あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ



一つの記事にまとめるつもりだったんですが、思いのほか長くなってしまったので、アルバム関連とコンピレーションを分ける事にしました。

というわけで、こちらではお薦めのコンピレーションを紹介したいと思います。

Martaのコンピレーションは、本国チェコのSupraphonで数種類のコンピレーションがリリースされていますが、その中で聴き方に応じてのお薦め3種を紹介したいと思います。


1.Ne! The Soul Of Marta Kubišová (スペインVampi Soul VAMPI CD 114)`09

a2047.jpg

まず最初に聴くのならこれがダントツお薦めです。
デジパック仕様の25曲収録で、詳細な英文ライナーつき。
クールなジャケとタイトルが象徴しているように、ソフトな楽曲ほぼ外したパワフルな彼女のボーカルを堪能できる、ナイスなコンピレーションです。

60年代ビート/サイケのファンは、意外とガールポップには手を出さない人がいるのですが、これを聴いて衝撃を受けた人はけっこう多いんじゃないでしょうか?
実は僕も、このCDを聴いてはまった口で、気がついたらほぼ全曲揃えていました(笑

「Hej, Jude」や「Modlitba Pro Martu」(2曲ともこのCDには収録されていません)を聴くと、あまりロック的な印象はないと思いますが、このCD聴けば彼女が非常にパワフルでかっこいいロックシンガーでもあることが良くわかります。
また、制作に関わったバック陣が優秀だったようで、全体的にMartaのボーカルをうまく活かしたアレンジ・演奏がなされているのもポイントが高いです。
特に、彼女の歌心が頂点に向かって行った68~70年の楽曲には、力強い説得力を持った素晴らしいものが多いです。

これを聴いて好きになったら、以下の2か3を追加で購入してもいいと思いますし、編集がいいのでこれはこれで持っていていいと思います。

最初にこれを持ってくるとはと心憎い「Tak Dej Se K Nám A Projdem Svět」、Ronettesの「You Came, You Saw, You Conquered」のスマートなカバー「Tvůj Krém, Tvůj Nůž, Tvůj Růženec」、ダークでストロングな「Tajga Blues '69」、ミュージカル「Hair」のオリジナルよりも遥かにかっこいいR&Bアレンジの「Hare Krišna」、すっきりとしたアレンジがメッチャかっこいい「Chci Právo Trubky Mít」、このCDのタイトルとなった「Ne」、「Hare Krišna」とのカップリングでシングルとして70年夏にリリース予定だったものの、直前で中止になって当時日の目を見なかった、パワフルな「Jakoby Nic」、軽快なバックに乗って歌われる「Vrba」などなど、彼女のコンピレーションとして最高の1枚です。


2.Vyznání Zlatá kolekce (チェコSupraphon SU 5817-2)3CD `10

a2049.jpg

観音開きデジパック3CDアンソロジーで、60曲(うち60年代は41曲)収録。
ジャケ写が素敵です。
Disc1&2が60年代の曲、Disc3が90年以後の活動再開後の音源です。
1とのダブりがかなりありますが、もうちょっとひとまとめ聴いてみたい方に。
3CDデジパックとしては支える背表紙が薄くて背が折れやすいのと、楽曲が次代順に並んでいない点が、ちょっと難ありかな。


3.Zlatá Šedesátá (Supraphon SU6076-2)6CD-Box`12

a2050.jpg

しっかりとした厚手の紙製の1.5センチくらいの厚みのBoxに、シングルやアルバムを模した紙ジャケCD6枚とライナーが収録されたセットで。
全125曲収録で、70年までの彼女の録音のかなりを聴くことができます。
60年代の音源では、「Songy A Balady」や1&2収録の音源は全て収録されており、さらに未発表曲も追加されています。
これに収録されていない曲はまだありますが、よほどのこだわりがない限り、これがあればあまりあれこれ買う必要はないと思います。

これも時代順ではなく、それぞれのテーマによって編集されており、チェコの音楽シーンに不慣れな人にはちょっとわかりにくいです。
あと、6枚組・125曲とボリュームがありますので、初っ端に聴くのにはちょっと大変かもしれません。


以上が僕のお薦めコンピレーションです。

他にもいくつかのコンピレーションがありますが、紹介した比較的近年のコンピレーションにほとんど収録されているものや、ベスト・アンソロジーとしては編集の意図が違うものがありますので、ある程度Martaの音源を把握してから手を出したほうがいいと思います。

個人的には、とにかく1と、「Songy A Balady」を聴いてみて欲しいです。
これを聴くだけで、Martaの歌が特別なものであること、民主化の象徴云々以前に、世界レベルで見ても素晴らしいシンガーであることが良くわかると思います。

僕自身、歌を聴いてこれほど熱くなったことはそうはないかもしれません。

Martaに関心を持たれた方々に、ぜひ手に取っていただきたいものです。



このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。