あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ


(真ん中のでかい顔から時計回りに)
Pepe,Arto,Kicke,Hasse(ヒゲ),Kaj,Raul,Kurt,Matti(ヒゲ),Seppo

さて、今回はフィンランドのJormasです。
「よ~るます」(「る」は小さく巻き舌)と読みます。

Jormasは、Jim & The Beatmakers出身のSeppo "Sepi" Keurulainen
(G,Vo)、Raul "Ralle" Wikström (Vo)の2人に、Pertti "Pepe" Willberg
(Vo,G)、Kaj "Kaiju" Wallin(Ba)、 そしてスウェーデン人のKurt "Kurre"
Mattson(Ds)の3人を加えて65年に結成されています。

HMVからのデビューシングル「Mr. Tambourine Man / New Orleans 」リリース
時にはBeatmakers名義でしたが、その後マネージャーの名前‘Jorma'から拝
借してJormasに落ち着いたようです。

Jormasの前期時代(65~66年)はメンバーの入れ替わりが多かったようで、66年に
まずベースのKajが兵役で抜け、Christer "Kicke" Bergholmが加入、次にギター
のSeppoが抜け、後にBlues Section(Wigwamの前身的なグループ)に参加する
Hannes "Hasse" Walli が加入とせわしない状況だったようです。

66年にそれまでのシングル曲に新録3曲(直後に2曲はシングルカットされますが)を
加えて、HMVから1stアルバム「Jormas」をリリース。
アルバム用の曲を収録していた時期にボーカルのRaulが抜け、以後Pepeがボーカル
に専念することに。

さらに追い討ちをかけるようにメンバーの脱退が続きます。
HasseがBlues Section参加のため脱退、さらにドラムスのKurtも脱退し、ついに
PepeとKickeの2人だけになってしまいます。

翌67年、Seppoを呼び戻して、新たに2人のメンバーを加入させ、Pepe(Vo)Kicke
(Ba)Seppo(G,Vo)、そして新メンバーのArto "Mamba" Koskinen(Key)Matti
"Keisari" Oiling(Ds)の5人で活動を続けます。
同年Parlophoneに移籍し、68年に2nd「Sincerely!」をリリースしますが、その後2
枚のシングルを残して解散します。

PepeはWigwamのJim Pembrokeらと並んで、フィンランドのミュージックシーンの
大御所的存在です。
Seppoは81年に亡くなっているようです。


a29.jpg

Saat miehen Rööperiin(フィンランドEMI 7243 535793 2 6)01年

この2枚組CDは、Jormasの全公式曲にTV用の録音と3曲のライブ音源を収録した優れものです。

Disc1(A)の1~8はBeatmakers名義で、1&2はデビューシングル、3~8がTV用の音源で、5~7にはなぜかJim Pembrokeがボーカルで参加しています。
1・2・9~18が1stアルバム収録曲、19&20がシングルオンリー、21~23がライブ音源です。
この1stアルバムは、シンコーのガレージ赤本に掲載されていますが、個人的にはガレージ指向の方にはあんまりお薦め出来ません。
基本的に甘口の内容です。
赤本で紹介されている9も、本当にスピードが速いだけです(笑
オリジナル曲もPepe&Seppo作の12(なかなかいい曲です)のみで、あとは全てカバーというのもなかなかに寂しいものがあります。
しかし、演奏が安定していてまとまりがいいことと、フィンランド語詞でカバーされた曲の新鮮な語感が興味深いです。


フィンランド語カバーの曲、元の曲がさっぱりわからないと思いますので英題をあげておきます。

13、To Make A Big Man Cry
15、God Only Knows
18、One,Two,Three
19、Penny Lane
20、Unchained Melody

全然わかんないですよね(笑

Disc1の個人的お薦めは、割とストレートなカバーですがしっとりとした雰囲気のいい10、オリジナル曲の12、レス・リードの曲なんてと思いきやなかなかいい13、原曲よりちょっと乱雑な演奏がかっこいい14、フィンランド語の語感が絶品に爆笑ものの19あたりでしょうか。

Disc2(B)は後期メンバーでの録音で、1~4・16~19はシングルオンリー、5はファンクラブ用のクリスマスメッセージ片面シングルから、6~15が2nd「Sincerely!」収録曲です。

Disc2のフィンランド語カバーの英題もあげておきます。

1、Here It Comes Again
2、Lovely Rita
3、Hello Goodbye
4、Everybody Knows
18、Against The Wall
19、To Give(The Reason I Live)

しかし、レス・リードの曲(1・4)好きよねー(笑

5のクリスマスメッセージはもちろんフィンランド語で、進行役の女性がインタビューしてメンバーがはっちゃけながら答える他愛のない内容ですが、これのおかげでグループ名の読み方がはっきりわかったので意外とありがたい収録でした(笑
メッセージが終わった後に、翌年発売された「Sincerely!」からのダイジェストが収録されているのも興味深いです。

当時ほとんど売れなかったみたいで現在超レア盤と化している「Sincerely!」、オリジナル曲が5曲(7・9・11~13)に増えています。
インストの7・13はともかく(笑)、Seppo作の9、Pepe作の11・12はシンプルながらポップでちょっとサイケな味わいの佳曲です。
後は6・10(A.オールダム作の方)くらいかなー。

全体に言えることですが、他国の代表的なグループと比べるとオリジナル曲も少なすぎるしちょっと地味ですね。
取り上げたカバー曲もポップ・R&B・からブルースまで、あまりにも五目味すぎて器用貧乏な印象があります
でも、当時のフィンランドの音楽シーンを垣間見るような内容ですし、60年代ビートもの全般好きな方には入手する価値はかなりあると思います。

ただこのCD、日本ではほとんど出回っていないし入荷しない(と言うか存在を知られていない?)ので、入手したい方はその筋の業者に特注して入荷してもらうか、本国または北欧在住の知り合いがいれば頼むかするといいと思います。

僕は後者の方で入手できました。
Pさん、その節はありがとうございました♪
大事にしています♪
とどさくさにまぎれて私信をしつつ終わります(笑

このページのトップへ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2010/01/30(土) 23:00:54 |
  • |
  • #
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。