あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

Blackout 1967(L to R:Tadeusz・Mira・Józef・Stanisław・Robert・Krzysztof)


今回は予告通り、ポーランド初のブルースロックグループと言われているBreakoutと、その前身のBlackoutを紹介したいと思います。

65年、ポーランド南部の都市ジェシュフの音楽院で、バイオリンやクラリネットを学んだTadeusz Nalepa(G.Vo)と、63年ごろから彼とデュオで活動していた(そして後年彼と結婚する事になる)Mira Kubasińska(Vo)らで65年に結成されたのがBlackoutで、他のメンバーはAndrzej Zawadzki(G)・Krzysztof Potocki(B.Key)・Józef Hajdasz(Ds)、そして後年Stan Borysという名で知られる事になるStanisław Guzek(Vo)の6人編成。

当時のポーランドでは、自国語のグループ名がほとんどだったので、彼らのように英語でのグループ名は非常に珍しかったそうです。

この頃から、Tadeuszは詩人・小説家のBogdan Loeblとのコンビでオリジナル曲を書き始め、Blackoutのレコーディング曲は全てこのコンビ作でした。

65年のうちにAndrzej Zawadzkiが脱退し、66年からAndrzej Soleckiが参加。
そして今度はKrzysztof Potockiが脱退し、Piotr Nowak(B)・Krzysztof Dłutowski(Key)が加入と、こまごまとメンバーチェンジが相次ぎます。

66年に国営Muzaからシングルデビューし、早速ヒットして人気グループとなりました。
その後もシングル・EPをコンスタントにリリースして行き、67年には唯一のアルバムをリリースしています。

アルバムをリリースした67年にもメンバーチェンジがあり、Piotrが脱退し、Robert Świercz(B)が加入。
しかし、アルバムリリース後にRobertが脱退、Janusz Zieliński(B)が加入…ベーシストが安定しないグループですね(笑

Blackoutは、一般的なポーランドのビートグループと同じく、演歌的な湿っぽさにR&Bの要素を織り込んだサウンドでしたが、共産国のグループとして歌詞にプロテスト的な要素を含ませていたのは特筆すべきことでした。

しかし、同年いっぱいでグループは解散、そして68年に入ってすぐにTadeuszが新たに結成したのがBreakoutでした。

とはいえ、メンバーはBlackoutの最終ラインナップから、ソロで活動する事になったStanisławを外した5人編成で、新結成と言うよりはリフォームと言うか仕切り直しのような感じだったのではと思います。

Jimi Hendrix ExperienceやCreamなどの新しいサウンドに衝撃を受け、それまでのような演歌調R&Bロックに限界を感じたんでしょうね。
実際彼らのスタイルは、アタックの強い演奏を前面に出したブルースロックに変貌しています。
とはいえ、紅一点のMiraのボーカルがあまりブルース的ではないので、あまり重過ぎない絶妙なポップさも含まれているので、一般的なブルースロックが苦手な方でも聴きやすいサウンドなんじゃないかと思います。

早速彼らは、68年2月にMusicoramy festivalで初パフォーマンスを披露。
しかし4月にJanuszが早々に脱退、Michał Muzolf(B)が加入。
Blackout時代からの伝統のベーシストの安定しなさぶりは続き、その後も目まぐるしく交代していく事になります。

6月にはベネルクス(ベルギー、オランダ、ルクセンブルクの3か国の集合)諸国をツアー。
おそらく、この時にRickenbackerやBurnsなどの楽器を購入したようで、ポーランドで最初に西側の機材で演奏したグループとなりました。
当時の映像を見るとRickenbacker360(ナチュラル)とアーム付きの365(ファイヤーグロー)や、BurnsのベースにGretsch(たぶん6120DC)や(これもたぶん)Ludwigのドラムセットなど、高価なギターやベースを使用していますが、よく予算が出たなあ(笑
また、ブルースロックを志向するのに、何故Rickenbackerを選んだんでしょうね?
どこかでブリティッシュビートへの憧れが残っていたんでしょうか?

11月には初の国内ツアーを巡り、「Gdybyś Kochał, Hej!」がTVでクリップで公開され、69年1月~2月にかけてラジオチャートでトップになり、3月にはPronitからシングルとしてリリースされると、順調に活動を展開していきました。
また、シングルと同じ3月に、1stアルバム「Na Drugim Brzegu Tęczy」もPronitからリリース。
このシングルとアルバムをレコーディングしていたと思われる69年初頭?にKrzysztofが脱退、ジャズミュージシャンのWłodzimierz Nahorny(Fl.Sax)が加入。
どうやらレコーディングにはKrzysztofは参加していないようで、Włodzimierzの加入によってジャズロックやプログレ的な要素も持ち合わせるようになりました。

a2052.jpg
Breakout 1969(L to R:Józef・Mira・Michał・Tadeusz)

8月にはグループ恒例(笑)のベース交代劇があり、Michałが脱退してかつてBlackoutに在籍していたPiotr Nowakが加入、しかしそのPiotrも70年初頭にあっけなく脱退、のちにSBBを結成するJózef Skrzekが加入と、半年足らずの間で3人が行き来するという事態になりました。

70年に入ってから、このラインナップで2ndアルバムのレコーディングを行い、2月にMuzaから「70a」をリリース、前作よりブルース度が上がった内容に仕上がりました。

71年の3rdアルバム「Blues」では、その名の通りさらにブルース度を上げた内容で、ここら辺からビート/サイケファンにはきつくなってくると思います。
また、この時期から数年の間、Breakout名義(Tadeuszがボーカル)と、Mira & Breakout名義に分けてリリースされるようになりました。

この頃、グループに共産国ならではの突き上げが襲い掛かってきます。
ポーランドは当時の東欧共産圏の中では、ハンガリーと並んでそういう抑圧のあまりない国だったのですが、それでも我慢ならないほど、彼らの西側チックなスタイルとTadeuszのロングヘアに批判が起こり、彼らの曲がTVやラジオで放送禁止になりました。
でも、70年位だったらNiemenなんかもかなりロングヘアになっていたと思いますし、なぜBreakoutだけが突き上げられたのかと言うと、おそらく彼らの曲の歌詞のプロテスト的な側面に最大の理由があったんじゃないかと思われます。

当初はTadeuszも、当局のありがたいご指摘に全く反省することなく、我が道を突き進んでいたのですが、徐々に突き上げが厳しくなって行ったようで、その後徐々にサウンドスタイルをソフトなものに変えて行かざるを得なくなって行ったようです。

もっとも、比較的寛容だったポーランドだったからこそそれで済んだわけで、旧チェコスロバキアやルーマニアだったら彼は危険な目に会っていたかもしれません。

これ以後の活動については、僕の守備範囲外になるので割愛させていただきますが、82年の解散までに10枚のアルバム(Mira with Breakout名義2枚を含む)を残しています。

ちなみに、グループの中心だったTadeuszは07年、Miraは05年に亡くなっています。







こちらではBlackout /Breakoutの音源と収録CDについて紹介します。

Blackoutは66~67年の間にシングル2枚・EP6枚・アルバム1枚残しています。
ポーランドのグループらしい、Animalsの影響が色濃い湿っぽくて牧歌的なR&Bビートといった感じで、まだTadeuszのソングライティングが弱く、元々のマスタリングがボーカルだけを前面に出して、バックトラック特にリズムセクションの音圧レベルが低すぎるのもあって正直言って地味な印象です。
CDショップの宣伝文句ではフリークビートとまで書いてあることもありますが、はっきり言ってそれはほめ過ぎだと思います。
後年Breakoutと改名して、タイトなサウンドスタイルを確立して行ったのも無理もないという感じで、Breakoutの前身として興味があれば聴いてみては…というスタンスでのお薦めになります。

BlackoutのCDは入手しにくいものも多くて、アルバム未収録のシングル・EP音源を全部聴くのは現状では難しく、実は僕も全曲は聴けていません。

そんな中で、現状で入手しやすいCD2種を紹介します。

a2057.jpg

Blackout /Same(Muza PNCD 147)`13
(World Psychedelia WPC6-8497)`06

1.Pozwólcie Nam Żyć
2.Czy Znasz Ten Zwyczaj
3.Nie Przechodź Obok Mnie
4.Powiedz Swoje Imię
5.Te Bomby Lecą Na Nasz Dom `66ep
6.Gdzie Chcesz Iść `66si
7.Wyspa
8.O Dziewczynie, Psie I Jabłku
9.Jej Nie Ma Tu `67ep
10.Uwierz Mamo
11.Popatrz To Przecież Ja
12.Anna `66si

World Psychedelia盤ボーナストラック

13.Zaśpiewam Ci Tak `67si
14.Studnia Bez Wody `67ep
15.Odejść Stąd `67ep
16.Moje Srebro To Głos Gitary `66ep
17.Ktoś Wziął Mi `67ep
18.Płomienie   `66radio rec
19.Spytaj Moich Oczu `67ep
20.Kolekcjonerzy `67ep

僕はWorld Psychedelia盤しか所有していないのですが、Muza盤はデジパック仕様だそうです。
おそらく基本カウンターフィットのWorld Psychedelia盤よりも、Muza盤の方が音質がいいと思いますが、前者はボートラとしてシングル・EP音源など8曲を追加しているので、極力多く曲を聴きたい方はこちらがいいかなと思います。

素朴なビートポップ2、Breakoutをほうふつとさせるブルースロック3、Animalsっぽいサウンドとプロテスト的な歌詞を持った5、後にBreakoutの1stアルバムで再演されるポップな6、軽快だがほの暗いガールポップな13、「House Of The Rising Sun」をいろいろと拝借した15あたりが聴き所でしょうか?
とにかく、バッキングトラックが引っ込んでいて聴きづらいことと、前面に出しているボーカルが地味でインパクトに欠けるため、あんまり印象に残らないしなかなか曲を憶えられません(笑


そんなわけで、とりあえず聴いて欲しいのはBreakoutの方です。
ここでは69年の1stと70年の2ndのみを取り上げます。

a2053.jpg


Breakout /Na Drugim Brzegu Tęczy(ポーランドMuza PNCD 988)`05

1.Poszłabym Za Tobą (SP-240-A)
2.Nie Ukrywaj - Wszystko Wiem
3.Na Drugim Brzegu Tęczy (SP-240-B)
4.Czy Mnie Jeszcze Pamiętasz(C.Niemen-J.Grań)
5.Wołanie Przez Dunajec
6.Masz Na To Czas
7.Gdybyś Kochał, Hej! (SP-191-A)
8.Powiedzieliśmy Już Wszystko
9.Gdzie Chcesz Iść
10.Po Ten Księżyc Złoty

all songs writtenn by Tadeusz Nalepa,except 4.

Lyrics By J.Grań(1-4.6.7.10),B.Loebl(8-10),M.Gaszyński(5)

このMuza盤CDは、同じ番号でデジパック仕様のものと紙ジャケ仕様のものがあり、僕はデジパックの方を購入しました。
いずれにせよ、この05年盤が最も音質が良くて入手もしやすいと思います。
紙ジャケのほうは不明ですが、デジパックは表面がコーティングされておらず、擦り傷かつきやすいので常にビニールに入れておいた方がいいと思います。
僕は気がつくのに遅れて既に擦り傷があちこちに(涙

1st期は、Jimi Hendrix Experienceをポップにしたようなサウンドで、5人のうち3人がBlackout出身とは思えないほどアタックの強いタイトな演奏に変貌しています。
Tadeuszのファズやワウを使用した、あまりヘヴィではないソリッドなフレージングのギター、Michałのそのもみ上げに負けないぶっとくて跳ねるベース、Mitch Mitchellっぽいスタイルを取り入れてすっかり変貌したJózefのタイトなドカドカドラム、そして表現力を増した全曲でフューチャーされたMiraのボーカル…、僕はこの時期がベストラインナップだと思っています。
Włodzimierzのフルートとサックスは…個人的にはもっと引っ込めるか無い方がよかったかな。

楽曲面でも、Blackout時代よりも格段に良くなっており、1stアルバムには駄曲が全くなく、1曲1曲説明する必要がないくらい完成度が高いです。
Blackout時代よりもボーカルと楽器のアレンジ・バランスが良く、すっきりとして聴きやすくなったのもポイントが高いです。
ポーランドロックのベストなアルバムの1枚だと思います。
ジャケットデザインもなかなかいいですよね。

Blackout時代の曲のリメイク9は、同じ曲とは思えないほどソリッドな仕上がりで、オリジナルよりダントツかっこよく、アレンジと演奏次第でこれだけ違いが出るという好例と言えます。

「同じ曲とは思えない」といえば、Czesław Niemen作の4で、Niemenバージョンと聴き比べるとあまりの曲調の違いで別の曲かと思ってしまうほどです。
そのせいかTadeusz作とミスクレジットされている盤もあります。
個人的にはBreakoutバージョンの方が好きかな。

このアルバムからは2枚シングルカットされていますが、SP-191の方のB面曲「Za Siódmą Górą」はTadeuszがボーカルのアルバム未収録で、Procol Harumの「A Whiter Shade Of Pale」から着想を得たようなジェントリーなバラードで、個人的にはお気に入りなのですが、「69/70(ポーランドDigton DIG 219)`96」という1stと2ndの2in1CDにしか収録されておらず、現在ではなかなか聴くことができないので、次のリイシューでは1stに追加収録して欲しいものです。

a2054.jpg


次は70年の2ndアルバムを。

a2055.jpg

70a (Muza PNCD 989)`05

1.Skąd Taki Duży Deszcz*
2.Przemijanie
3.Dziwny Weekend (SP-308-B)
4.Taką Drogę*
5.Zapraszamy Na Korridę
6.Piękno*
7.Nie Znasz Jeszcze Życia*
8.Przestroga (SP-308-A)


all songs writtenn by Tadeusz Nalepa

Lyrics By J.Grań(2.3.7.8),B.Loebl(1.4-6.8),M.Gaszyński(6)


こちらも1stと同じく、同じ番号でデジパックと紙ジャケがあります。

ベースがJózef Skrzekに変わり、1stよりもブルース度が増し、Led Zeppelinの影響が顕著になっており、6なんかは「Dazed And Confused」をあからさまに拝借していて苦笑せずにはいられません(笑
全曲Miraがボーカルの前作と変わり、半分の曲でTadeuszがボーカルを取っている(*)のも、ブルース度が増している要因だと思います。
正直、ビート/サイケファンが必聴のアルバムかと言われると微妙なんですが、前作の雰囲気に近い2や、シングル向けに作った感がもろに出たトラッド風味の8がなかなかいいので、余力のある方は手にとって下さればと思います。
いずれにせよ、僕らの守備範囲ではこのアルバムまででいいと思います。

3rdの「Blues」以後は、基本的にはビート/サイケファンには向いていないと思います。
「Blues」は一応購入したんですが、すぐに手放しちゃった(笑

ちなみに、「Blues」のジャケでTadeuszと手を繋いでいるのは、愛息のPiotrです。

a2056.jpg



このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。