あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ


記念すべき北欧第10弾は、個人的にお気に入りのT-Boonesを、後身と言える
Baby Grandmothersと共に紹介したいと思います。

T-Boonesはシングル3枚しかリリースしておらず、単独でのCD化が難しいので
すが、スウェーデンのR&B系グループらしい爆発直前で抑制されたようなサウン
ドが魅力的で、いくつかの編集盤に収録されている曲を拾い集めて聴く価値のあ
るグループです。

65年にPolydorからシングル「At The Club / King Of The Orient」でデビュー。
メンバーは
Kjell Lagerström (Vo,G)
Göran Malmberg (B)
Sten Gran[Steve Grahn] (Hm)
Pelle Ekman (Ds)
Kenny Håkansson (G)
の5人。

67年にBaby Grandmothersに移行するまでに、Polydorで2枚とDeccaで1枚の
シングルをリリースしています。

1、At The Club (K.Lagerström)
2、King Of The Orient (K.Lagerström-Steve Grahn) Polydor HN10982 `65
3、Don't You Ever Leave Me (K.Lagerström?)
4、What A Feeling (K.Lagerström) Polydor HN59712 `66
5、I Want You (G.Bond-G.Baker-J.Blues-D.H.Smith)
6、Mr.James (J.Mayall) Decca F44533 `67(画像)

1&2は彼らの最も知られた曲で、特に1はスウェディッシュ・ビート屈指の名曲の一
つです。
Kjellの節回し、バックのあえて抑制をかけたような演奏共に絶妙で、ガレージマニ
アでなくても「Cool!」と叫んでしまいそうです(笑
彼らもそうですが、スウェーデンのR&B系グループはStones以上Prettys以下くらい
の抑制&爆発度を持っていて、この1&2もその黄金率(笑)です。
3は一転してカントリー調のプレスリーみたいな曲で、個人的には今ひとつかな。
B面の4はBeatlesとStonesのいいとこ取りをしたようなポップなR&Bビートで、こっち
をA面にした方が良かったんじゃないかな?と思ってしまいます。

それにしても、シングルを年1枚じゃあメンバーの生活は大変だったのでは?
しかも、アメリカよりもはるかに人口の少ないスウェーデンですから、仮にヒットしても
年1枚じゃとてもねー。
おそらくもっぱらライブサーキットでしのいでいたんだと思います。

その辺もあってか徐々にメンバーが抜けて、67年にはGöran・Pelle・Kennyの3人に
なってしまいます。
この3人編成でレコーディングされたラスト・シングルで、Graham Bondのカバー5は、
ジミヘンの影響の大きい扇情的なサイケ/フリークビートで、メッチャメッチャかっこいい
彼らの最高傑作です。
ちなみに当時の機材はGuildのセミアコ・Gibson EB-1&マーシャル(GöranがUKか
ら取り寄せたとか!)、そしてGöran自作の四角いバスドラを含めたドラムセットで、
このスウェーデン初のハードロックの誕生に大いに貢献しています。

「I Want You」リリース後、PAのビジネスを始めるためにGöranが脱退、彼の機材を
そのまま引き継いでBengt “Bella” Linnarssonが加入。
そしてBaby Grandmothersに移行していきました。

T-Boonesの曲は、以下の編集盤で聴くことが出来ます。
1&2…Searchin'For Shakes(スウェーデンAmigo AMCD2032)
1&4はStora Popboxen(スウェーデンEMI 7243 4751572 9)
5はWho Will Buy These Wonderful Evils(スウェーデンDolors DOL 127)
3は未CD化ですが、T-Boonesのマイスペで聴くことが出来ます。
6は現在聴く手段がない状態です。
Stora~は入手が難しいし、Who Will~はCCCDだったりと厳しい状況なので、テイ
チクのGSシングルスみたいな形で固めてリイシューしていただきたいものです。

「I Want You」は、某所でmp3がありますので、こっそり拾ってください(笑
「I Want You」を聴かずにBaby Grandmothersを聴くと、T-Boonesをのギャップ
がすごすぎて戸惑いますので、先にこっちを聴いておく事をお奨めいたします(笑

とこっそり伝えつつ、次はBaby Grandmothersについて。

68年になぜかフィンランドで唯一のシングル(激レアだそうで)をリリース後、ジミヘン
のスウェーデン公演の前座を務め、その後一緒に前座を務めたMecki Mark Men
にメンバー3人丸ごと加入により活動停止…という短命なグループですが、最近にな
って未発表音源を含む単独CDがリイシューされました。

a68.jpg


Baby Grandmothers (スウェーデンSubliminal SUB-TILCD23)

1、Somebody Keeps Calling My Name
2、Being Is More Than Life
3、Bergakungen
4、Being Is More Than Life(2)
5、St.George's Dragon
6、St.George's Dragon(2)
7、Raw Diamond

All Songs Written By Håkansson-Linnarsson-Ekman.
Except 2&4 By Håkansson.

1&2が件の唯一のシングルで、「I Want You」を更にフリーキーにしたような、オ
ブスキュアなサウンドです。
1はゴリゴリのハウりまくりのやりたい放題で、ライヴ映えしそうなカッコいい曲で
す。
2はややメランコリックな曲調ですが、やはりかなりオブスキュアな印象です。
後にMecki Mark Menでも録音しているようですので、お気に入りなんでしょうね。
1にボーカルパートがあるものの申し訳程度で、後は全曲インストのみです。
1&2はシングルでリリースしただけあって、割とまとまった演奏(とは言うものの1
は9分強もあります)でなかなか完成度が高いですが、あとはよほどフリーキーな
インプロが好きな方以外はきついかもしれません。
ちなみに僕は、いつも途中で寝てしまうので、3曲目以降の記憶があんまりありませ
ん(笑
ですので3曲目以降は割愛させていただきます(笑

でも、1&2はかなりいい演奏なので、これを聴くために買う価値はあると思います。
ただし、サイケ以降がダメな人はやめた方がいいと思います(笑

T-Boones時代の「I Want You」も、本当はこんな風にインプロを含めた長い演奏で
やりたかったんだろうなと思います。

Mecki Mark Men以降はまだ聴いていないので、またそのうちに。

このページのトップへ

コメント

おおっ!ココに答えが・・・(笑)!!
さらに前身となるT-Boonesなるバンドも存在したんですかぁ~。知らなかったです。
知りたい情報が満載のこのブログ、やっぱり単行本化すべきです(笑)。
私はこの流れ、Mecki Mark Menから入ったんですよね~。
以前、買ったスウェーデン本のオマケについてきたBaby Grandmothersの未発表ライヴ音源CDが、確か実家のどこかにあるハズ。(←記事のCDとはたぶんダブリなしだったような・・・)
のんべんダラリ~ン系なので、Grahamさんのご趣味には合わないかと思いますが、もし不眠に悩まされていて眠剤が必要なあかつきには、おっしゃって下さいませ~(笑)♪

  • 2010/05/05(水) 18:02:34 |
  • URL |
  • クロム #ybSqUg1.
  • [編集]

クロムさん、こんにちわ。
そう、実はすでに記事にしてたんですよ(笑
僕はT-BoonesとKebnekajseが好きかな。
Mecki Mark Menはこの3人が加入した時期のアルバムを聞いていないのですが、結構重苦しそう(笑

いや、Baby GroundmothersのLiveはいいです(笑
結局寝てしまうので(笑

何せ、一時寝る時用の音源になってたくらいでですから(笑

  • 2010/05/07(金) 13:37:52 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]

Baby Grandmothers,
4曲目が好きです

Mecki Mark Menは更に良いです

  • 2015/11/22(日) 07:27:55 |
  • URL |
  • tomoyukari #-
  • [編集]

tomoyukariさん、初めまして。
Mecki Mark Menは実は1stしか聴いていなくて、3人が加わった2nd以後はまだ聴いていません。
僕の志向性ではちょっとヘヴィだったので、いまだに躊躇しています。

  • 2015/11/22(日) 09:13:04 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。