あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
a007.jpg


Los Chijuasは、Jose Manuel Ganem (vocals, guitar), Louis Oliver (keyboards), Henry Becarril (bass), Julian Ganem (drums)の4人のメキシコのグループです。
資料がスペイン語しかないのではっきりわからないのですが、68年にデビューして、72年までに5枚くらいのアルバムをリリースしているようです。
上の画像の誰が誰なのかも良くわかりません(汗
どうでもいいですが、左から2番目の人はロバート・○・ニーロにちょっと似ていますね(笑
たぶん、「葉巻をよこせ」と言ってるんだと思います(笑

68年という時期にデビューしているだけあって、彼らのサウンドはサイケデリック・ポップに属するもので、チープなオルガンとペナペナで妙にメランコリックな響きのギター、やたらハイハットがオンミックスされたドラム・・・そしてエッチなボーカル(笑)が持ち味で、ちょっと日本のGSに相通じるものを感じます。

件の「Nuggets2」に収録された彼らの代表曲といえる「Changing The Colors Of Life 」のスペーシーでチープなサイケサウンド、少なくとも60年代はこういう音楽性です。

Joseのボーカルがエッチというのは、例えばミック・ジャガーやロバート・プラントが持ついかがわしさとは違う、いうなれば「いやーん、エッチねえ」というちょっとかっこ悪いと言うか、ゆるいエッチさです(笑
さらに付け加えると、飲み屋とかでお姉ちゃんにお触りしてその手をはたかれて「Joseさん、だーめ!」とか叱られるんだけど、なぜかお姉ちゃんたちに嫌われない・・・そんな感じでしょうか(笑

ともあれ、ぼくが今まで聴いてきた中でも、そういう意味で最強の部類に入るエッチなボーカルです(笑
ただ、馬鹿にしてるんじゃなくて、これがまたチープでゆるめのサイケサウンドにマッチしてて、唯一無比の味わいがあるんですよね。

基本的に、中南米ものは演奏のゆるいグループが多くて、66年くらいまでのビート時代ものは_| ̄|○こうなる(笑)ものも多いですが、サイケ時代に入るとこのゆるさがマッチングするのかなかなか面白いものが多くなってきます。
そんな中でもLos Chijuasは、非常に個性的なムードを持ったグループです。

a008.jpg


Los Chijuas/Same (メキシコLa Ciruela Electrica CD1-1195)

このCDは、彼らの68年の1stと69年の2ndを2in1にしたもので、上の画像左半分が1st、右半分が2ndです。
02年くらいにリイシューされたもので音質もよく、まだ入手はしやすいと思います。
1はディランの「Mighty Quinn」のスペイン語カバーで、初っ端からゆるゆるの脱力っぷりです(笑
2はJose/Julian作の「Changing The Colors Of Life 」のスペイン語バージョン、8はOliver/Ganem作でカッコいいイントロで珍しくシャープな曲かと思いきや、進むにつれて徐々にゆるくなっていくJoseのエッチなボーカルが堪能できるナンバー、11はZombiesの「I Love You」のカバーで、日本のGSの感覚に近い感じ、12もJose/Julian作で、ちょっとレゲエ的なリズムののん気で楽しい曲です。
2ndも基本的なサウンドに変化はなく、1曲目の13でやはりいきなり脱力させてくれます(笑
15はJose/Julian作の彼らにしては珍しい突っ走り系のフリークビート的な曲で、2と並んで完成度の高い曲、同じくJose/Julian作の18は非常にメロウなトワイライトサイケの逸品、これまたJose/Julian作の22は展開と音使いが面白い何とも言えないノリの曲です。
全体のほぼ半分が彼らのオリジナルで、Jose/Julianの兄弟の書いた曲はそれもなかなかの出来栄えです。

UKもので似てるグループが思いつかないんですが、You Tubeで「Changing The Colors Of Life 」が聴けますので、これが好きなら長く聴き続けることのできる、ちょっとエッチで(笑)楽しい1枚になると思います。

このページのトップへ

コメント

Grahamさん こんばんは

今度はメキシコですか!
メキシコなら、テックス・メックスやLAのチカーノ・ロックなども聴くので、多少の免疫はあるかな?あまり関係が無さそうですね(笑)

  • 2008/06/04(水) 00:02:56 |
  • URL |
  • POPOSUKE #a..rZEQk
  • [編集]

POPOSUKEさん、おはようございます。

USのチカーノ勢とは多少共通性があるかもしれませんね。
ただ、中南米の方がテンションは緩めで、シャープなサウンドを好む人にはちょっときついかもしれません。
でも、彼らはエロカッコいいですよ(笑

日本のGSに近い感じですが、もうちょっとおおらかな感じですね。

  • 2008/06/04(水) 09:21:54 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]

うぅ!スペイン語表記の曲名、まったく読めない…(^^ゞ
いやはや、飲み屋のエ口オヤジ系ボーカルですか!?(笑)
ナゲッツに収録された曲を聴くとそんな感じがしないんだけど
他の曲はルーズっぽくて「エロオヤジ化(笑)」するのかな??
例えるならばカトちゃんの酔っ払いエ口おやじみたいな感じ?(^^ゞ

「マイティ・クィン」のカヴァーはマンフレッドマンを参考にしてるんじゃなくて
ディランのほうなんですか??
メロディが平坦になっちゃいそうだし、そのせいで余計に脱力系になっちゃいそう(笑)

  • 2008/06/07(土) 12:06:25 |
  • URL |
  • もりたん #ZA9zVw0U
  • [編集]

もりたんさん、こんにちわー。
僕もスペイン語はさっぱりです(笑
カトちゃん!そうそう、そんな感じです(笑
「Changing~」ではそうでもないんですが、節回しとかタメ方がエロいんです(笑
スペイン語のほうがゆるいので、エロ度も高いです(笑

「Mighty Quinn 」はマンフレッド・マン・バージョンを参考にしています。
出来栄えはグッとゆるいですが(笑

  • 2008/06/07(土) 16:06:54 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。