あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

First 1965:(L to R)Arto Lönnfors・Mårten・Leif・Seppo


今回は、去年2ndアルバムがボートラ付きで初CD化された、フィンランド60’sの伝説的なグループFirst/Lemonを紹介します。

フィンランドもののオムニバスなどで、1曲だけひょっこり収録されていたりして、何気に名前は見かけるグループなものの、日本では情報もほとんどなく、なかなかまとめて聴くことが難しかったのですが、2nd「Vanha Vakaa」がCD化されたことで、今後のリイシューに期待が持てそうな気配です。

当時フィンランドに数多くいたインストグループの一つ、Shakin'SharksのメンバーだったLeif Kiviharju(Vo.B)、そしてSteelers~The Happy Go FellowsのメンバーだったSeppo Järvinen(Ds.Vo)・Teuvo Grönroos(G)が、Beatles旋風直後の64年に、ビート・グループとして活動することで意気投合して集まり、さらにMarkku Vihavainen(G.Vo)を加えて結成されたのがFirstでした。

余談ですが、SeppoとTeuvoのいたSteelers~The Happy Go Fellowsは、オリジナルドラマー(70~80年代ロックではわりと有名な人らしい。ちなみにSeppoはサックス担当だった)が窃盗と強盗を繰り返して逮捕されてしまった、いささか手癖の悪い人だったそうで、グループ名がシャレになっていませんねぇ(笑

結成当初は、ライヴごとに様々な名前を使用していたそうで、64年末の年越しライヴに出演した折、このライヴがラジオで放送され、DJがグループを「The First」と紹介したことがきっかけで、以後はFirst名義で活動して行ったそうです。
ちなみに、このラジオ放送のおかげで、Firstに関心を持つ人とライヴのオファーがグッと増えたそうです。

65年に入ってから、Teuvoが軍隊に召集されて脱退、Leifはちょうど解散したばかりのScaffoldsのMårten Enqvist(G)に加入を依頼。
さらにMarkkuが学業に専念するために脱退し、同じくScaffoldsのArto Lönnfors(G.Vo)が加入、以後67年いっぱいまでこのラインナップで活動して行きました。
Scaffoldsでかなりの楽曲を書き、この時点ですでに他のグループにも楽曲を提供していたArtoと、エレキでもアコギでも様々なスタイルでのプレイをこなせるMårtenの加入は、グループの音楽性や表現力の進歩に大きく貢献して行くことになります。

Firstはライヴツアーでフィンランド国内を巡り、さらにスウェーデンにも出向いており、Spencer Davies GroupやHollies、そしてCreamやJimi Hendrixなどのヘルシンキ公演で前座を務めたりしていたそうで、このことが彼らのサウンドに大きく影響して行きました。

67年、FirstはCBSと契約し、当時ちょうどヒットしていたEasybeatsの「Friday On My Mind」のカバーを含む3枚のシングルをリリースしています。
グループはイギリスへの足がかりも得ていたそうですが、好事魔多し、何とよりによってリーダーのLeifに軍隊の招集がかかってしまい、67年内で活動停止を余儀なくされてしまいました。
グループのマネージャーは、全く違うメンバーを集めてFirstとして活動させたそうですが、それはもはや別のグループになりますね。


そして69年、除隊されたLeifはグループの活動を再開させました。
First時代の仲間SeppoとMårtenに、Topmostのメンバーだった Arto Tarkkonen(Key)を加えて、 時代の空気の変化を感じ取ったのか、それまで使用していたFirstからLemonとグループ名を変えて再スタートを切りました。
Arto Lönnforsが参加していないのは、多分当時Frankiesに在籍していたからではと思われます。

a436.jpg
Lemon 1969:(L to R)Mårten・Arto Tarkkonen・Seppo・Leif

しかし、ほどなくしてArto Tarkkonenがあっけなく脱退。
音楽性か人間関係化は不明ですが、どうにもなじめなかったようです。
代わりにFirstのオリジナルメンバーだったMarkkuを呼び寄せました。

pics-thefirst1.jpg
Lemon 1970:(L toR)Leif・Markku・Seppo・Mårten

Leif、いい笑顔ですねえ(笑
このラインナップで、LemonはParlophoneと契約し、69~70年に2枚のシングルをリリースしています。
そして70年に、今度は新進レーベルのLoveと契約し、同年に1stアルバムをリリース。

1stアルバムをリリースしてしばらくした71年に、Markkuが再び脱退。
交代にまたもやFirst時代の同僚のArto Lönnforsが加入しています。
このグループの面白いのは、基本的にFirst時代に関わった人脈でやりくりして活動している所で、1stアルバムのジャケットのデザインを初代ギタリストのTeuvo Grönroosが手がけていたりもしてて、ささくれた人間関係のグループが多い中、何だかほほえましく思ってしまいます。

新ラインナップになってからの72年には、レア盤が多いことで知られているレーベルUFOと契約し、2ndアルバム「Vanha Vakaa」と同アルバムからカットされたシングルを1枚をリリース。

と思いきや、今度はリーダーのLeifが脱退して、カントリーロック系のグループKarmaを結成。
そしてArtoもほぼ同じ時期に脱退しています。

残されたSeppoとMårtenは、Lemonを存続させるためKari Rosti(Vo)、そして50年代末から活動するオールドロッカーのJorma Kalenius(B)を加入させて活動を続けますが、74年にBlue Masterからシングルを1枚した後、活動を停止しました。

しかし後年、Leif・Seppo・Mårten・Artoの4人で再結集し、グループ名をFirstに戻して活動を再開、90年代半ばにArtoが脱退後は、何とScaffoldsでも歌っていた、ソロシンガーとしてもよく知られているCay Carlsson(G.Vo)で加入し、現在に到るまで活動を続けています。


Referring Sites:The First(Official)  Back To The Sixties Artistit "The First"

Finally, while thanks to Lefa Kiviharju!






bw3.jpg

First/Lemonは、一言で言うとHolliesに、Creamのオリエンタルで攻撃的なギターを足したような、ハーモニーを活かしたポップな楽曲に、とんがったギターで切り込んでいくようなサウンドが持ち味です。

前述の通り、First時代の前座の経験から、うまく自らのスタイルに取り込んでいると思います。

First時代とLemonのUFO時代はLeif・Seppo・Arto、LemonのEMI・Love時代はLeif・Seppo・Markkuと、常に歌えるメンバーが3人在籍しており、特に後者の時期はGraham Nashばりのハイトーンコーラスが駆け巡っていて驚かされます。
録音時期とメンバーの在籍を考えると、このナッシュばりのハイトーンはおそらくMarkkuが担当しているのではと思われます。
この人、Graham Nashの代役ができるよ、ほんと。

そしてSeppoはドラマーですが、実際にライヴでもバンバン叩きながらちゃんと歌える人で、しかも結構歌もうまいのでこれまた驚かされます。
彼が歌いながらプレイできることが、彼らの3ハーモニーを実現させる要だったと言えるのではないでしょうか?

もう一つのグループの個性と言えるのが、Mårtenのカラフルな素晴らしいギタープレイで、ポップ・ロックンロール・カントリー・ブルース・サイケと、様々なスタイルをバッチリ弾きこなしてしまう高い技術を持ちながら、基本的には前に出すぎず引っ込みすぎずで楽曲に彩りを与えつつも、ここという時には唐突に切り込んでくるスタイルで、僕はそんな彼のプレイに魅了されてしまいました。
基本的にFirst系列以外のグループに在籍しなかった彼は、日本でもほとんど知られていない人ですが、個人的にはフィンランドのベストギタリストの1人だと思っています。
また、こういうタイプのギタリストは大体そうですが、彼はアコギのプレイも絶品です。

そして、彼等の音楽性を司る、LeifとArtoによるポップで幅広いスタイルを持つ素晴らしいソングライティング。
特にLeifの楽曲は、George Harrisonのような繊細なコード進行を多用しており、ポップな中にさり気に意外性を感じさせる、ある種のねじれを持たせた個性的な作曲アプローチだと思います。

FirstとLemonのごく初期はビートサイケ、LemonのLove時代はBadfinger+カントリーロック的、UFO時代はちょっぴりハードなパワーポップという印象で、日本ではハードロック系のように紹介されることが多い彼らですが、時期によって若干フィーリングは違うものの、彼らのサウンドは根本的にポップで聴きやすいもので、70年代の楽曲も60年代寄りの指向性の方でも楽しめると思います。
たぶん、彼らもハードロック系として語られるのは不本意なんじゃないかな。

以下の通り、First時代は67年にシングル3枚、Lemon時代は69~74年にシングル4枚・アルバム2枚をリリースしています。
80年代以後の再結成後の録音に関しては、確認できていないものが多いので割愛します。
紹介したレコード・CDは全てフィンランド盤です。

First

Singles
1A: Olit Mielessäin [You Were On My Mind]
1B: Perjantai [Friday On My Mind] (CBS 2625)`67
2A: Meni Hermot [Quore Matto]
2B: Yksin Vain (CBS 2674)`67
3A: Jos Sais Kerran Reissullansa [I Dig Rock And Roll Music]
3B: Kylmä Kyllikki (CBS 2852)`67

ご覧の通り、First時代は2人のソングライターを擁するグループにもかかわらず、Arto作の2B以外は全て他人の楽曲のカバーと提供曲で、それを彼らのスタイルで調理しているという感じです。
Ian & SilviaのSilvia Fricker作でWe Fiveのカバーで有名な1Aと、Easybeatsのいつものやつ(笑)1B、イタリアのソロシンガーの有名な曲(らしい)2A、Peter,Paul & Maryの3Aなど、わりとヒットした曲をすぐにカバーしています。
個人的に良かったのは、Arto作のストリングスのバックにとんがったギターが切り込んでくるサイケな2Bと、ルーズなピアノをフューチャーしたノベルティポップスタイルながら、ソロで唐突にバリバリのギターソロが突き刺さってくる3Bですね。
67年の1年間に3枚のシングルをリリースしているので、CBSとしては結構押していた事を垣間見ることができますし、UK進出というのもわりと具体的な話になっていたのかもしれません。

Firstのシングル音源は、様々なフィンランドもののオムニバスにチラホラと収録されていますが、以下のCDに全曲収録されています。

a438.jpg

20 Suosikkia -Meni Hermot- (Fazer Records 3984-27464-2)`99

67年のシングル音源6曲全てとLemonのUFO時代から3曲、そして再結成後の音源から選曲された構成になっています。
もう結構前にリリースされたもので、日本ではほとんど出回っていないので、本国につてが無いと入手は難しいのが残念なところです。
現在、本国のWarnerで「30 Suosikkia」シリーズがリリースされているので、Firstもリリースしてくれるといいのですが・・・。


Lemon

Singles
4A: Kestä En Mä Kauempaa [Throw Down A Line]
4B: A Boy Like Me (Parlophone 006-34075)`69
5A: Ilman Ystävää Et Jää[He Ain't Heavy,He's My Brother]
5B: Coumbus The Winner (Parlophone 006-34075)`70
6A: Nainen Tummissa [Lady In Black]
6B: Pallo Jalkaan (Ufo S202)`72
7A: Nyt Mentiin Etelän Öihin [Let's Spend The Summer Together]
7B: Hymyä Huuleen [I Love Susie](Blue Master BLU806)`74

Albums

a439.jpg

Lemon [Words And Musik By Leif Kiviharju](Love LRLP-30)`70

A1. Oh What A Day 2. Nyktofobia 3. Jumping Wild
4. You Should Be Glad 5. Columbus The Winner(Ver.2)
6. Nr. 11 A Moll 7. Big Brother Is Watching

B1. Geramine 2. Somewhere In The Past
3. Sunday Driver 4. Born To Love Me
5. Slowhands Blues 6. Time To Stop The Beginning

127.jpg

Vanha Vakaa... (UFO 003)LP`72 (Rocket ROK-091)CD`11

A1. Pallo Jalkaan 2. Aina Väärinpäin
3. Nainen Tummissa [Lady In Black]
4. Munnarit Makeeks 5. Löysin Kultakimpaleen

B1. Jäin Papuaan 2. Markka Vain
3. Kuin Tyhjää Vain 4. Ei Muuta Kun
5. Yksinäinen Mies [Melancholy Man]

Lemon時代になると、それまで様々なグループにカバーを強要してきた大メジャーEMIParlophone様も、69年という時代性を考えてさすがにカバーだけを押し付けなくなっています(笑

69年のシングル4Aは、Criff Richard & Hank Marvinの同年のシングルのカバーで、なかなか彼らに合ったチョイスだと思います。
この曲はCriffのファンに密かに人気のある曲なのも納得のかっこいい曲で、Criff & Hankのオリジナルバージョンもかなりいいできばえです。
そのフリップサイドのLeif作の4Bは、個人的にLemonで一番お気に入りの楽曲で、彼ならではの甘いコード進行を取り入れたポップなビートサイケで、相変わらず唐突に飛び込んでくるMårtenのオリエンタルかつとんがったギターソロがいとをかし(笑

70年のシングル5Aは、Holliesの前年のヒット曲のカバー。SoulsetのSeppo Paakkunainenがアレンジとフルートを担当しています。でも、Holliesの曲ならNash時代のものをやりたかったんじゃないかな。
フリップサイドの5Bは再びLeif作のややフリークビート的で最後に妙なリズムチェンジをして終わる風変わりなサイケポップ。Leifはこの曲に思い入れがあるようで、1stアルバムで再録音したり、彼のメアドに「Columbus」という単語が入っていたり(笑
ちなみに、この曲の1stアルバムの再録音バージョンは基本的なアレンジは同じですが、何と中間のボーカルの部分をごっそり外して、イントロの後すぐにエンディングになるへんてこなインストになっていて、僕はParlophoneへの当てこすりなのかなと思っているのですが、ちょっとうがちすぎかもしれません。

このParlophoneの2枚のシングル曲は、全て後述の「Vanha Vakaa」のCDにボーナスで収録されています。

同年のLoveからの1stアルバムは、サブタイトルにある通り全曲Leif作の楽曲で占められています。
しかし、レコーディングの時間と予算が少なかったのか、インストや1分に満たない小品、中にはA-3のような曲とは言いがたいものもあったりして、アルバムとしてのまとまりには欠ける面がありますが、それでも彼らを語る上で外せない楽曲がいくつか含まれていて、未CD化なのが惜しまれるアルバムです。
現状では、Loveのオムニバス4CD-BoxにB-1が収録されているくらいで、なかなか厳しい状況ですが、「Vanha Vakaa」がリイシューされたので、ちょっとリイシューに期待しています。

ジェントリーな美しいフォークA-2、サビでNash期Hollies的なハーモニーが堪能できる彼ららしいポップビートA-4、Mårtenの素晴らしいスパニッシュ的なアコギを堪能できる美しいインストA-6、歌を入れたらどんなに良かっただろうと思わせる穏やかなカントリータッチのインストB-2、Badfingerの「Love Me Do」を髣髴とさせるロックンロールB-3、Leifの繊細なソングライティング、Mårtenの素晴らしいアコギプレイ、そして美しい3ハーモニーに包まれた、このアルバム中の最高傑作のメランコリックで美しいB-4、ゴリゴリ攻めまくるMårtenのブルースプレイが素晴らしい、彼らにとしては珍しいタイトルどおりのブルースロックB-5あたりが聴き所でしょうか?

ちなみにジャケットデザインは、FirstのオリジナルリードギタリストだったTeuvo Grönroosが手がけたもので、「Revolver」のジャケットを土臭くしたような雰囲気が味わい深いですね。

Love関連では、他にもアルバムから4曲ピックアップした音源に、DJをかぶせた店頭プロモーション用と思われるEP「Comet Svengi(Love LRMEP-1)`71」が存在しますが、珍品といえるアイテムでコアなコレクター向きだと思います。


72年のUFOからの2ndは、前作と比べるときっちりと作りこんだ印象があり、全編すっきりとまとまっているように思います。
全10曲中、カバー2曲を除く8曲がLeif-Arto作で、時代を反映してか、今までよりも若干ハードなサウンドになってはいるものの、やはり根底にあるのはポップなメロディで、彼らの持つ軽快さが全面に出た内容になっています。
また前作と同様に、カントリー的なスタイルをさり気に取り入れているのも彼らの個性でしょうか?
ちなみに、このアルバムでは全てフィンランド語で歌われており、その独得の発音や語感の妙味を感じさせてくれます。

パワーポップまたはグラムロック的なA-1・2、Uriah HeapのカバーでA-1とのカップリングでシングルカットされたA-3、ざっくりとしたMårtenのギターに、隠し味のパーカッションが絡むシャープなインストA-4、ハードなイントロから一転カントリーロック的なメロディが展開するのが彼ららしいA-5、とつとつとしたメロディとフィンランド語の語感の絡みが味わい深いB-2、Mårtenのワウギターがヌラリと絡みつく、彼らとしてはややダークなメロディのB-4、そしてタイトルどおりのメランコリックなメロディが美しいMoody BluesのカバーB-5といった感じの流れです。
また、いくつかの曲で聴けるフルートは、その音からするとSeppo Paakkunainenではと思うのですが、クレジットされていないので確信はありません。

彼らのレコはレアなものが多いですが、このアルバムはかなり入手が難しい一品でしたが、11年に同じく入手困難で今まで未CD化だった3曲を含むParlophoneのシングルをボーナスで追加したCDがめでたくリイシューされて、手軽に聴けるようになりました。

それにしても、このアルバムのジャケって…(笑
ひょうきん族の懺悔の神様みたいな(笑
ちなみに、ゲートフォールド仕様のジャケで、開くとこの神様のほぼ全身が写った素敵なピンナップにもなります(笑

そして、Leif脱退後の74年のシングルですが、7AはSeppo、7Bは新加入のKari Rostiが歌っており、両曲ともシンセの音がややわずらわしいものの、First~Lemonの伝統を感じさせるポップなカバーで、なかなかいい出来だと思います。
この2曲は未CD化です。


最後に、LeifがLemon脱退後に結成したカントリーロックグループKarmaについてちょっとだけ。

あまり詳細なデータが見当たらないのですが、彼は72~74年の間在籍しCBSから73・74年にシングルを各1枚ずつ、そして74年に同レーベルからリリースされた1stアルバムに参加しています。

長年在籍したFirst~Lemonを脱退してまで、LeifがKarmaでカントリーロックをやろうとしたのかは彼のみぞ知るところですが、僕はLemon自体がカントリーフィーリングを持ったグループだったと思うので、ちょっと不思議に思うところがあります。
もっと気楽なポジションでやりたかったのかな?

彼が関わった全14曲中、彼の提供したオリジナルは3曲で、予想以上に少なかったのはちょっと残念でした。
他のメンバーに気を使ったのかもしれません。

Karmaは、その物々しいグループ名に反して、ポップで軽快なカントリーロックで、Elton Johnの「Goodbye Yellow Brick Road」やSweetの「Wig-Wam Bam」などのカバーが多数を占めますが、なかなか楽しめる楽曲が多いです。

1stアルバム、そしてアルバム未収録のシングル2曲は、以下のCDで聴くことができます。

a440.jpg

Karma / Huomenta Suomi (WEA ‎– 50-51865-5504-2-6)`09 2CD
20 Suosikkia -Hyvää Huomenta Suomi-(Fazer Records 0630-14093-2)`96

前者は74年の1stと76年の2nd(Leifは不参加)をセットにしたもので、現在でも入手はしやすいと思います。
後者はすでに廃盤で、Firstのものと同じく日本では入手が難しいので、前者を聴いて未収録シングルも聴いてみたいというコアな方向けでしょうか?

久しぶりに気合の入った記事になりました。
こういうあまり知られていないいいグループを見つけると、俄然やる気になってしまうのでした。




このページのトップへ

コメント

毎度ながら、愛情たっぷりのコア記事にめまい&大喝采ですっ!!
メンバーへのサンクスがめちゃくちゃイカしてますね♪
イージービーツマニアとしては、フィン語カヴァーの「Perjantai」(←on my mindはどこいったんだぁ~!って思わすツッコミ)が超気になります。
ところで、窃盗ドラマーって、もしかしてHurriganesのRemu Aaltonenのことですか~!?フィンロック史のカリスマにそんな過去があったとは・・・。いや、妙に納得かも~(笑)。ヘンなトコに反応してすみません。

  • 2013/04/22(月) 22:50:20 |
  • URL |
  • クロム #ybSqUg1.
  • [編集]

†クロムさん
ここにコメントいただくのも久しぶりですねぇ。
我ながら暑苦しい愛情に、ドン引きされてしまいそうな内容になったと思います(笑
Leifが快く画像の使用許可をくれたことも、気合が入るきっかけでしたしね、やはり感謝感謝です。
「Perjantai」はすでに聴けたようですね。
個人的には「Sorry」をやってほしかったなー。

>もしかして
よくわかりましたねぇ、いやお見事です(笑
随分昔の若気の至りですので、一応名前は出さなかったんですけど、クロムさんの目はごまかせませんね(笑
彼の近年の写真を見たんですが、納得の悪人顔でした(笑
こういうところに反応するのもクロムさんらしくていいですね(笑
もちろん、クロムさんを楽しませるネタを入れるという意味で、当初から念頭にあったことは言うまでもありません(笑

  • 2013/04/23(火) 07:08:28 |
  • URL |
  • Graham #6zupl/Ts
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。