あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 


第3弾は、70年代初頭に録音を残したフォーク・ロック系グループ、AndromeedaとToonikaを紹介します。。

それぞれの曲の後についた番号は、以下の4種のコンピに収録されているという意味です。

①Eesti Rocki Lapsepõlv 1966-1976
Eesti 60ndad
③Biit Piraadid
Biit Piraadid 2

*Andromeeda
a2170.jpg
Andromeeda 1969:(L toR)Rein・Touri・Peeter・Jaak・Jürgen

66年夏、タリン第7高校の生徒だったPeeter Randma(Vo.G)・Touri Saks(Ds)と、同校の卒業生のKullo Remme(G.B)の3人がビート・ミュージックを演奏するために結成。
Kulloの家に集まって練習を重ね、結婚式のパーティーなどで演奏したり、デモ録音をするようになりました。
当初はBeatles・Rolling Stones・Whoなどのカバーだけを演奏していましたが、67年ごろからオリジナル曲を手がけるようになりました。

67年春、結婚のためKulloが脱退。
新メンバーとして、Jaak Arulaane(B)・Aarne Rüttel(G)が加入。
さらに68年には、グループ念願のキーボードプレイヤーRein Randmets(Key)が加入。
また、この時期に短期間だけ、のちにガール・ポップ・グループLaineに参加する女性シンガーKatrin Kutšševski(Vo)が在籍していました。

69年にはJürgen Vähi(Vo)が加入、この時期のラインナップでETVの番組に初出演しています。
同年、大幅なメンバーチェンジを行ったようで、新たにPeep Mandre(B)・Priit Pedajas(Key)・Mart Ots(Ds)が加入。

70年初頭には、初のラジオ局でのレコーディングを行い、3時間で8曲を収録。

Andromeedaは、とにかくメンバーチェンジの激しいグループだったそうで、8年の活動期間中に40人近くのメンバーが出入りしたとか(笑
特にドラマーの出入りが激しかったそうで、タリン中のドラマーで、Andromeedaでプレイしたことのない人はいないとまで言われたそうです(笑

ちなみに、出入りしたメンバーたちの中にRujaのUrmas Alenderもいて、Ruja結成前の70~71年の間に在籍し、Black Sabbathのカバーを残しているそうです。

その激しいメンバーチェンジは、グループの活動をゆるがせたようで、74年には解散しました。


楽曲について

1.Langeb Lund (P.Mandre-P.Randma) ①③ `70
2.Minu Vanem Vend[He Ain't Heavy,He's My Brother]①② `70
3.Tuul Käib Tühjal Rannal Ringi (P.Randma-E.Enno) ① `72
4.Suhkrust Saab Õnne (P.Saarna) ① `73
5.Eemale Linnakärast (P.Mandre) ③
6.Vesiviiul (P.Randma) ③

Andromeedaは、末期にはChicagoやBlack Sabbathなどのカバーを演奏していたようですが、残された録音ではおおよそハーモニーを活かしたバラードがほとんどで、実際にカバー2を残しているGraham Nash脱退後のHolliesに近い感じで、フォーク・ロック・スタイルのオリジナル曲はなかなか佳曲ぞろいで、他にも録音を残しているようなので、もっと聴いてみたいグループです。







*Toonika
a2171.jpg
Toonika 1971

65年、タリン第42高校の生徒らで結成。
オリジナル・メンバーは、Koit Kaaristu(Vo.B)・Olavi Suurtee(G.Vo)・Jaan Kivisild(G.Vo.B)・Priit Meier(Ds)・Ülle Reino(Vo)・Jaan Abner(Sax)の6人編成で、ほどなくしてPriitが脱退してTõnu Saidermaa(Ds)が加入。
66年内にÜlleとJaan Abnerが脱退、67年にはTõnuとKoitが脱退、Andi Piliste(G)・Jaak Raude(Key)・Heinar Laane(Ds)が加入し、Jaan Kivisildがベースに持ち替えました。

68年にはKoitが復帰するも、Jaan Kivisild・Andi・Heinarが脱退し、Avo Seder(G.Vo)・Toomas Paults(B)・Enn Laidre(Ds.Fl.Vo)が加入。
翌69年、Risto Sikka(Ds)が加入し、Ennはフルート・ヴォーカルのみを担当することになったものの、翌70年にRistoがあっけなく脱退、再びドラムスも兼任することに。

71年には初のレコーディングを行い、少なくとも4曲を残しています。
その後、Jaak・Ennが脱退し、Kuldar Koitlepp(G)・Tõnu Tormis(Fl)、そして当時16歳だったPaap Kõlar(Ds)が加入し、これが最終ラインナップとなり72年に解散しました。

このグループも大した情報がなく、メンバーの動きしかほとんどわかりませんでした。


楽曲について

7.Ühel Varajasel Hommikul[Early One Morning] ①3-14 `71
8.Su Silmade Sära[I Love How You Love Me] ①②3-15 `71
9.Tule(O.Suurtee) ①②3-16 `71
10.Adjeu Sholi Condier ③3-17 `71

彼らの残した録音は甘口のカバーがほとんどで、唯一のオリジナル8は「Cool Jerk」のほぼそのまんま拝借しているわ(演奏事態は悪くない)で正直微妙なのですが、Roger Whittakerのカバー7は、Ennのフルートを活かしたクールなアレンジで、楽曲の渋いチョイスもあって素晴らしいカバーとなっています。

あと、バスドラのグループ名の字体がかっこいいです(笑


このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

02月 « 2017年03月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード