あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

Virmalised Early Years:(L to R)Kalju・Paavo・Toivo・Ülo・Toivo Karetnikov


今回は、Optimistidと共にエストニア最古のビート・グループで、そして最も素晴らしいグループの一つといえるVirmalisedを紹介します。

Virmalised(エストニア語で「オーロラ」いう意味)は、タリン第39高校の生徒Toivo Kurmet(Vo.G.Key)を中心に65年の秋に結成、Virmalisedという名義を使うようになったのは66年2月頃だそうです。
結成当初のメンバーは、Toivo・Paavo Soots(G.Vo)・Kalju Oppi(B.Vo)・Toivo Karetnikov(Vo.Tb)、そしてToivoの弟Ülo Kurmet(Ds.Vo)の5人編成。
ÜloはToivoより4歳年下だったので、当時12歳!

当初はラジオ放送で聴いていた、Beatles・Kinksなどの西側のロックを演奏するために始めたそうですが、活動するうちにプロを志すようになり、67年ごろからToivoは自作曲を書き始め、グループは演奏レベルを上げるために練習に励みました。
Toivoの家族は、そんな彼らの活動を応援しサポート、父親はデモの録音やグループの財務を、母方の祖母は彼らの初代マネージャーだったそうです。

結成時期がほぼ同時期のOptimistidとはよく比較されたようで、VirmalisedはBeatles、OptimistidはRolling Stones的…のような、よくある感じで(笑
もっとも、当初は両グループ共に西側の曲のカバーをしていたものの、Virmalisedはすぐにオリジナル曲中心になり、グループとしての評価は彼らの方がダントツ高いです。

68年に入ると、グループは大きな転機を迎えました。
同年4月、エストニア初のビート・フェスがタリンのKosmos Cinemaで開催され、VirmalisedもPoppojad・Kristallidらと出演。
彼らはフェスのトリを務めてカバーとオリジナルを交えて演奏、聴衆を熱狂の渦に巻き込み、Virmalisedの名前は一気に知名度を上げていきました。

しかし同時に、エストニア共産党中央委員会にも、その熱狂の様子が耳に入っていたのでした。

68年夏、自らのグループを結成するためにKaljuが脱退、Kosmos Cinemaでのライヴで共演したKristallidのベーシストで、優れたシンガーとして既に注目を集めていたJaak Joala(Vo.B)が加入。
具体的な記述が見つからないのですが、Toivo Karetnikovもほぼ同時期に脱退しているようです。

68年秋、ミュージカル「Pofibo Revüü」のエディターJüri Linaの手配によって、彼らはエストニアン・ラジオで初のレコーディングを行い、「Üksinda」「Ainult Sul」「Siis Sulle Meenub」の3曲を収録しました。

ToivoとJüriは春には知り合っていたようで、二人は意気投合し行動を共にすることが多くなり、以後Toivoが亡くなるまで…いや、ある意味現在に至るまで親交を保ち続けています。

a2120.jpg
Jüri & Toivo In early spring of 1968,
タリンの市庁舎広場前にて


Virmalisedを語る上で、Jüri Linaは非常に重要な存在なので、簡単ではありますが紹介しておきたいと思います。

JüriはToivoと同じ1949年生まれの、エディター・ジャーナリスト・作家で、68年にToivoと出会って親友同士となって、Virmalisedが解散するまで影に日向に関わって行きました。
その過程で当局に目をつけられてしまい、KGBと激しい対立を繰り返した末、75年にはジャーナリストの活動を禁止され、79年まで夜間監視員として働いて凌いだ後にスウェーデンに亡命。

現在もストックホルムに在住し、作家・ジャーナリスト活動を続けています。
また、Referentレーベルを立ち上げて、VirmalisedとToivoの楽曲のリリースも手がけています。

その経歴でよくわかると思いますが、筋金入りのアンチ・コミュニストで、メールでやり取りした印象では、基本穏やかだがストイックで頑固者でした(笑
もちろん、そうでなければあの厳しい時代を乗り越えることができなかったんだろうなと思います。
メールで、彼はToivoとその音楽をとても愛していて、世界中で彼の音楽が聴かれることを望んでいると言っており、日本の音楽ファンにも彼の曲を聴いて欲しいと言っていたのがとても印象的でした。


68年11月、Jaakが脱退し、Mati Timmermann(B)が加入。
Jaakは以後は基本ソロとして活動して行きますが、Virmalisedの69・70年のレコーディングにも参加しています。

a2121.jpg
Virmalised 1969:(L to R)Mati・Ülo・Paavo・Toivo

69年11月、ToivoはKGBの尋問を受け、以後Virmalisedはコンサートをする場所の制限を受け始めました。
ミュージシャンとしての生命線に手をかけられるようになったToivoは、ソ連当局の圧力に抗うようになりました。

そんな状況に気を揉んだJüriはラトヴィアのリガに飛び、ソ連の国営レーベルМелодияと、Toivoの曲を収録した2枚のEPをリリースする契約を結びましたが、直後に当局から却下されてしまいました。
Jüriはとにかくレコードをリリースさせて、当局にToivoを作曲家として認めさせて、Virmalisedが活動しやすいようにと考えての行動でしたが、土壇場で当局にひっくり返されてしまったわけです。

そして、そのことが仇となり、今度はJüriにも矛先が向かって行くことになりました。

こういった経過のせいか、70年代に入ってからのVirmalisedの資料はとても少なくて、大まかなことしかわからないのですが、わかる範囲で書いて行きます。

ほとぼりが冷めた?72年4月、彼らはETVの番組に出演し、その優れた楽曲と演奏は大きな評判を得ました。

この頃から女性ヴォーカリストを加えており、詳細な時期や同時に在籍していたのかは不明ですが、72~75年の間にSilvi Juhansson(Vo)・Melike Amjärv(Vo)の2人を加入させています。
もしかしたら、ソ連公認グループのVIAっぽい編成にして、当局の監視を和らげたいという思惑もあったのかもしれません。

また同じ頃、一時期ベーシストが不在だったようで、Toivoがベースとキーボードを担当していたようです。

a2122.jpg
Virmalised Early 70`s:(L to R)・Ülo・Toivo・Silvi?・Paavo

この写真でToivoが弾いているのはチェコスロバキア製のJolana Tajfun Bassで、Paavoが弾いているのは東ドイツ製のMusima Eternaです。

73年ごろにÜloが脱退したようで、元Pop-PojadのAnts Kasesalu(Ds)と元ラプラのOmegaのMati Vaarmann(B)が加入。
ToivoとPaavoとの4人編成で、「Suve Hääl」のクリップが製作されています。

75年に公開された映画の1シーンで、Jüriが目をかけていたもう一つのグループMikronidの演奏をバックにSilvi Juhanssonが歌っているのですが、なぜか楽曲がVirmalisedの「Hei,Hei,On Hea,Et Niigi Meil Jääb」で、真相はよくわかりませんが謎の場面です。

おそらく、TV番組や映画のMikronidの場面の曲などの手配はJüriの手際によるものと思われます。

彼がそういう活動を禁止された75年以後、Virmalisedにも創作活動に厳しい制限を加えられたそうで、それ以後に残された楽曲が1曲だけでした。

そして77年、グループは解散しました。

Jüriに続き、エストニアからの移住を余儀なくされたToivoは、79年の秋に海外に住むエストニア人と結婚してスウェーデンに移住。
Jüriと共にVirmalisedのレコードをリリースしたり、創作活動を続けて行きました。

エストニアが再び独立した90年、Toivoは自国に戻ってビジネスを始めましたが、大きなトラブルがあったようで、その後ずっとそのことに悩まされ続けた結果、03年6月にラプラの病院で息を引き取りました。
享年54歳の若さでした。

さらに16年6月、Toivoの弟Üloも亡くなっています。


Read More↓





a2123.jpg
Virmalised Early 70`s:(L to R)Toivo・Melike・Ülo・Paavo

Vilmalisedは、当時のエストニアで絶大な人気を誇っていたようで、Jüri Linaの大きなフォローがあったとは言え、66~75年くらいのエストニアのグループの中でも、最も多くの録音を残しています。
彼らの残した楽曲は、ごく初期のいくつかのカバーを除くほとんどがToivoのオリジナルで、Badfingerに似た感じのポップで味わい深い、美しいメロディを持った作品群は、当時のエストニアのグループでも最高の部類になります。

ここではCD化された音源を中心に紹介して行きます。
クレジットのないものは全てToivo作です。

Vocal
T…Toivo  J…Jaak
Ü…Ülo   S…Silvi
M…Melike

Studio tracks

1968
1.Üksinda ② J/T 
2.Ainult Sul ② J 
3.Siis Sulle Meenub
4.Nii Vaikseks Kõik Jäänud On (E.Enno-T.Kurmet)① Ü 

1~3が記念すべき彼らの初スタジオ・レコーディング。
後年のToivoの曲の味わい深さからすればまだまだつたないが、当時のエストニアのグループで、レコーディング時に全曲オリジナルを持ち込んでくるグループはほとんどいなかったし、2は既に後年の味わい深さを感じさせてくれます。
3は未CD化で詳細不明、僕も未聴です。

4はまた別のセッションで収録したもののようで、エストニアの詩人・児童文学作家のErnst Ennoの詩に、Toivoが曲をつけÜloに歌わせたもので、初期の録音らしい素朴な仕上がりです。

1969
5.Ma Ei Tea, Miks ① J/T
6.Millal Suudan Ma ① J/T
7.Ma Tahan Olla Kindel ② T
8.Ma Tahaks Uskuda Sind ② T
9.Siiski ② J/T
10.Me Jalutame Rannal ② Virmalised

この年くらいまではまだビート・グループ的な要素が強いが、Paavoがファズを導入しており、サウンドに彩りを添えています。
ギターのカッティングが軽快な6、Beatlesハーモニーとファズのユニゾンが心地よい7、ちょっぴりサイケなフィーリングの、個性的な旋律を持つ9、「Rubber Soul」直前くらいの感覚のサウンドで、Paavoのカラフルなギタープレイが素敵な10あたりが良いかなと思います。

1970
11.Taas On Päev ① J
12.Naer ① J

この年からToivoの楽曲が、独自の味わい深さをグッと増してきます。
「Every Little Bit Hurts」のようなトツトツとしたバラードの11、「笑い声」という意味のタイトルからするとあまりにもドラマティックな、初期のToivoの最高作でJaak Joalaの名唱の一つでもある12と粒ぞろいです。
前年からすると録音が激減しているのは、やはりKGB絡みで思うように行かなかったのでしょうか?
Jaakが彼らのセッションに参加するのはこの年まで。

1972
13.300 Aastat Tagasi ① T
14.Tass Teed ① T
15.Jookse! ① T
16.Taaskohtumine ① T
17.Siis On Hilja Öelda Nii ② T
18.Nüüd Ma Tean ② T
19.Praam ② T
20.Hei,Hei,On Hea,Et Niigi Meil Jääb ② S

70年が2曲、そして71年がゼロと、KGBに目をつけられてしまったことで息を潜めざるを得なかったことを伺わせますが、72年はTV番組にも出演したこともあって、一気に曲数が増えました。
また、Toivoの楽曲のクオリティの高さ、そのヴォーカルの表現力を増した味わい深さといい、活動期間中の創作上のピークの時期だったようです。
上昇していくストリングスに乗って、Toivoのコクのあるヴォーカルが重なる、高揚感のある素晴らしい13、マーチのリズムに乗って朗々と歌い上げる14、メロウで美しいメロディにロマンを感じる素晴らしいヴォーカルの16、Toivoのヴォーカルとピアノの掛け合いが素敵な17、Badfingerのバラードをほうふつとさせる、ほの暗くも力強く美しい18、軽快なギターのイントロから一転、メロウで渋い展開で盛り上がって行く19など、何度でも聴ける素晴らしい曲がめじろ押しで参ってしまう(笑
13・18のように、既に60年代に書かれていた曲もありますが、60年代の段階でこうは演奏して歌えなかったんじゃないかと思います。
素晴らしい。

1973
21.Hetki Neid ① T
22.Milleks Sõnu Veel ① T
23.Suve Hääl ① T

Toivoの楽曲でもっとも長く、ドラマティックな展開でアレンジも素晴らしい21、緊迫感のある重い曲調22、Toivoの心優しさをひしひしと感じさせる、曲もヴォーカルも全て素晴らしい、僕が愛して止まない、個人的に彼らの最高傑作の23と、前年の好調をそのまま引っ張っています。
Suve Hääl最高!

a2138.jpg
a2139.jpg
Virmalised from "Suve Hääl" s clip:Toivo & Mati・Paavo・Ants

1974
24.On Hea,Et Niigi Meil Jääb ① S
25.Olla Koos ① S
26.See Meeletu Päev ② M
27.Päev,Mil Täitub See Soov ② M
28.Gina ② T

この頃はSilvi・Melikeにメインで歌わせたかったのか、Toivoのヴォーカル曲が1曲しかなくて残念。
楽曲の印象からすると、彼女たちに歌わせることを前提に書かれているように感じますが、正直Toivoのヴォーカルの味わいとのギャップが激しくて、同じグループとしては聴きづらいかも知れません。
24と20は同じ曲で、なぜか2回録音されています。
25はToivoに歌って欲しかったかな。
27はわりといい感じだと思います。
28のような曲は、Toivoが歌うにはちょっと軽いかも知れないです。

1975
29.Vaikuse Laul ① T
30.Sulle Nüüd ① T
31.Nagu Lootus,Mis Hea ① T
32.Siis Jääb Alles Me Aeg ① T
33.Head Teed! ② M

75年は前年と打って変わってToivoが歌う曲がほとんどを占め、グループとして厳しい時期だったにも関わらず、楽曲のクオリティが高いです。
織り綴って行くようにしっとりと歌われる29、明朗なメロディでリズミカルなピアノが素敵な30、31・32も良いが、心なしかToivoのヴォーカルがいつもより弱い気がします。
33は土臭いサウンドで、Melikeの歌いまわしもなかなか良いと思います。

1976
34.Ahoi! ② T
グループとして最後の録音。
28と同じく、Toivoが歌うにはサウンドが軽い印象です。

不明
35.Ja Nii See Võikski Minna  M
80年にスウェーデンでリリースされたLPのみに収録。72~75年の間の録音? ワウ・ファズをガンガンに効かせた、彼らとしては珍しいハードな音。それでCD化の際に外されたのかも知れません。

Live tracks(全て1968年)

36.I Can`t Let Go (Gorgoni-Taylor)④
37.Friday On My Mind (Young-Vanda)④
38.You Were On My Mind Girl ④
39.Walking On The Beach ④
この4曲は、68年4月にCosmos Cinemaで開催されたフェスの実況録音で、ごった煮感の強いモコモコの音質だが、60年代のライヴ録音としてはましな方だと思います。
てかよく残ってたな(笑
カバーの36・37はわりとストレートなので、取り立ててポイントはありませんが、38・39はToivoのオリジナルで英語詞なのが珍しいですね。
38は当時も好評だったのもうなずける、ヌケのいいポップなビートサウンド。

Demo tracks(録音年不明)

40.Minge Magama[Do You Want To Dance] (Freeman)④
41.Paljasjalgne Munk (W.Scott,Eesti lyric T.Kurmet)③
両方ともカバーで、いかにもデモという感じのいなたい出来ばえ(笑
41の方は原曲を特定できませんでした。


これらの曲は、以下のCDで聴くことができます。

a2124.jpg

①Tund Aega "Virmalistega"(スウェーデン Referent C-002,C-016[リニューアル版])`04/`16
②Tagasivaade: Taaskohtumine "Virmalistega"(スウェーデン Referent C-005)`06

Virmalisedを聴く上で、この2種のCDは欠かすことができません。
この2種で、紹介した41曲のうち33曲を聴くことができ、興味のある方は是非ゲットしていただきたいです。

①のオリジナルの方はすでに廃盤で入手が難しいですが、16年に音源のレストアをしたリニューアル版がリリースされており、そちらは入手可能です。
ただ、11のようにマスターの劣化がある音源を修正してある反面、12のヴォーカル・トラックを切り取って重ね、わざわざシングル→ダブル・トラッキングにしてあったり、リミックスに近い作業を施してある曲が多いので、そう言うことを気にされる方は、C-002の方のオリジナルをゲットしていただけたらと思います。
ただ、オリジナルの方は現在では入手が難しく、あってもけっこう強気の値段で出ることが多いので、以下に紹介するコンピ⑤をゲットするのも一つの手だと思います。

②の方は、まだ本国のショップで在庫があるようですが、こちらもいずれリニューアル版が出るのではと思われますので、本来のマスターの音を確保しておきたい方はお早めに。

V.A./Biit Piraadid (エストニア Rampade Org Ramp001)`06
④V.A./Biit Piraadid 2 (エストニア Rampade Org Ramp002)`07

この2種のコンピは基本マニア向けの内容で、Virmalisedだけでなくエストニア・ビートを追及したい方におすすめしたい内容で、Virmalisedだけで考えると絶対ないといけないというほどではないと思います。

V.A./Eesti 60ndad (エストニアHitivabrik ‎HFCD 070)2CD `02
2枚組で、Disc1はポップシンガーの音源、Disc2はビート・グループの音源が収録されたコンピで、12のオリジナルのシングル・ヴォーカル・トラック・ヴァージョンが収録されています。


最後に、69年にМелодияとリリースする契約をして、後に保護にされたEPについてですが、「Fragmentaarne sümfoonia (The Fragmentary Symphony)」というタイトルのクラシック・スタイルのものだったそうです。
結局当時は日の目を見ることがありませんでしたが、後年Toivoの遺志を継ぐ形でJüriがミュージシャンを集めて製作、15年にReferentからリリースされました。

a2126.jpg


こんなところでしょうか。

彼らは他にも「You Really Got Me」「SGT.Pepper's Lonely Hearts Club Band」、そしてTagesの「In My Dreams」など、数多くのデモ・トラックを残しているようで、それが現存するのかは不明ですが、現存するのならば何らかの形でリリースして欲しいものです。
一度コンプリート・コレクションの体裁で出すのもいいかもしれません。

あと、当時のエストニアを代表するグループとしては、そのヒストリーのデータの欠落があまりにも多い(特に71~77年の間)ので、当時のメンバーを取材して、もうちょっと充実したデータを作って欲しいなと思います。


Finally, while thanks to Jüri Lina!


このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。