あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
スマートなルックスです
Annaabee-Nox 1966:(LtoR)Ola・Roffe・Hasse・Kenta・Calle

久し振りに広告が出ないうちに更新しました(笑

前回の記事のFirebeatsなんかもそうですが、ここ最近、ずっとCD化を切望していた北欧グループのリイシューが連発したので、妙にやる気になってしまいました。

以前、こんな記事まで書いていますから、今回紹介するAnnaabee-Noxも、数あるスウェディッシュ・ビートのなかでもひときわ異彩を放つ、15年近くCD化を待ち続けたグループです。
シングルを地道に集めようかと悩んだり、本国でひっそり出回っているというブートCDを探したり、彼らにはずいぶん翻弄されたものです(笑
今年のRecord Store Dayの限定プレスという形ではありますが、ついに念願のコンプリートCDがリリースされ、必死でネットを駆け巡って入手しました。

ともあれ、念願のCDをゲットしてからここ数日、Annaabee-Noxヘビロテ中です。
その気になった状態を保ったまま、グループの紹介をしたいと思います。
実は、けっこう前からデータや画像などを細々と集めていたので、わりとすんなり出来上がりました。

前置きが長くなりましたが、本題に入りましょう。


63年2月、Kent Millholt[Kenta](G.Vo)・Rolf Bood[Roffe](G)・Carl-Erik Swartz[Calle](B)の3人でストックホルムで活動開始。
しばらくして、メンバー募集に応募してきたHans Södergren[Hasse](Ds)が加入。
そして、彼らのリハーサル場所だったエステルマルムのユースセンターで、度々顔を合わせていたOla Hammarlundのボーカルに目をつけてアプローチをかけて加入させました。

そして64年1月、正式にこのラインナップで演奏を始めました。

当初、Snuffs・Sparklingなどのグループ名でしたが、最終的にAnnaabee-Noxに決定。
どう言う経緯でこのような奇妙なグループ名になったのかは謎ですが、とにかく他のグループと違う感じにしたかったんでしょうね。
ちなみに彼ら自身、この変なグループ名を気に入っていたわけではなかったそうで(笑
でも、確かに最初に見た時のインパクトという意味では成功していると思います。

同じスウェーデンのShanesやNamelosersのごとき眼が隠れるほどのロングヘア、スマートなファッションと言動、そしてその奇妙なグループ名をたずさえて、WhoやYardbirdsのカバーを演奏していた彼らは、またたく間にストックホルムエリアに知れ渡ったのでした。

スウェディッシュR&Bグループらしい初期
Annaabee-Nox 1965:(LtoR)Hasse・Ola・Kenta・Calle・Roffe

65年にはEMI Columbiaと契約し、同年8月にシングルデビュー。
そして、シングルのプロモーションのため、Shanesらとのパッケージツアーで国内を駆け巡りました。

Annaabee-Noxを評する文章のほとんどに出てくる「Funny」という言葉の通り、まだデビューしたばかりの新人グループの自分たちを目立たせるため、彼らはレインボーカラーの衣装でステージに立ったり、グループ名に負けない風変わりな格好で演奏をしていました。

最強なのは、ある日のステージでベビー服を来たKentaがベビーカーに乗せられて登場し、「Baby Sittin' Boogie」という曲の演奏中におまるに座っておしっこをする真似をしたあと、最後におまるに入ったニセのおしっこ(事前に作って入れてあった)をOlaの頭にぶっ掛けたというエピソードで、後々まで語り草になったのは言うまでもありません(笑

日本人の悪ガキ的なニックネームを持つKenta、わりとイケメンではあるものの何かやらかしそうな目をしていますよね(笑
そう、楽しそうなオモチャを見つけた猫の目のような(笑
赤ちゃん姿の写真とか残ってないのかな(笑

当時、彼らはこういったエキセントリックなステージングを繰り返していたので、パッケージツアーにAnnaabee-Noxと組まされたグループは、彼らの出演後にステージに立つのを嫌がったそうです。
ま、そりゃあそうだろうな(笑

彼らのやらかしたステージは新聞などに書き立てられ、話題にはなったしメンバーはそのことには満足していたそうですが、残念ながらレコードセールスには結びつかず、レコードがチャートを登ることはありませんでした。

66年、そういった事に疲れを感じてCalleが脱退し、Ulf Åslund[Uffe](B)が加入。

67年、マネージメントをTagesが所属するプロダクションに変更。
シングル用にTommy-Göranが書き下ろした曲を提供されたりもしましたが、この移籍は成功したとは言い難いものになりました。

この新しいマネージメントは、なんと彼らにディナーショーをセッティングし、それが嫌で仕方がなかったOlaはリハーサルを拒否。
ただでさえ20代の若いグループにディナーショーをやらせること自体に疑問を禁じえないのに、それまで前述のようなエキセントリックなステージングを行っていたAnnaabee-Noxにそれをやらせようなんて、たちの悪いジョークとしか言いようがありません。
おそらく、あくまでもディナーショー的なステージングを強要されたんでしょうね。
Olaが嫌がったのも無理もありませんし、他の4人も本音を言えばやりたくなかっただろうと思います。

このことが原因でOlaが解雇され、Kentaがボーカル専任にチェンジし、Björn Widing(G)が加入。

サイケ期ラインナップ
Annaabee-Nox 1967:(左端から時計回りに)Roffe・Björn・Kenta・Uffe・Hasse

68年に入ると、フラワームーヴメントの影響を受けたサイケポップをシングルでリリース。
今までで最も完成度の高い楽曲になったものの、やはりレコードセールスは思わしくなくこの試みも失敗に終わり、失意のうちにグループは解散しました。

65~68年の活動期間中、彼らは大きな成功を収めることはできませんでしたが、そのエキセントリックなステージと共に、カルトな人気を獲得して行ったのでした。

僕もそのカルトなファンの一人です(笑








Annaabee-Noxは、65~68年の間に7枚のシングルと雑誌の付録のフレクシディスクに1曲、全15曲を残しています。
もともとロングヘアをなびかせてWhoやYardbirdsなどのカバーをやっていたので、基本的にはNamelosersやFriendsの同系統のR&B系のグループで、66年まではその傾向が顕著です。
ただ、それらのグループと比べると、演奏のリズム感に若干ズレのようなものがあり、何気にもっさり感があるのが彼らの個性でしょうか?
67年にマネージメントを変えた後は、プロダクションの指示でディナーショーをやるはめになったせいか、それに見合ったソフトな曲が主流になっていきます。


1,Where Have You Been(H.Gunter)
2,Move It Baby(H.Pattison) EMI Columbia DS2276 `65
3,I'm Not Talking (M.Allison)
4,My Baby Don't Care(S.Herring) DS2290
5,Jump Right Down(F.Thokon-F.Akon)
6,The Kids Are Alright(P.Townshend) DS2304 `66
7,Don't Turn Your Back On Me, Babe(J.DeShannon)
8,Trollop's(K.Millholt) DS2323
9,Ain't Gonna Let You Be(F.Thokon-F.Akon)
10,Silverspoon(S.Linzer-D.Randell) DS2348 `67
11,Corinne, Corinna(Trad)
12,Playboy On The Run(T.Blom-G.Lagerberg) DS2367
13,Anna Be Nice(C.Dieden-B.Palmers)
14,Always On My Mind(K.Millholt-B.Widing) DS2388 `68

15,Bo Bo Boggie Pack(K.Millholt) Bildjournalen flexi SHOL704 `66


それでは各曲について簡単に。
1&2は65年のデビューシングルで、それぞれArthur AlexanderとSimon Scottのカバー。
デビューシングルらしい素朴な感じです。
3&4は2ndシングルで、3はステージでよく演奏していたYardbirdsバージョンのカバーで、やはりこのグループの本質がよく出ていると思います。
4はGantsのカバーで、ワイルドではありませんがビート感もバッチリだしなかなかいいと思います。
5&6は中古で比較的出回るので、彼らのシングルの中では売れたほうなんじゃないかと思われる66年の3rdシングルで、5は彼らのプロデューサーのAnders Henriksson作(F.Akonが彼の変名)のややほの暗いトーンのビートポップで、6は3と同じくステージでよく演奏していたWhoのカバーで、ソロでガンガンにフィードバックさせてるし、いい感じになりにくいWhoのカバーとしてはなかなかのできばえだと思います。
7&8は66年の4thシングルで、7はJackie DeShannonのメッチャかっこいい曲のカバーで、その選曲センスとミディアムテンポにしてバリバリのファズをフューチャーしているのが彼ららしいです。
8はKentaのオリジナル曲で、ポップなR&Bほんのりビートという感じで、最後に秘かにやらかしていて笑ってしまいます(笑

9&10は67年の5thシングルで、このあたりから楽曲・アレンジがかなりソフトになって行きます。
9は5と同じくAnders Henriksson作で、EMI系列のグループの多くのプロデュースを手がけていただけあって、ビートグループに提供する曲というのをよく解っているなと感心してしまいます。
シタールっぽい音色のギター(多分12弦ギターの変則チューニング)が心地よい、後半期の楽曲の中でも出色のできばえです。
10はUSガールグループToysの曲で、まるで後期のHep Starsな甘口のサウンドで、はっきり言って彼らには似合わないです。
11&12は67年の6thシングルで、ここからKentaがリードボーカルを担当しています。
11は件のディナーショーやらせたかったのか、有名曲をかなり甘口のアレンジにしてあり、これも彼らには全然似合ってないと思います。
12はTagesのTommy-Göranの書き下ろし提供曲で、楽曲自体はTagesらしいできばえなものの、10や11のような素朴で甘口のアレンジにしてしまっているのでそのよさが半減してしまっています。
グループのみで演奏したらもっといいものになったと思うので残念。
13&14は68年の彼らのラストシングルで、2曲ともサイケなアプローチに挑んでいます。
13はレーベルメイトのScience PoptionのClaes Diedenの提供曲で、彼らのグループ名をうまくもじったタイトルが面白い、イントロからハアハア言ってていかがわしいことこの上ない(笑)サイケポップ。
14はKentaと新加入のBjörnとの共作で、タイトルがほのめかすごとくのドリーミーなサイケポップで、こっちの方をA面にした方がよかったんじゃないかと思います。

最後に15は66年に雑誌の付録のフレクシディスクに収録された、ファズギターをフューチャーした彼らの作品の中で最もハードなR&Bビートで、現在では彼らの曲で最もよく知られている曲だと思います。

以上15曲が公式録音曲で、今まではオムニバスで6・13~15が聴ける程度で、なかなかまとまって聴くことは難しかったのですが、去年不意にmp3でDL販売されるようになって全曲を聴くことが可能になりました。
さらに、今年のRecord Store Day用に限定でCDでリリースされて、初の単独CD化となりました。

念願のリイシュー

Complete 1965-1968 (スウェーデンAllatiders ATSPOPCD-102)`14

上記の1~15全曲を同じ曲順で収録されています。
ジャケットの彼らは、前述のレインボーカラーの衣装を着ているものと思われます。
Uffe在籍とRoffeのヤクザヒゲと髪型から推測するとおそらく67年前半期で、左からOla・Uffe・Kenta・Hasse・Roffe。

mp3でも購入できるとはいえ、できれば限定ではなくレギュラープレスでリリースして欲しかったというのが本音ですが、もうCD化を半ば諦めかけていたところだったので、リリースされただけでも嬉しいです。
CDで欲しい方はお急ぎ下さい。

余談ですが、彼らはラジオ用にスタジオライブをレコーディングしているようで、詳細は不明ですが以下の6曲が残されています。

The Kids Are Alright
I'm Mad Again
My Baby Don't Care
Baby Sittin' Boogie
I'm Not Talking
Don't Turn Your Back On Me, Babe

件の「Baby Sittin' Boogie」もある(笑
これも合わせてフルコンプリートでリイシューしてくれれば嬉しいんですが。


あと、当時のエキセントリックなステージも見てみたいので、映像も発掘して欲しいところです。



このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。