや、Korni Grupaの楽曲を聴いてみると、多分彼はIndeksiの目指したスタイルよりもファンキーで演劇的な方向を目指していたのではと思います。
ルックスもIndeksiのメンバーでは強烈に濃いしね(笑

どうでもいいことですが、これで「Đorđe」3人目よ(笑
ファーストネームを省けないので今回は面倒だったな(笑
ま、英語圏での「George」にあたる名前なので多いのも無理ないか(笑

69年に入るとすぐ、72年にJugotonからリリースしたドラマティックな「Plima」や、同じく72年にRTVからカセットオンリーでリリース(そのせいで後年大変入手困難だったそうで)された1stアルバムに収録された、彼ら初の10分超の大作「Negdje Na Kraju U Zatišju」などの代表曲を立て続けにレコーディング、プログレ路線を突き進んでいきました。

このタイミングで、グループの創設者で唯一のオリジナルメンバーであったIsmetが軍隊に招集され、そのままグループを脱退。
プログレ路線になってからは、Slobodan BodoとFadilに主導権を奪われてしまい、面白くなかったであろう彼にとっては脱退するいい口実だったのかもしれません。
ちなみに、彼は除隊後にデビュー前のごく初期のBijelo Dugmeに加入しています(71~72年)。

これ以後も、最盛期の70年代を経て、Davorinが亡くなる2001年に至る、長きに渡って活躍していくことになります。

60年代のIndeksiは、インスト→ビート・サイケ→プログレと、この時代の目まぐるしいサウンドスタイルの変遷を自ら体現していたと言えます。


補記:この記事ではグループ名を「Indeksi」で通しましたが、実際に60年代はこの名義で活動していたようです。
現在一般的な呼び方である「Indexi」名義になったのはJugotonに移籍した70年以後のようです。






Indeksiは64~68年の間に、EP3枚とオムニバスEP2種に各1曲、そして後年5曲の未発表曲(*)が公式にリリースされており、以下の全18曲になります。

`64
1,Djevojka Iz Ⅲ G * ①
2,Sedam Veličanstvenih (thema film“The Magnificent Seven”) ②
3,Nikada  ①②
4,Večeras U Gradu Mladih (Teensville Tonight) ②
5,Atlantis  ②

`65
6,Dječak Iz Obične Ulice * ①
7,Učini Jednom Bar (A Hard Day's Night)*  ①

`66
8 Vrijeme Je Na Mojoj Strani (Time Is On My Side)*  ①

`67
9,Oko Malih Stvari, Svađamo Se Mi  ②
10,Naše Doba   ①②
11,Zašto Je Prazan Čitav Svijet  ①②
12,Pružam Ruke  ①②
13,Jednom Smo Se Svađali (Nowhere Man) ②
14,Neću biti Sam *  ①

`68
15,Pustinjak
16,Drugi Čovjek  ②
17,Ako Jednom Budeš Sama ①②
18,Jutro Će Promjeniti Sve  ①②

これらの曲は、いくつかの編集盤などに収録されていますが、以下の2種のCDで未CD化の15を除く60年代の音源全曲を聴くことができます。

どちらもちょっと入手しにくいかも

①U Inat Godinama `64-`99 (クロアチア Croatia 2CD 5726814)`07 2CD
②Naše Doba (セルビア PGP-RTS CD 416460)`07

①は64~99年までの音源から編集された2CDで、Disc1は全て60年代の音源です。
こちらのCDの方に未発表曲が収録されています。
また、守備範囲外なので紹介はしませんが、69年にレコーディングされた「Plima」「Negdje Na Kraju U Zatišju」もこのCDに収録されています。

②は60年代のEPコレクション的編集で、3枚のEP全曲と9が収録されています。
どういうわけか、67年のオムニバスEP収録の9は入れて68年の15を入れておらず、ここまで集めて何でという片手落ち感が漂う編集です。
ボーカリストの76年のソロをボーナスで収録するくらいなら、15を収録して欲しかったな。
ちなみに08年に同じ収録曲でジャケと番号を買えた再リリース仕様(CD 6648815)も存在します。

両方とも一応リマスターされているようで音質はクリアーですが、当時の元々の録音やマスタリングが良くなかったようで、リズムセクション、特にドラムの音が遠くでポコポコ鳴っているせいで、非常にビート感が薄いのが残念なところです。

両方とも日本にも少し入荷しているようですが、すでに廃盤のようで中古でもなかなか出ないと思いますので、本国のショップかGemmなどで探して買ったほうが手っ取り早いと思います。

それでは、各曲について。
1は64年の未発表曲、2~5が同年の1stEPからで、この1stEPはネットが一般的になるまで本国以外ではほとんど知られていなかったレアなものだそうです。
当時の東欧に数多くいたゆるめのインスト系で、後年のプログレのイメージからすると驚いてしまいます。
それだけにビート/サイケ派としてもちょっときついですが、Ismet作のオリジナル1と3はなかなかいいと思います。
1はインスト時代のShanesが軽めに演奏したような雰囲気で、EP収録曲と比べるとサウンドに腰があり、この時期の音源の中では出色の出来で、ボツにするにはもったいないような気がしますが、当時としてはうるさすぎて引っ込められてしまったのかもしれません。
ちなみに3はユーゴ初のオリジナルビートサウンドだそうで、1をややソフトにした同傾向の曲で、このEPで一番の聴きどころと言えます。

6&7はビート・グループに変化した65年の未発表曲。
6はIsmet作のオリジナルで、当時の基準からするとなかなかメリハリのある展開のポップな曲、7は当時のユーゴでも多くの若者たちが映画を観て衝撃を受けたであろうBeatlesのカバー。
8は66年の未発表曲で、Stonesのカバーのそのまたストレートカバーです。
ビート・グループとしてのレコードのリリースを切望しつつ、スタジオでレコーディングされていた65-66年のレアトラックの登場は、それまで音源的には空白の時期だった2年間のIndeksiのサウンドを垣間見ることができるようになったわけで、こういう蔵出しは非常に意義を感じます。

9はオムニバスEP「Vaš Šlager Sezone `67」に収録されたもので、「Rubber Soul」期のBeatlesっぽいクールでジェントリーなビートポップ。
10~13は67年の2ndEPの収録曲で、カバーの13以外はメンバーのオリジナルで、9と同じく「Rubber Soul」の影響を受けたようなサウンドで、60年代のIndeksiの楽曲でベストと言えます。
Indeksiの代表曲の一つで、軽快なサウンドのちょっと奥にさり気にファズが鳴っていたり、中間に語りを入れたりとサイケなアプローチを試みている10、同傾向の軽快なポップで、中間でテンポチェンジしてフルートのソロを取り入れた11、オケをバックにしたポップかつ荘厳な12と、早くもサイケなスタイルを取り込んでいるのが興味深いですね。
14は同年の未発表曲で、Kornelije脱退後にグループに加入したĐorđe Novkovićが提供した逸品で、職業作曲家としても活躍していただけあって完成度が高く、中間に12の1stヴァースのメロを織り込む小技まで効かせており、ボツにするくらいなら、取り立ててポイントのないカバーの13を外してEPに入れれば良かったのにと思いますね。

15は「Vaš Šlager Sezone `68」に収録されたもので、60年代の楽曲で唯一CD化されていない曲。
この時期のIndeksiとしては妙に雑と言うか、ろくにサウンドメイキングもせずに録音したような印象で、繊細なサウンドが持ち味の彼らとしては珍しいタイプの曲だと言えます。
16~18は68年の3rdEPの収録曲で、サイケから徐々にプログレッシブな方向に向かっているのを垣間見ることができます。
このEPの3曲とも、スタジオでの試行錯誤に慣れてきたのか、どの曲のプロダクションも完成度が非常に高くなっています。
興味深いのはKornelije作の17で、Indeksiの楽曲の中では異質なファンキーな作風で、後に彼が結成するKorni Grupaでもレコーディングされています。
個人的にはIndeksiの曲の中では10・12・14と並ぶお気に入りです。
てか、Korni Grupaの物々しさと言うか暑苦しさが好きなのかもしれませんが(笑

18は翌年にレコーディングする「Plima」や「Negdje Na Kraju U Zatišju」を予感させる、メランコリックな味わいのプログレ寄りのサウンドで、彼らのスタイルを構築させるきっかけになった曲だと言えますね。


こんな感じで、60年代のIndeksiはマテリアルが少ないうえにスタイルの変化が激しいせいもあってか、また同じユーゴのGrupa 220と比べるとやや小粒な印象もあるので、まだまだ日本ではほとんど知られていないのが現状ですが、この60年代を体現したようなサウンドの変遷はなかなかに面白いものがあると思います。



このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。