あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ


ほんとは来週書くつもりだったんですが、先日書いた「けいおん!」の記事の中のgif画像(うん・たん♪うん・たん♪のやつ)がチラチラ動いて落ち着かないので、下げるために予定を早めて更新です(笑


旧ユーゴスラヴィアのグループのCDは、あんまり日本に入ってこないのでリイシュー状況が良くわかりませんでしたが、最近検索のための取っ掛かりをつかんだのでこれから何とか入手できたらなと思っています。

で、今回のGrupa 220、60年代に旧ユーゴでアルバムをリリースした唯一のグループだそうです。
66年にDrago Mlinarec(G.Vo)を中心に結成されて、67年にデビュー。
当時、旧ユーゴでは最も実力・人気共にあるグループだったようです。

Grupa 220は、少なくとも2枚のLP・3枚のEP(1枚はオムニバス)・3枚のシングルをリリースしていますが、71年にDragoが脱退してソロ活動を始めるまでの第1期(ビート/サイケ)と、それ以後の第2期(ハード)に分けられます。
言うまでもありませんが、ここで取り上げるのは第1期の方です。

彼らの魅力は、Dragoを中心としたメンバーのオリジナル曲による独特の素朴なポップさと、シャープでもファズっているわけでもありませんが素朴な中にも妙に躍動感のある演奏で、非常に東欧的な格別な味わいがあります。
例えてみれば、ByrdsにGerry&PacemakersとSwingin' Blue Jeansを混ぜ合わせたような感じでしょうか?
同時代のユーゴのグループの中でも、ひときわ独特な空気を持ったグループであることには違いありません。

なお、かれらはMarmelade・Status Quo・Mango Jerryの68年ユーゴ公演の前座を務めたそうです。
しかし、予想以上に英米のグループが当時の東欧へのツアーに出向いていますね。
結構びっくりです。


今回紹介するのは、彼らの68年にリリースされた1stアルバムです。

a71.jpg

Naši dani (クロアチア Croatia Records CD D 5387589) `00

00年にリイシューされていたみたいですが、つい最近まで知りませんでした。
前から気になっていたアルバムだったのですが、検索してもあんまり芳しい結果が出なかったのですが、実はわりとしっかりとリイシューされているみたいです。
購入したお店によると、日本にはほとんど入荷されていないのではと言うことでした。
予想以上に音質も良くて、マスターが現存していてきちんとリマスターされているみたいです。
残念ながら、もうほぼ10年近く前のCDなので、入手はかなり厳しいと思います。
が現在、同じレーベルから「Drago Mlinarec & Grupa 220 Ultimate Collection」という2CDがリリースされていて、Disc1が丸ごと第1期220音源で、アルバム&シングルがほぼコンプリート(1曲未収録)なのでおすすめです。
ただ、日本にうまく入荷できるかどうかは微妙です(汗
僕自身馴染みのレコ屋さんにとりあえず注文してみましたが、入荷するかなあ・・・。

歌詞がさっぱり分からないので厳密には分かりませんが、同タイトルのテーマ曲を最初と最後に配したトータルアルバム的な体裁になっています。
ユーゴでも当時こういう体裁を意識したアルバムが出ていたと言う事実には驚かされますね。
単にかつては情報が入ってこなかったと言うことなんでしょうね。

メロウなオルガンが響き渡るテーマ?の1から一転して、彼らならではの素朴なまったりビートが心地よい2、スペイン語圏のグループのようなグルーヴ感の陽気な3、さり気にワウを使用している、とつとつと歌われる4、これまたワウを使用したゆるゆるのイントロからキャッチーに展開していく楽しい5、フルートの響きとブルースっぽい曲調のせいかTraffic的な6、うっすらとカントリー的な感覚がある7、最初山本リンダのカバーかと思ってしまった(笑)、彼らにしては扇情的な8、Beatlesの「恋する2人」をディランが歌ったような9、これまたスパニッシュ・ビート的なリズムと歌いっぷりの10、アコギの響きとワウギターとオルガンの重なりが染み渡る11、このアルバム中で最も東欧らしい翳りのあるバラード12、そしてテーマ曲の短いリプライズ13・・・と、きわめて目立つ曲がない代わりに駄曲が全くない、じっくり味わいの増して行きそうな一枚です。

最近かなりヘヴィローテ中です。

クロアチア語の独特の語感の歌いまわしや響きのせいか、スペイン語圏のグループにちょっと近い印象があります。
ただ、全体にたたずむ翳りのようなものは、やはり東欧ならではのものです。

東欧ものでは間違いなくベスト5に入るグループです。

ちなみに、その筋のネットショップなどでも割りと見かける75年にリリースされた2nd「Slike」は、1stから7年も経過している上にDragoをはじめオリジナルメンバーが全くおらず、1stのような素朴なビート感はないようですのでご注意を。
こっちはハードロックが好きな方向けです。

a88.jpg

うまい具合にこれが届いたら、また紹介したいと思います。



このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。