あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
まだインスト時代の名残が
Firebeats 1964:(左下から右上へ)Aage・Walther・Øystein・Yngve


4/23:やっと完成

超久し振りに記事を書きます。
それについてはまた後日述べることにして、肝心の記事を書く事に専念します(笑

Firebeats,INC.については2009年にすでに記事にしているのですが、あれから5年の歳月を経て、イギリスの素晴らしいリイシューレーベルrpmから、64~68年の音源をコンプリートしたCDがリリースされ、今までなかなか聴けなかった音源や、ネットでもなかなか出回らなかった詳細な情報が記載されたブックレットに刺激されてリニューアル版を書く事にしました。

グループの原点は61年にさかのぼり、ノルウェーからオーストラリアに移住し、見習い配管工として働いていたYngve Bjerkeが、メルボルンのラジオ局主催のコンペで、自作曲「I Wonder If She Loves Me」を演奏してNo.1に輝いたことでした。
62年11月、ノルウェーに帰国したYngveは自らのグループKoalas(笑)を結成。
このグループ名では可愛すぎると思ったのか、翌63年初頭にはFirebeatsと改めました。

63年と言う時代背景もあって、初期のFirebeatsはインストグループで、Shadows・Ventures・Spotnicks等のカバーを演奏していたそうです。

そして、ブリティッシュ・インベイションの到来後の64年にビートグループ化して歌うようになりました。
ビートグループとして活動するにあたり、影響を受けたのはHollies・Beach Boys・Kinks、そしてBuddy Hollyだそうで、個人的にすごい納得って感じです。
当時のラインナップは、Yngve(Vo.G)に、兄弟のWalther Bjerke(B.Vo)、そしてØystein Bråthen(G.Vo)・Aage Mjøs(Ds)の4人編成。

彼らはノルウェー国内、そしてスウェーデン・デンマークまで足を伸ばし、週末はギグをこなしまくったそうです。
そして、ノルウェーEMIがそんな彼らに目を留める事になりました。

実はこの件に関しては既にフラグがあったそうで、Yngveが帰国してすぐの62年末、彼はEMIのA&RディレクターのRolf Syversenに、件の「I Wonder If She Loves Me」を売り込んで気に入ってもらえ、シンガーBob Bergenの63年のシングルとして採用され、レコーディングされてリリース。
そしてFirebeatsを気に入ったRolfは、彼ら自身のデビューを打診し、64年11月にデビューシングル「Don't Throw Stones/Why Have I That Feeling(両曲ともYngve作)」、翌65年9月には再びYngveのオリジナルでしめた2ndシングル「Let Me Tell You/Little Girl」をリリースした・・・という流れだったようです。

また、Rolfは彼らにスタジオミュージシャンの仕事にも声を掛け、64~66年にかけて多くのシンガーのレコーディングのバックを勤めていたりもしました。

65年末に、オルガン担当のOle Petter Engebretsenが加入、ごく短い期間ではあるものの5人編成になります。
アルバム用のレコーディングがスタートして間がない66年1月にAageが脱退し、Arild Hansen(Ds)が加入。

そして、この前後の時期にグループ名を「Firebeats,INC.」と変更。
この小変更の理由は、多くのグループが「The~」というパターンを使っており、それらと差別化したかったからだそうで。
いろいろ考えるねえ(笑

アルバムのレコーディング中の66年4月、今度はØysteinと昨年末に加入したばかりのOle Petterがあっけなく脱退。
代って長身イケメンのギタリストBjørn Borgが加入。
かつても同じことを書きましたが、有名なテニスプレイヤーとは同名の別人です(笑
ついでに言えば、テニスのほうは「Björn Borg」で、しかもスウェーデン人です。

アルバム裏ジャケの写真
Firebeats,INC. 1966:(L to R)Arild・Yngve・Walther・Bjørn

この新たなグループ名とラインナップで、3rd&4thシングルとアルバムのレコーディングをこなしていきました。
レコーディングは同年11月に完了し、12月に待望のアルバムをリリース。

当時、どこの国でもアルバムをリリースできるグループはその全体のほんの一握りだったわけですが、非常にマーケットの小さいノルウェーではなおさらで、ほとんどのグループはシングルを数枚リリースするのみというのが常で、アルバムをリリースできたのはPussycatsやVanguardsなど、個性とオリジナル曲を持った文字通りほんの一握りでした。

そして、彼らは幸運にもその一握りの一つだったわけです。

彼らのアルバムは当時500枚ほどプレスされたそうですが、スウェーデンのTagesなどと同じように、彼らの憧れのグループたちのレコードに阻まれて、売り上げは思わしくなかったようで、現在ではオリジナル盤は恐ろしいプレミアがついています。

また、彼らは決してTV番組には出演しなかったし、ラジオで彼らの曲がプレイされることもほとんどなかったそうで、ほとんどまともなプロモーション自体されていなかったんじゃないかと思われます。

アルバムリリース後、しばらくシングルのリリースがなかった彼らですが、68年にビートグループ期最後のシングル「Oh,Carol/Be My Baby」をリリース。
最初データでこのシングルの曲目を見た時、正直意外な印象を受けました。
ほとんどのレパートリーがオリジナルである彼らが、68年というロックの変革期の真っ只中にオールディーズのカバーをわざわざ取り上げるなんてね・・・。

69年に入ると、彼らはビートグループのスタイルを捨て、女性シンガーIngjerd Helénを加入させ、彼女をフューチャーしてポップでシンプルで踊るのに最適なサウンドスタイルに変化していきました。

67年以後、サイケ・ハードロック・プログレと音楽性が多様化していき、その変化について行けなくなり、かつてのポップでシンプルなオールディーズ・ビートミュージックを求めるリスナーは世界中のどこの国でも必ず存在していましたし、そういう希望に応えるのも一つの選択肢だったのでしょうね。
前述の68年のシングルのカバー曲も、もしかしたらそういう意思の元での選曲だったのかもしれません。
そういえば彼らはサイケなアプローチには手を出していませんし、元々シンプルなビートポップをやりたかったんでしょうね。

でも、個人的には時流に乗ってほしかったなー。

ともあれ、Firebeats & Ingjerd Helén名義となって、時折アルバムをリリースしつつ80年まで活動を続けていきました。

なお、13年にBjerke兄弟とBjørnに新メンバーを加えてFirebeats,INC.を再結成しており、旧作のリレコを含むニューアルバム「2」をリリースしています。








Firebeats/Firebeats,INC.は、現在ではガレージファンに人気があるグループで、実際そういう傾向のあるグループだと思いますが、前述の影響されたグループがほのめかすとおり、それ程ワイルドなサウンドではなく、基本ハーモニーを活かした軽快なフォークロック的な曲がほとんどで、Byrdsとか好きな方にもお勧めのグループです。

Firebeats時代の初期の2枚のシングル曲はFender Jaguarのようなシャラシャラしたブライトリィな音色が心地よい、インストグループあがりらしい軽快なビートサウンドで、個人的にはこの時期の曲が一番好きかも知れません。

Firebeats,INC.時代は、rpmのCDのライナーの写真のお陰で使用楽器が判明したので以下にあげておきます。

Yngve:Gretsch 6120 DC(orange)
Bjørn:Fender Stratocaster(red)
Walther:Fender Precision Bass(blue)
Arild:Premier Drum Set


ちなみにアンプ類は3人ともVox製を使用しているようです。
Gretschは同じモデルでも細かい仕様の違いが多いので厳密には僕の推測なのですが、ダミーfホールにくっきり白っぽい輪郭があるのと、マシンヘッドに四角いプレートがついていないようなので、おそらく6122カントリージェントルマンではなく、オレンジの6120 DCではないかと。
あと、彼の6120はダミーfホールの下端の丸い部分の先にあるノブのピックガード側の隣に、もう一個ノブがあるように見える(赤い矢印の先)んですが、そういう仕様があるのでしょうか?
それともただ撮影時に光が反射しただけなのでしょうか?

Yngve with Gretsch

Please teach me,Yngve!

インストグループからの移行組である彼らとしては妥当なチョイスだと思いますが、正直YngveのGretsch 6120はけっこう意外でした。
でも、言われてみればデビューシングルの「Don't Throw Stones」のギターソロはサスティンの少ないGretschっぽいシャリパキッとした音色なので、もしかしたら初期から愛用してるのかも。
Fenderのブライトな音色と違う、Gretschの硬質なトーンを重ねたかったのかな。
いずれにせよ、なかなか渋いチョイスでかっこいいですね。
ダブルカッタウェイなのも素敵です。

話がGretschに行き過ぎてしまいましたが、66年以後のINC時代はそれまでより多少ワイルド寄りになっていると言えます。

いずれにせよ、彼らのサウンドはYngveのポップで軽快なソングライティングと、インストあがりらしい軽快でドライブ感のある演奏が魅力だと思います。


Firebeats/Firebeats,INC.は、以下の通りノルウェーHMVで64~68年の間にシングル5枚とアルバム1枚を残しています。
69年以後もIngjerd Helénをフューチャーしてレコードを残していますが、ここでは68年までのビートグループ時代のみを取り上げます。
特記のない曲は全てY.Bjerke作です。

リードヴォーカル
[W]:W.Bjerke
[B]:B.Borg
表記なし:Y.Bjerke

Singles
Firebeats
1, Don't Throw Stones
2, Why Have I That Feeling HMV AL 6125 `64
3, Let Me Tell You
4, Little Girl HMV AL 6132 `65

Firebeats,INC.
5, Hemmelig Agent[Secret Agent Man] (P.F.Sloan/S.Barri/Y.Bjerke)
6, Vi Skal Ikke Klage[Lollipop Train(You Never Had It So Good)] (P.F.Sloan/Y.Bjerke) HMV AL 6136 `66
7, Alone Again
8, Trying To Make You See [W] HMV AL 6141 `66
9, Oh,Carol (N.Sedaka)
10, Be My Baby [W](Spector/Greenwich/Barry) HMV AL 6156 `68

Albums

Firebeats,INC. (HMV NCLP 5)`66

11,Funny Things [W] (B.Borg)
12,I Never Knew The Sun Could Shine So Brightly At Night(B.Borg-A.Hansen-Y.Bjerke-W.Bjerke)
13,Goodbye To This World
14,Crying [B]
15,I Didn't Know
Alone Again
16,Don´t Believe Them
17,I Can´t Find Nobody
Trying To Make You See [W]
18,More And More Each Day
19,This Rain [W]
20,Baby Go On Home [W]
21,It's No Matter How I Try
22,The Girl That I Depend On

Unreleased Track
23,Jack The Ripper [B](Stacey/Simmons/Haggin)


以上、全23曲です。
9・10だけがステレオ、それ以外はモノです。

それでは、各曲の紹介を簡単に。
1&2が64年のデビューシングルで、2曲ともフェンダーのブライトな音色と元インストグループらしい軽快なドライブ感を持った素晴らしいできばえで、最初のシングルでこれだけのオリジナルを持ち込んでくるなんて、A&Rマンから声を掛けられるだけのことはあります。
同時期のグループで、これだけスマートな完成度を持ったシングルでデビューしたグループはいないんじゃないかな?
きっと、当時買ったリスナーは何回もひっくり返しながら聴きまくってたんだろうななんて想像すると楽しいです。
TV出演するとか、きちんとプロモーションしたらもっと売れてたと思います。
最高の組み合わせのシングルだと思いますし、2曲ともお気に入りです。

3&4は65年の2ndシングルで、デビューシングルとは雰囲気がガラッと変わっています。
イントロのリフが印象的なとつとつとした進行の、後述する5と似た怪しい雰囲気を持たせた3と、アコギの響きがジェントリーなラブソング4、シングルのA面にするには3はちょっと地味な印象があるので、明快なキャラクターの4をA面に据えた方がよかったかも。

5&6はアルバムのレコーディング中の66年にリリースされた3rdシングルで、両方ともP.F.Sloanの曲のノルウェー語カバー。
彼らが母国語で歌っているのはこの2曲のみですが、レーベルから要望があったのかな。
5を最初に聴いた時、「何かジェームス・ボンドみたい」と思ったんですが、原題を知って「まんざら間違ってはいなかったな」とひと笑いしました(笑
僕はこの辺は余り詳しくないのでね(笑
このシングルはBjerke兄弟以外がチェンジした前後にレコーディングされているのですが、この曲ではGretschでリードを弾いているような気がするので、もしかしたらBjørn加入直前で3人で収録したのかも。
6はフォークロックで彼ららしいチョイス。
マッギン先生っぽく歌っているのもご愛嬌です。
そう言えば彼らはブリティッシュビートのカバーをやっていなくて、カバーは全てアメリカものなのですが、基本的にそっち寄りの志向性だったんだろうなと。
他と差別化するために「The」を外して「INC」をつけるような方々なので、意図的にブリティッシュものを避けていたのかもしれませんが。

7&8もアルバムのレコーディング中に収録され、アルバムに先行して?リリースされた4thシングルで、のちにアルバムにも収録。
アコギをフューチャーした美しいフォークバラード7と、Byrdsの「All I Really Want to Do」を少しスピードを落としたような曲調の8、どちらも完成度は高いけどシングルにするにはちょっとインパクトが弱いかな。

9・10はアルバムリリース後しばらく経ってから、ふとリリースされた68年のビートグループ時代最後のシングルで、N.SedakaとRonettesのカバーという、時代背景や彼らのソングライティングの才能を考えると意外と言うか疑問を感じさせる選曲ですが、前述の通り彼らのステージでのオールディーズやビートポップの要望が高かったことに彼らなりに応えなものなのかもしれません。
わりとそのまんまの9はビート/サイケファンには微妙ですが、楽曲自体がロック向けでファズギターを使用した10はけっこういいかも。
そう言えば、意外にも彼らがファズを使用しているのはこの曲だけですね。

シングルは以上で、次はアルバム収録曲を。
メンバーチェンジの過渡期にレコーディングされているため、微妙なサウンド志向の変化が現れていて面白いです。
ざっくりと言って、3・9・13のようなフォークロック的な曲はオリジナルラインナップ~移行期に、1・2・7・14のようなワイルドと言うかブリティッシュ寄りの曲はメンバーチェンジ後の66年5月以後に・・・といった感じです。

前述の通り1回のプレスの最低限だという500枚プレスされたというこのアルバムですが、当時あまり売れなかったようで現在ではコレクター泣かせの激レア盤となっています。
暗闇の中の街灯のそばにたたずむメンバーを写したカバーはなかなかしぶいですが、ちょっと地味な印象があったのもあるのかな。

11はのちに彼らの編集盤LPのタイトルにも採用された、ガレージファンに人気のある曲。
Bjørnがグループに提供した唯一の曲(全員の共作の2もあるけど)で、ボーカルはWalther。
12は全員の共作で、重たいベースがうねる彼らとしてはへヴィなR&Bスタイルで、こっちの路線もけっこういけていると思います。
13は初期からのフォークロック的なスタイルで、清涼なバッキングハーモニーと抑制をかけたボーカルのコントラストが魅力的で、楽曲自体の完成度も高いし、シングルカットするのならこれにすればよかったのにと思います。
14は初期のSmal Facesっぽいビートポップで、ドラムスがArildに変ってからサウンドにブリティッシュ的な重さが加わったように思います。
15はオールディーズ的な曲調で、明らかにアルバムの中でも古臭い印象で浮いており、後年の編集盤LP「Funny Things」からオミットされたのも無理もないという感じです。
16はWhoのKeith Moonっぽいドカドカドラムがかっこいい荒々しいR&Bで、これもシングルに向いていたんじゃないかなと思います。

ここまでがアナログのA面で、以後がB面になります。

17もR&B的な曲で、ガレージ系のオムニバスに収録されているのでご存知の方も多いのではと思います。
でも16と比べると明確ですが、こういう曲をやるにはドラムが軽いですよね。
初代ドラマーのAage Mjøsのプレイは、軽快な曲には向いているがR&B系の曲にはちょっと弱いですね。
18はわりとブリティッシュ的と言うかBeatlesっぽい、意外と彼らにしては珍しいスタイルの曲ですね。
僕はけっこうさまになっていて好きです。
19はアルペジオの響きが印象的なメロウなバラードで、グレゴリオ聖歌的な低音ハーモニーが荘厳な印象で、Yardbirdsの「Still I'm Sad」の影響を感じさせます。
20はクラプトン時代のYardbirdsっぽい、疾走感のあるR&Bスタイルですが、前期ラインナップ時代の録音のせいかやはりドラムスが軽いですね。
21はPoetsの「That's The Way It's Got To Be 」をフォークロック的にアレンジしたような曲で、シングルで出すべきだったと言える、彼らのベストトラックの一つだと思います。
ラストを飾る22は、ブリティッシュR&Bフレーバーにあふれたメッチャかっこいい曲で、これもシングルの候補として魅力があると思います。

こうして改めてレビューしてみると、Yngveの幅広いソングライティングのセンスを垣間見ることが出来ますね。
アルバム自体、当時の他のノルウェーのグループのアルバムと比べても全くひけをとりませんし、かなり楽しめる内容だと思います。


最後にアルバムセッションで収録され、最終的に外された未発表曲を。
23はScreaming Lord Sutchの有名な曲のカバーで、ボーカルはBjørnでこの曲ならではの例の「ギャーッ!」はWaltherが担当しているそうです。
出来は悪くないと思いますが、アルバムを全てオリジナルで占めようということで、最終的にオミットされたようです。


Firebeats/Firebeats,INCはオリジナル盤が激レアなので入手が難しい上、以下の編集盤LP以外なかなかきちんとしたリイシューがされず、日本でもマニアの間ではわりと知名度があるにもかかわらず、聴く機会に恵まれないグループでした。

a2004.jpg

Funny Things 1964-66 (That's Entertainment THEN 025)LP `95
(Rock-In-Beat RB 044)CD-R[unofficial] ?

6・9・10・15以外の全19曲をLPにがっつりぶち込んだ、まとまった形では初のリイシュー。
収録時間と音質、そしてガレージ的でないという理由で上記の4曲を外したんだと思いますが、どうせなら余裕を持たせて2枚組でコンプリートにして出せばよかったのになと思います。
僕はこのLPを持ってない(Rock-In-Beat盤CD-Rは持ってる)し、現物を見たこともないのでライナーがついているのかは不明ですが、裏ジャケの曲目表記とメンバーラインナップのところにレコーディング&リリースデータ、担当楽器と参加曲がしっかり掲載されています。
反面、作曲クレジットが載っていないのですが、レーベル面には記載されてあるのかも知れません。

Rock-In-Beat盤はこのLPをそのままカウンターフィットしたCD-Rで、しかもその割にはけっこう値段が高いといううさんくさい代物ですが、上記のLPはプレス枚数が少なかったようで入手が難しかったので、このCD-Rでとりあえず聴くことができた人が僕だけではないと思うので、肯定はしないが必要悪だという感じでしょうか?

おおよそ録音時期順に収録されており、サウンドの変化やメンバーの流れがわかりやすい編集になっています。
あと、8はイントロでミスった部分をカットしていないバージョンになっています。

また、その後似たような内容のLPがもう一つリリースされています。

Firebeats,INC.(アメリカOrange Doubledome ‎OD-3005)LP `03
このLPはジャケは66年のアルバムとほぼ同じで、内容は上記の「Funny Things」と曲順まで同じ内容で、B面の最後に15を追加した編集盤です。
これについては僕は詳しいことは解りません。


そして、つい最近イギリスの素晴らしいリイシューレーベルrpmから、待望の初CD化がなされました。

a2005.jpg

Firebeats,INC.[Expanded Edition](イギリスrpm Retro 946)CD `14

上記の60's音源全23曲をコンプリート収録&最新リマスタリング、そして詳細なライナーと写真が収録されたブックレット…もう完璧です。
オリジナルLP・未収録シングル・未発表曲23の順に収録されています。
ベースがぐいぐい迫ってくるようなパンチのある、そして丁寧なリマスタリングが施してあり、今まで聴くことができなかった方々にがんがん聴きまくっていただきたい!
僕は今日(4/23)までで元を取って有り余るくらい聴きまくりました(笑

一つ問題があるとすれば、メンバーチェンジ過渡期のレコーディング曲の表記が上記の「Funny Things」と一致しない部分があることや、写真によってメンバーの表記が入れ違っているものがあること、そしてカバー曲の23の作曲クレジットがB.Borg/B.Borkenhagen作とオリジナル扱いに誤表記されている(実はオリジナルLPもこう間違えて表記してある)ことで、前者の方はどちらが正確なのかにもよるのでともかく、後2者のほうは修正する機会があれば直していただきたいものです。


ふう、やっと書き上げた。
久しぶりにいいリイシューがあったので張り切ってしまいました(笑









このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。