あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

第2弾は、Jaak JoalaのキャリアのスタートとなったKristallid、そして残した曲は少ないものの妙にインパクトのあるPop-Pojad・Korallidの3グループです。

それぞれの曲の後についた番号は、以下の4種のコンピに収録されているという意味です。

①Eesti Rocki Lapsepõlv 1966-1976
Eesti 60ndad
③Biit Piraadid
Biit Piraadid 2


*Kristallid

a2159.jpg
Kristallid 1967:(L to R)Olav・Olev・Toivo・Evald・Mati・Anton・Jaak

65年の春、タリン・ミュージック・スクールの生徒らで結成。
当初はSecundoという名義を使用していたが、66年になってからKristallidに変更。

エストニアの国民的シンガー、Jaak Joalaのキャリアのスタートとなったグループとしても知られています。

メンバーはリーダーのOlev Künnap(G.Vo)、そしてÜlo Linnupõld(G)・ Leo Grabe(B.Vo)・Anton Lutt(Ds)・Olav Ehala(Key.Vo)・Jaak Joala(Vo.Fl.B)・Mati Tibar(Sax)・Evald Mölder(Tp)・Vello Roomet(Tp)という9人の大所帯でした。
と言うのも、彼らはソウルミュージックを好んでレパートリーに取り入れており、それで管楽器を固定メンバーにしていたのでした。

程なくしてÜloとLeoが脱退し、Toivo Unt(B)が加入。
67年にToivo Untが脱退した後、Jaakがベースを兼任するようになり、そのことは68年にVirmalisedに加入する時の助けになりました。

67年、ETVのコンテストのインストグループ部門で優勝。
68年4月にはVirmalisedらと共に、タリンのKosmos Cinemaで開催されたエストニア初のビート・フェスに出演。

68年の秋、Jaakが脱退し、Virmalisedに加入。
Jaakと入れ替わるように、Virmalisedを脱退したKalju Oppi(B)が加入。
さらにBoris Lehtlaan(Vo)を加えて活動を継続したものの、徐々に勢いを落として行き、69年に解散。


楽曲について

1.Sa Võisid Olla Päris Kena Tüdruk
[You Must Have Been A Beautiful Baby]①②  `66
2.Sain Laulu Kokku Seada (O.Ehala/P.Peetsalu) ① `66
3.Kui Ainult Kord (M.Tibar) ③
4.Küll Olid Päeval Pikad Rajad (M.Tibar)③
5.Sipelgad (O.Künnap) ③
6.Ma Teen, Mida Võin[I Take What I Want]④
7.Kas Sa Kuuled [Can You Hear Me]④
8.See Kurvaks Teeb[A Girl Like You] ④

DC5バージョンのカバー1に代表されるように、ブラスをバックにしたR&Bのスタイルですが、ストロングなヴォーカリストが在籍しないため、編成からイメージするよりはサウンドは軽いです。
そのせいか、それっぽいカバー群よりも、彼らのオリジナルであるポップな2~5の方が似合っています。
6~8が68年のKosmos Cinemaでの実況録音で、それ以外はスタジオ録音です。
④のブックレットで、14がTroggsのカバーと表記されていますが、Rascalsの間違いです(笑






*Pop-Pojad

a2160.jpg
Pop-Pojad:(左から時計回りに)Joel・Ants・Tiit・Toomas・Heiki

67年結成で、メンバーはJoel Steinfeldt(Vo.G)・Heiki Tark(Vo.B)・Tiit Talmre (Vo)・
Ants Kasealu(Vo.Ds)・Toomas Veenre(Vo.G)の5人編成。
放送局での録音は残していないものの、68年にKosmos Cinemaでのフェスに出演しており、ルックス通りのふてぶてしい演奏を残しています。
69年には兵役のためにやむなく解散し、2年後に退役後にComaという名義で再始動したそうです。
音源は少ないものの、エストニア・ビートを語る上で意外と外せないグループだと思います。
AntsとToomasは、解散したOmega(Tallinn)の再編に参加、さらにAntsは後にVirmalisedに加入しています。


楽曲について

9.Fever ④2-11
10.Kiigelaul (H.Tark) ④2-12
11.For My Women ④2-13
前述どおり、残されたのは68年のKosmos Cinemaでの実況録音のみですが、3曲ともRolling Stonesに影響されたふてぶてしい演奏を繰り広げており、それが活動期間が短く残された音源も少ない彼らに、ただならぬインパクトを感じてしまいます。
もしかして、兵役は当局からの罰だったんじゃ(笑


*Korallid

66年結成の学生グループで、メンバーはHeino Kalling(B.Vo)・Raivo Kureso(G.Vo)・Lembitu Pärna(Ds)・Gunnar Piirmaa(G.Key)・Ülo Krigul(G.Key.Vo)の5人。
同年から学校でのパーティーなどで演奏し、67年には彼らの学校の理事の支援を得ることに成功し、Retakordオルガンやアンプなどを購入できたとか。
基本的にRolling StonesやBeatlesのカバーをメインに演奏していたようですが、その中に僅かながら彼らのオリジナル曲もありました。
70年には、学業に専念するために解散したようですが、妙に印象に残るグループだと言えます。


楽曲について

12.Heart Of Stone ④
13.Mul On Kahju (Ü.Krigul) ④

学生グループで、ライヴの前座を務めていたくらいなので、放送局での録音はありませんが、プライベート録音が残っており、若いグループらしくいなたい演奏ですが、躍動感があって意外といい感じで、メンバーのオリジナル曲13もなかなかいい出来ばえだと思います。
それにしてもよくマスターが現存していたものです(笑



このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。