あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 


Kogudus 1972:(左上から時計回りに)Jüri・Peeter・Toomas・Ants


今回は、70年代初期の旧ソ連時代のエストニアのグループの中でも、個人的にベスト5の一つと思っているKogudusを紹介します。

Kogudusとはエストニア語で「教会」という意味で、71年6月、エストニアの第2都市タルトゥで結成。
オリジナル・メンバーは、タルトゥ大学の学生だったJüri Elken(B.Key.Vo)・Ants Matiisen(Ds.Vo)・Toomas Taul(G.Vo)・Peeter Väljak(Vo.G)の4人で、後年交代したメンバーも含めて、彼らの故郷の南部の港湾都市ペルヌで活動していた3つのグループ、Nemo(Jüri・Toomas)・Syrius(Jüri)・Viking(Peeter)に在籍したメンバーを中心に編成されていました。
彼らはTrafficのように、同じアパートの部屋で共同生活を送りつつ、タルトゥ大学のクラブのパーティーなどで演奏。

そんな彼らの評判を聞いてか、72年5月、ETV(エストニアTV)のスタジオで初のレコーディング。
5月9~11日の3日間にかけて行われたセッションには、元Väntorelのリーダーで、かつてVikingにも在籍していたAndres Valkonenが参加、そしてレコーディングの前日に運悪く40度の高熱を出して演奏できなかったJüri Elkenの代わりに、Andresの弟Jüri Valkonenがベースをプレイし、彼らのオリジナル5曲が収録されました。

また、このセッションが後のU.D.Aの結成を匂わせているのが興味深いところです。

同年6月には、エストニア、そして当時のソ連内で初のオープン会場のフェス、エルヴァ・ソング・フェスティヴァルにFixらと出演し、スタジオ音源に比べて幾分ワイルドなその演奏に聴衆は熱狂しました。

a2157.jpg
Kogudus live in Elva Song Festival 1972

11月にドラムスのAntsが脱退し、彼らの源流の一つNemo、そして一時期Fixにも在籍したValdur Tamm(Ds.Vo)が加入。
73年に入って、演奏面の強化のためかNemo・Vikingに在籍したRao Laidsaar(Key.Vo)が加入。

しかし、74年に入った頃にはメンバー間の音楽性が分かれるようになり、再びETVで録音を残すものの、同年3月に解散。

Peeter VäljakはFixに76年まで在籍し、Kogudusの同僚Jüri ElkenとRao Laidsaar、そしてAndres ValkonenらとU.D.Aを結成しています。

そして2013年6月23日、ヘルシンキの自宅のTVの前で、椅子に座ったまま亡くなっているPeeterを家族が発見。
検死の結果、おそらく7月10日頃に亡くなったのではと言うことです。
62歳の若さでした。






Kogudusは71~74年の4年弱の短い活動期間で、少なくとも6曲の録音を残しています。
彼らのサウンドは、ByrdsとPye後期~RCA初期のKinksを合わせたような、ポップで端整かつ土臭いカントリーロックといった感じで、Kinksの「Preservation Act 1」の好きな方にはかなりおすすめです。
残された録音に比べると、ライヴでは割と荒削りな面もあったようで、前述のフェスでの演奏(以下の5)が8ミリフィルムで撮影され、痛みが目立つものの現存しており、某所で観ることができます。

ちなみに、彼らの機材は当時のソ連内のグループらしいラインナップで、ギター2人は東ドイツ製のMusima Eterna、ベースはMusima Record 1655B、そしてアンプはギターが東ドイツ製のRegentの30W、ベースがブルガリア製の15Wだとか(ドラムスは判明せず)。


1.Ära Süüdista Saatust (P.Väljak) ①②③ `72
2.Puhates Pead (P.Väljak) ①②`72
3.Lihtne (J.Elken) ① `72
4.Leida Iseend (P.Väljak) ① `72
5.Ühiselamu (J.Elken) ①④ `72
6.Sädelev Tüdruk (P.Väljak) ② `74
(①~④…後述する収録されたCD)

1~5は、72年65月9~11日にETVでレコーディングされたもので、前述のとおりJüri Elkenは病気のためセッションに参加しておらず、ゲスト参加のAndres Valkonenの弟Jüriが代わりにベースを弾いています。
病気だから仕方がないとは言え、この自作曲を含むセッションに参加できなかったことを、Jüriは悔やんでいるでしょうね。

1は彼らの代表曲的な存在で、Byrdsの「I'll Feel a Whole Lot Better」をカントリーロックスタイルでやったような曲。
2は、跳ねるピアノと乾いたトーンのギターが味わい深いカントリーロックで、70年代の日本のアイドルの曲っぽさもあります(笑
3はKinksの「Where Are They Now?」をほうふつとさせるメロディの、メロウかつダークな逸品で、ほぼ同時期にこういう楽曲がエストニアでもあったことに驚かされます。
4も3と傾向が近い「Preservation」っぽい曲で、こちらの方がダーク度が高いです。
5は彼らの楽曲の中では珍しいビートグループっぽいもので、ちょっとねじれのある彼らとしてはストレートにかっこいい曲です。
データによると初期に書かれた曲のようです。

最後に、ポップで美しい6は活動末期の74年にレコーディングされたもので、彼らのサウンドを総括したような素晴らしいできばえで、エストニアのビート/サイケのベスト・ソングの一つと言ってもいいと思います。

72年に5曲レコーディングした彼らが、この74年のセッションで1曲しか収録していないとは考えにくく、他にもマテリアルが残っているのではと思うのですが、調べた限りでは判明しませんでした。
またいずれ発掘されるといいな。

これらの曲は以下のCDで聴くことができます。
(全てエストニア盤)

a2158.jpg

①Kogudus / 1972(Not On Lebel /No Number)`13

13年の2月に、Kogudusのメンバーが自主制作でプレスし、友人や関係者に配布して、残りをショップなどで販売したものだそうで、プレス枚数がかなり少ない(たぶん500枚もプレスしていない)ようで、現在ではほとんど入手不可能。 
おそらく結成40周年か何かで記念に作ったものだと思われますが、リリース直後の7月にPeeterが亡くなってしまったので、追悼盤的な雰囲気も合わさってしまいました。
僕はエストニアの某レーベルの関係者につてを当たってもらって、何とか入手できましたが、まさか入手できるとは思っていませんでした。
これに収録されていない6を含めたマテリアルを追加して、改めてリリースして欲しいです。

V.A./Eesti Rocki Lapsepõlv 1966-1976(Hitivabrik ‎HFCD156)`14
エストニアのロックシーンを3CDにまとめた名編集盤。
ソ連内でエストニアだけが、TV・ラジオ局で60年代からロックをレコーディングして残しており、このコンピだけでも60曲も聴くことができます。
このコンピで、Kogudusも3曲聴くことができ、6はこれにしか収録されていません。
日本では全く入荷していないようですが、Paypalさえあればエストニアのショップで割とすんなり買えますし、まだ確保できると思います。
エストニアのシーンをするうえでも必携のコンピなので、いずれ単独の記事で紹介する予定です。

V.A./Biit Piraadid(Rampade Org Ramp001)`06
④V.A./Biitpiraadid 2(Rampade Org Ramp002)`07
この2種のコンピは、前述の②よりもマニアックな内容で、さらに追求したい方向け。
④はともかく、③は既に入手が難しいです。



このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

02月 « 2017年03月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード