あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

New Soulmen 1968

今回は以前書いたBeatmen/Soulmenの記事の続きで、Dežo Ursinyのアートロック期70~73年を紹介したいと思います。

Soulmenのあっけない解散がよほど悔やまれたのか、Dežoは同年夏にまた新グループを結成。
その名も「New Soulmen」(笑
「そのまんまかよ!」と思ってしまいますが、DežoのSoulmenへの執念を感じさせますね。
メンバーはDežo(Vo.G)・Fedor Letňan(B.Vo)・Peter Mráz(Ds)、そして後にModusに参加するJán Lehotský(Key)の4人。
結成してすぐにラジオ用に2曲をレコーディング。
Soulmenよりも少しサイケ度が上がり、フリーキーな印象に変化しています。

しかし、ライヴもしないうちにグループはあっけなく解散。
68年の夏といえば、プラハをソ連の戦車が蹂躙した頃。
当時のチェコスロバキアでは、その影響で無気力になったり鬱になったりする人が続出したそうですが、彼らもまたそうなってしまったそうで、解散と言うよりは自然消滅という感じだったようです。
ただ、New Soulmenでの短い活動は、彼の次のステップへのきっかけになったのは幸いでした。

70年、Dežoは元Blues FiveのJaroslav Filip(Key)と、Marcel Daniš(B)とSoulmen時代の盟友Vlado Mallý(Ds)の4人でProvisoriumを結成。
New Soulmen時代のサイケ路線を発展させたような、R&Bとジャズを根っこに持つアートロック/プログレ路線を展開させていきます。
a2136.jpg

Provisorium 1970 :(LtoR)Vlado・Jaroslav・Dežo・Marcel

しかし、72年6月にSupraphonでのアルバムのレコーディングが決定したものの、その直前にグループは崩壊。
Dežoと残ったJaroslavは、Flamengoにバッキングを依頼してレコーディングを無事完了させ、アルバムは73年にリリースされました。

その後、DežoはProvisoriumとBurčiakというバッキンググループ名を使ってソロとして活動していき、10枚強のアルバムを残し、95年にガンで亡くなっています。

CD紹介はまた後日。



このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。