あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

(with Alexander Dubček in 1968)

12/30 「Modlitba Pro Martu(マルタの祈り)」についての記述を大幅修正


今回は、最近またネット上で名前をチラホラ見かけるようになった、チェコスロバキアでは特別な存在であるMarta Kubišováについて書きたいと思います。
ただ、彼女はすでに日本でも割とよく知られているし、日本語の情報もかなり出回っていますので、今回はちょっと切り口を変えて、60年代に唯一リリースされたアルバムと、「Modlitba Pro Martu(マルタの祈り)」について述べたいと思います。

Marta Kubišováは、63年から活動停止を余儀なくされた70年までの期間に、数多くのシングルや楽曲を残していますが、ソロ名義でのオリジナルアルバムは69年にリリースされた「Songy A Balady」のみです。

a2043.jpg
(左がオリジナル・右がBonton盤CD)


Songy A Balady (チェコBonton 71 0391-2)`96 (同Supraphon SU6076-2 Disc 6)6CD-Box`12

1.Hej, Jude
2.Proudy
3.Dobrodružství S Bohem Panem
4.Tak Dej Se K Nám A Projdem Svět
5.Modlitba Pro Martu

6.Magdalena
7.Ring-O-Ding
8.Mama
9.Ne
10.Balada O Kornetovi A Dívce
11.Všechny Bolesti Utiší Láska

Bonus Tracks
12.Modlitba Pro Martu (68年8月録音)
13.Kdo Ti Radu Dá *
14.Zlý Dlouhý Půst *
15.Tvé Jméno Jan - Pocta Janu Patočkovi *78年録音

*…Supraphon盤CDのみ

このアルバムは、現在までに96年にBonton、12年にSupraphon(6CD-Box「Zlatá Šedesátá」のDisc 6)の2種がリイシューされています。
また、Bonton盤を輸入して解説と帯をつけた日本盤?も流通していました。

チェコ語の「Song And Ballade」にあたるタイトルを持つこのアルバムは、68~69年にかけてレコーディングされ、69年にSupraphon Gramofonový Klub盤(レコードクラブ会員販売)でリリースされ、70年に入ってから店頭販売もされるようになったのですが、この短い期間に彼女を巡る情勢は激変しており、店頭販売された通常盤は、当局の圧力によって放送禁止にされた5を14に、さらに「No」と言う意味の9を13に差し替えられてしまっています。
もっとも、その差し替えられた通常盤でさえ70年のうちに販売も所持も禁止されてしまったわけですが・・・。
Martaのレコードを広場に集めて割って燃やされ、そうしたくなかった人は地面に埋めて隠したという話が伝わっています。

幸いなのはその差し替えて収録された2曲も素晴らしいできばえだったことで、Supraphon盤CDのボートラとして収録されたのは心憎い処置だと思います。

もちろん、リイシューされたCDはGramofonový Klub盤のオリジナルの収録曲に準拠されています。

リスナーに歌をきちんと伝えるために心を砕いていたというMartaの、活動期間のピークといえる時代にレコーディングされたこのアルバムは、チェコ語を理解できない日本人にさえ、ひしひしと伝わってくるような説得力を持った素晴らしいものです。

もはや単純なカバーとは言えない力強さと説得力を持つ1、「Greensleeves」のカバーの中でも指折りの一品と言える3、パワフルなシンガーとしての資質を堪能できるR&Bの4、深い悲しみを歌い上げる8、当局の正常化を暗に批判したソウルフルな9、シタールとアコースティック12弦ギターの響きが織り成すサイケな10、もっともガールポップ的なスマートな11、そして1のリプライズがフェイドインしてきてアルバムが終わる・・・と言った感じです。

Martaの存在と経歴もさることながら、プラハの春が踏みにじられて行っていた状況に正面から挑んで行ったような、自由への渇望を強く感じさせるこのアルバムは、チェコの国民的財産と言っても過言ではない1枚だといえます。

BontonとSupraphon、どちらのCDがいいかといいますと、これがどちらも良し悪しがあって、単品で購入できて正確にアルバムが収録されているものの、96年盤なので音質が少し落ちるのとジャケがオリジナルと違うのがBonton盤、音質がよくてアルバムに関連した追加ボーナスが多いものの、6CD-Boxを購入しなければならず、アルバムのラストの「Hej, Jude」のリプライズが欠落してしまっているのがSupraphon盤で、どちらかといえば正確にアルバム自体が収録されているBonton盤のほうをお薦めしたいですね。
リプライズを妥協できて、他の曲もたくさん聴いてみたいならば6CD-Boxに行ってもいいかもしれません。






次は、「Hej, Jude」と並んでMartaの最も有名な曲にして、チェコスロバキアの自由化の象徴とも言える「Modlitba Pro Martu(マルタの祈り)」について。
Martaについて語る上で外せないどころか非常に重要な楽曲ですし、日本では様々な情報が交錯しているので詳しく紹介したいと思います。

ワルシャワ条約機構軍の侵略を受けて書かれた曲だと思われている方も多いかもしれませんが、実は侵略を受けた68年8月21日以前に楽曲自体は完成されていました。
17世紀のモラヴィアの神学者の詩をベースに書かれた歌詞と、荘厳な響きを持ったこのバラードは、TVシリーズ番組「Píseň pro Rudolfa III」用に6月には楽曲は完成しており、この番組の主題歌を歌っていたMartaをボーカルに、8月にレコーディングする計画になっていたのです。
奇しくも、この事が幸いして侵略直後に録音・公開することができたわけで、まさに神がかりとしか言いようがない偶然の産物だったのです。
この曲が準備された段階では、まさかのちに国歌のような存在感と大きな影響力を持つ事になるとは夢にも思っていなかったんじゃないかと思います。

この曲には少なくとも4つのバージョンが存在します。
Ver.1:68年8月23~24日録音 …①②
Ver.2:9月16日録音(シングルVer) …②③収録
Ver.3:12月録音(アルバムVer) …①②その他収録
Ver.4:78年録音 …④収録

ワルシャワ機構軍侵略直後、「Píseň pro Rudolfa III」の関連スタッフと共に急遽スタジオに駆け込んで録音されたのが,まさにオリジナルと言えるVer.1で、Martaを含めた4人で演奏(ボーカル・オルガン・ピアノ・パーカッション)された非常にシンプルな構成の録音で、このマスターをカセットテープにダビングして、これをMarta自身がジーンズのポケットに入れて持ち歩いて、ラジオ局に出向いて流してもらっては返してもらっていたそうで、当時チェコスロバキアの人々を励ましたのはまさにこのVer.1だったのです。

元々歌うことに対して非常に真摯だったうえに、侵略時に自分は何をすればいいのかもがいていたと言うMartaのボーカルの熱気と生々しさには圧倒されるものがあり、4つのバージョンの中でも格別の魅力を感じます。
僕はこのバージョンがいちばん好きです。

ちなみに、このVer.1でJuventusのKarel Černoch(彼も「Rudolfa III」のシンガーだったので呼ばれたのかと)がスネアとハイハットを叩いており、シンガー・ギタリストであってもドラマーではない彼が、出来る限りのプレイをしているところからも、録音時の緊張感や切実さを感じてしまいます。

Ver.2はシングルバージョンで、このバージョンが最も重厚なプロダクションが施されており、演奏時間も最も長いです。
このバージョンでもMartaのボーカルは素晴らしく、Ver.1と並ぶできばえだと思いますが、アレンジが重すぎるきらいもあります。
クレジットによるとチェコ国営TVがライセンスを所有しているようで、元々TV番組用に録音されたものを、そのままシングルとして流用したようです。
重厚なアレンジにしたのはそのせいかもしれません。
いずれにせよ、国営TVとSupraphonの行動の速さを垣間見せ、まだこの時点では国民はあきらめずに戦っていたことがよくわかりますね。

Ver.3はアルバム「Songy A Balady」用に新たに録音されたもので、コンピレーションなどに収録されているのはほとんどこれで、現在一般的に最もよく知られているバージョンです。
シングル用のVer.2よりもオリジナルのVer.1に近いアレンジで、長さもVer.2よりも1分くらい短いです。

Ver.4は、78年にスウェーデンでリリースされたチェコスロバキアのシンガーのオムニバス「Zakázaní Zpěváci Druhé Kultury」に収録されたもので、ワンコーラスのみの41秒という短さで、Martaの自宅に機材を持ち込んでひっそりと録音したという事情から決して音質も良くありませんが、8年ものギャップを感じさせない力強いボーカルを聴くことができます。
ちなみにこの自宅録音時に、フォークシンガーのJaroslav Hutkaのギターをバックにモラヴィアのトラッドを5曲レコーディングしており、これらもこのオムニバスに一緒に収録されています。

この4つのバージョンが収録されているのは以下のCDです。

a2044.jpg
(左から②③④)

①Songy A Balady Bonton盤
②Zlatá Šedesátá
(6cd-Box)Disc 6 Supraphon盤
③Modlitba/Singly 4(Bonton 493168 2)`99
④Tajga Blues/Singly 5(Bonton 498860 2)(2CD)`00

③と④は入手が難しいですが、①と②は比較的入手し易く、特に②では3つのバージョンが聴けます。
6CD-Boxですが、当時のシングルやLPのスリーヴを模した紙ジャケとフルカラーのライナーの入った薄手のBoxで、価格もそれ程高くなく12年当時購入した時は2300円くらいだったと思います。
④は70年前後の音源や、前述の「Zakázaní Zpěváci Druhé Kultury」収録の6曲全て、ドイツ録音の音源などが収録されています。


次回は個人的にお薦めのコンピレーションを紹介しようと思います。



このページのトップへ

コメント

お久しぶりです♪

グラハムさん、マルタさんの音盤記事、どうもありがとうございます♪

今現在、マルタさんの記事はあのNHKの番組を元にした時代背景的な記事が多くて、ここまで音盤のことを詳しく書いてるところはコチラだけかもと思いますよ~!

貴重な情報ありがとうございます♪
私もマルタさんのCDをコツコツと見つけたいと思います♪

  • 2014/12/29(月) 20:22:33 |
  • URL |
  • もりたん #Rm9jry3M
  • [編集]

もりたんさん、お久し振りです。
早速お越し下さりありがとうございます。

日本ではちょっと感傷的なイメージで捉えられすぎているような気がしますので、もっと彼女のシンガーとしての魅力をまっすぐ見てもらいたいというのが僕の率直な印象です。

CDについて、メール送り返しておきました。
お手すきの時にでも読んでください。

  • 2014/12/30(火) 07:27:11 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]

例の78の録音だったんですね。

78年の録音のものはベスト盤に入っているのを持っているのですがそれにはクレジットもなく今まで由来が解らなかったのですがこれで納得いたしました。ビロード革命のバルコニーのときのアカペラに似た感じで良いですよね。マルタのシングル集は最初のほうからチマチマ買っていたのですが気が付くと廃盤。チェコのものは編集盤が頻繁に出るはすぐ廃盤になるはで、枚数が増えていくわりに聴きたい曲はなかなか聴けず同じ曲がダブる傾向があるので困っています。
 しかし相方のヘレナが正常化時代も来日したり日本語の曲を吹き込んでいたりするのをみるとマルタの活動休止(何もなければGOLDEN KIDSで来日したかもしれないなぁなんて想像してしまいます)が悔やまれてなりません。
 今後も更新楽しみにしております !

さしださん、初めまして。
ちょうど記事の後半を修正していたところだったので驚いてしまいました。
さらに、久し振りにお初の方にコメントいただいて驚いています(笑
お持ちのベストとは2CDの「Singly5」でしょうか?
あれのライナーには詳しい記述はありませんが、Martaのオフィシャルサイトのディスコグラフィーやその他のデータを探索しまくって判明しました。
執念の成果です(笑

チェコ盤、Supraphonの小出し後出し枚数増やしの編集には、僕も常々閉口しています。
これから聴こうという方に、購入のためのある程度の指標になればと思って記事を書いてみたのです。

Golden Kidsも含めた、きちんと整理させたコンプリートを出して欲しいものです。

記事を書くのに莫大な手間をかけていますので、更新はかなりスローで気まぐれですが、気がが向いた時にでもお越しくだされば幸いです。

  • 2014/12/30(火) 15:46:03 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]

お返事ありがとうございます。私の持っているのはベストというか編集盤のSIN SLAVYのシリーズです。Singlyは1,2,4までは買えたのですが.....。先日観たドキュメンタリーでバックにLubos Andrestらしき人ががちらっとうつていたので探してみたら一時ENERGITと活動していたようですね CDは例によってなかなか見つかりそうもないですが...とりあえずいろいろアクセスできるので便利な世の中です。

†さしださん
おお、Sin Slavyですか!
僕はまだ未入手です。
あれにも収録されているんですね。
僕が所有しているのはSingly1-5と記事で紹介した3CD以外のものです。
Singlyはなかなか入手できなかったんですが、ある日某アニメ系中古通販ショップが検索にかかり、5枚とも各200円程度で拾えるという奇跡で入手できました。
3はDiscogsで出品されていますので、購入が可能な環境でしたら良かったら。

  • 2015/01/01(木) 15:08:07 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]

情報ありがとうございました。Singly3オーダーしました。
 ショップには他にも魅力的なものが沢山あり(曲もだいぶダブっているし)MartaのSinglyは後回しにしてしまおうかという いつもの誘惑もありましたが、せっかく教えていただいたということもあり今回こそはとオーダーしました !

†さしださん
この辺はタイミングを逃すと大変ですからね。
欲しいものが多くて悩ましいところですが(笑

チェコからだと1週間くらいで届くと思いますのでお楽しみに♪

  • 2015/01/06(火) 15:47:03 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。