あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
a40.jpg



・・・風邪を引いてしまいました。
基本的には流行には縁のない男ですが、なぜか風邪に関しては常に最先端を切って
しまいます(笑
ちなみに11月から2回目です(笑
おかげで次回用のShanesの記事が進まない進まない(汗
トランスワールドものは自分自身が資料を追いながら書いている面がありますので、た
だでさえ時間がかかるんですが、こうも頭が重たいとパソに向かうこと自体が重労働で
す(苦笑

と言うわけで、もう1回手抜き更新と言うかサクッと書ける記事を(笑


存在そのものがイギリスといっても過言ではないKinks、激しさの中にほんのりと憂い
が感じられる素晴らしいSmall Faces、粗暴さと繊細さが同居したWho・・・、この非
常に英国的な3グループを愛してやまない方は多いかと思われます。

3グループとも現在ではメジャーな存在ではあるものの、ビートルズ&ストーンズほど
はメジャーではなく、それぞれマニア心をくすぐるサムシング・エルスがあって、非常
に味わい深いものがありますね。


では、みなさんは、この3グループでは何派でしょうか?

非常に悩ましいですが、僕はやはりKinksですね。
素敵に曲者な「世界一のツンデレ英国人」のレイ先生のたたずまいだけでも特別な
ものがありますが、「All Day And All Of The Night」の衝撃や、「Village Green」
への思いいれ、そして他の2グループがある程度聴く時のテンションに左右される面が
あるが、Kinksは基本的にいつ何時でもすっと聴ける事などが理由でしょうか。

トランスワールドものを聴き飽きたとき、聴くものに悩んだとき、だいたい「Kinksにする
か」みたいな感じになります(笑

ある意味、英国1の曲者グループにあるまじき柔軟さです(笑

最近、体調が今ひとつな日々が続いているのですが、音楽マニアの性か、そんな時で
も音楽を求めてしまいます。
と言うわけで、今はもっぱらKinksのパイ中後期ばっかり聴いています。

とは言うものの、他の2グループも突然聴きたくなることが多いので、常に分かりやす
いところに置いてあったりします。

この3グループ、聴き始めてからずいぶん経ちますね。
こうして長く付き合っていける音楽が手元にあるということは、やはり素晴らしいものです。



さて、寝るか(笑


P.S.いたち野郎さん向けに、画像ネタをまた一ひねりしておきました(笑 このページのトップへ

コメント

Grahamさん こんばんは

私は当然DAVE CLARK FIVE派です。

理由は突っ込みどころが満載だからです。
大体、KINKSの10倍くらいはありますね。

お呼びでないコメントでスミマセン・・・

  • 2008/12/10(水) 00:36:42 |
  • URL |
  • POPOSUKE #a..rZEQk
  • [編集]

なんとオグデンズのジャケットまでひっくり返していただけるとは!わざわざありがとうございます(笑)

私も何が何でも三つの中ではキンクスですが、意外とずっとマジメに聴いてないのがThe Whoです。写真のファーストは特に好きな一枚ですし、単体で好きな曲も多いんですが、後年のマッチョな雰囲気が少し苦手です。そんな中ジョンは冷ややかで好きで、額に入れて飾りたいくらいです(笑) Small Facesは皆ヘラヘラした感じで、やっぱりこれもいいですね。オグデンズもやはり大好きな一枚です。

  • 2008/12/10(水) 02:38:38 |
  • URL |
  • いたち野郎 #ZpAXj7wg
  • [編集]

>POPOSUKEさん
そう来るとは思いませんでした。
お呼びでないことはありませんが、どう突っ込んでいいのか分かりません(笑

>いたち野郎さん
ひっくり返したのは僕ではなく、かつての東芝音工です(笑
画像を少し拡大できるようにしました。
これは当時(71年だそうで)日本で出たOgdensのジャケのコピーなんです。
オリジナルのジャケの内側のイラストを表にして、余った四隅にメンバーの写真を入れてアルバム名を入れただけの、Ogdens最強の珍品です。
たぶん、オリジナルの凝ったジャケを採用できるほど売り上げが見込めなかったんでしょうね。
事実、現在ではメガレア盤で、僕は現物を2回しか見たことがありません。

あ、僕もWhoはNext以後はちょっときついです。
ジョンはいつの時代でもジョンですよね(笑

  • 2008/12/10(水) 05:53:14 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]

いつも「ファファファファーファ、ファーファーファー」と鼻歌を歌っている男なので、No.1は迷うことなくKinksなのですが、Small FacesとWhoは迷います。

アルバム単位ではWhoだけど、個々の曲ではSmall Facesだし…とかね。

それにしてもKinksに対する
>>英国1の曲者グループにあるまじき柔軟さ
というGrahamさんの指摘は面白い!

本当に、どんな気分の時にもマッチする曲が必ず見つかるKinksの柔軟さって、これビートルズ、ストーンズ含めた5大バンドの中でもピカイチなんじゃないでしょうかねぇ。


ところでGrahamさん、今さらですが、こちらからリンクさせていただいてもよろしいでしょうか?
なんか、最初の当方への登場の仕方が、とっても「ひっそり」だったもので、余りリンクとかして人目に触れさすの失礼かなと思って、これまでお声をかけられずにいたものですから。

  • 2008/12/10(水) 19:02:23 |
  • URL |
  • Pandaboy #FKuxOQi.
  • [編集]

あ、なるほど!拡大版を見てみると、四隅にメンバーの顔が…国内盤のジャケ、僕はてっきり円形で再現したもに、メンバー写真の台紙をつけたのかと思っていたんですが、なんと一枚ものだったとは(笑) これまた貴重な情報です。もしリサイクル屋で100円で売ってたら迷わず買えるので(爆)
台紙というと、XTCの円形ジャケアルバムに、国内盤は変な台紙をつけていたような記憶があります。

Whoのファーストも、国内盤オリジナルはメガレアですよね。ジャケは他のアーティストでも使いまわしていた最悪の珍品ですが(笑)

  • 2008/12/11(木) 02:52:43 |
  • URL |
  • いたち野郎 #ZpAXj7wg
  • [編集]

Grahamさん おはようございます

>どう突っ込んでいいのか分かりません(笑

私のコメントに深い意味などありませんので気にしないで下さい(笑)

今度は少し真面目にコメントしますが、私ならこの中では圧倒的にSMALL FACESです。

SMALL FACESはハズレの作品が極めて少ないと思います。
あと、見た目的にも良いですからね(笑)

当然、他の二つのグループも良いのですが、
活動期間が長い分、ハズレの作品もありますからね。
ルックス面については敢えて触れません(笑)

近年、皆様が大絶賛されているKINKSは、私の中では永遠のB級グループです。
これは褒め言葉です。悪い意味ではありません、念の為。

きっと、私のKINKSに対する印象は、私がKINKSを聴き始めた時の状況が影響しているのだと思います。
80年代中頃から後半にかけては、今のように若い方が大絶賛していた、という事実はどこを探してもありませんでしたからね。
私も含めて(苦笑)
ですから、今の状況は驚きです。
勿論、いい意味ですけど(笑)
私の同世代の方なら理解して頂けると思いますが・・・

  • 2008/12/11(木) 07:08:01 |
  • URL |
  • POPOSUKE #a..rZEQk
  • [編集]

>Pandaboyさん
あはは、「俺には聞くまでもないだろ?」って感じですね(笑
ちなみに僕は「ろーずまりーろーず♪」でしょうか(笑

でも、悩ましいのは悩ましいですよね。

Kinksは歌心にあふれていますからね、どんな気分にも対応できちゃいますね。
少なくともストーンズには勝っていると思います。
ビートルズはやっぱり手ごわいですねー。
負けてはいませんけどね(笑

>リンク
なんだ、両想いだったんですね(笑
わたし、うれしいわ(吐
確かにひっそりと登場しましたが、リンクもひっそりと一番下から二番目くらいに入れてくださればと思います(笑

では、こちらも入れさせていただきますね♪


>いたち野郎さん
ブートレガーも真っ青の胡散臭さですよね(笑
ちなみに裏は黒地に白抜き文字で60年代東芝盤的なライナーになっています。
ジャケだけでいいから欲しいですね。
誰かくれんかのう(笑

マイジェネの国内初盤、メガレアでもあんまり欲望をそそられませんね(笑
Whoの国内オリ盤はピートが写っていない「I'm A Boy」といい、微妙なものが多いですよね(笑

  • 2008/12/11(木) 07:19:16 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]

>POPOSUKEさん
絶妙なニアミスでおはようございます(笑

やはりPOPOSUKEさんはSmall Facesでしたか。
僕はSmall Facesは2番目ですね。
個人的にKinksへの思い入れがあまりにも大きいので・・・。

でも、R&Bな気分の時は最強ですね。
全時代(といっても4年弱ですが)かっこいいですからね♪

僕もほぼ同世代ですので、当時の状況はよく分かります。
孤独でした(涙
ネットもなかったですからね・・・。

  • 2008/12/11(木) 07:26:33 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]

はじめまして!

私はスモール・フェイセス派でお願いします。マリオットが大好きなのです。あんなイカしたソウルフル・シャウターは他にいませんよ。一貫したスタイルもカッコイイし、魂を震えさせるという点では他のWHOやKINKSでは太刀打ちできないと信じていますあっもちろんWHOもKINKSも大好きですよ。これからもちょくちょく遊びに来ます。

  • 2008/12/13(土) 00:17:27 |
  • URL |
  • おいどん #mMgziZAk
  • [編集]

>おいどんさん
ようこそお越しやすぅです(笑
おいどんさんの一票で、Small Facesが迫ってきました。
魂をゆらす・・・僕のイメージでは「Things Are Going To Get Better」ですね。
初めて聴いた当時、メッチャ興奮したものです。
ちなみに19~20歳の頃、髪型はマリオット・ウィグでした(笑
なかなか注文どおりに切ってもらえなくて、よく泣かされましたが(笑
一度は耳の手前のもみ上げにかぶさる部分をいきなりばっさり切られてのび太クンにされてしまい、美容院で暴れたことがあります(笑

非常に気まぐれで、やたら寄り道をするブログですが、またひっそりとお越しくださいませ♪

  • 2008/12/13(土) 06:54:56 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]

グラハムさん、こんにちは!
風邪のほう、どうですか??
私も風邪ひいて、もう2週間くらい治りません(爆)

そしてこの3バンド。
う~ん、悩む(笑)

でも私は「キンクス」に1票入れときます(^^ゞ
やっぱりヴィレッジグリーン&1幕&2幕が大好きなので。

私の場合、フーとスモールフェイセスは同じくらい好きな位置にいます。
それよりも好きなのがキンクス、
そして「好き」というよりも
「影響を大きく受けたので基本中の基本」
となってるのがビートルズかな。

ビートルズの曲をふんだんに使ったロックミュージカル映画の
「アクロス・ザ・ユニバース」のDVDが
ようやくレンタルに並んだみたいなので
借りてこようかと思ってマス♪
(あ、話それてスミマセンw)

  • 2008/12/14(日) 12:34:19 |
  • URL |
  • もりたん #ZA9zVw0U
  • [編集]

>もりたんさん
こんばんわー。
風邪・・・落ち着いたと思ったらまた咳き込むを繰り返しています(汗

予想以上にKinks強し(笑
レイ先生のモヘモヘのボーカルのどこにそんな強さが(笑

Village Greenのようなアルバムを、68年と言う時代にリリースした大胆さとひねくれぶりに乾杯ですね(笑

ビートルズは、やはり基本でありながら異端、ちょっと単純に比較できない存在ですよね。

聴くものに迷ったときに聴く中に、White Albumもあったりします。

  • 2008/12/14(日) 19:15:52 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。