あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

(最前列左からAvi・Uzi・Abe・Meir・Rafi)


久しぶりにイスラエルのグループと行きますか。

Stylesは、Churchill's・Lion Of Judahと共に60'sイスラエルの3大グループの一つです。
Avi Karpel(G.Vo)、Rafi Schwartz(B)、Meir Israel(Ds)、そしてChurchill'sを脱退したばかりのYitzhak Klepter(G)の4人で68年末に結成されています。
4人とも当時のイスラエルでの名だたるグループの出身で、ある意味イスラエル版スーパーグループと言えるかもしれませんね。
69年にHed Arziからデビュー、シングルを録音する直前?にEldad Shrim(Key)が加入して、5人編成になっていたようです。

オリジナルメンバー
(左から)Avi・Rafi・Yitzhak・Meir

これがそのオリジナルメンバーの4人の写真なんですが、イケメン青年2人&おっさん顔2人のチープトリックみたいな組み合わせです(笑
手を広げているのが「Churchill」というニックネームをつけられたというYitzhakですが、似てますか(笑

話を元に戻して、彼らはデビュー直後にいきなり転機を迎えます。
68年11月に開催され、のちにライブ盤としてリリースされたイベント「Beat Music Festival」に、彼らも出演したのですが、イベントに参加していたグループの一つNew StarsのボーカリストUzi Fuxと意気投合したようで、直後にUziが加入します。
リーダーのAviは、Uziの加入をきっかけにメンバーを変えてグループの質を上げたいと考えていたようで、YitzhakとEldadを外し、イギリスのRevolverというグループ出身のAbe Orchover(Key)とTony Price(Writer)の2人を加入させ、一番上のジャケットの画像のラインナップになりました。

このRevolverというグループ、資料があまり出てこなくて詳細は不明なんですが、ツアーで来たかマイナーバンドの宿命である出稼ぎに来たかで当時イスラエルに滞在していたようで、Hed Arziでシングル「Imagine/I'm Down」を録音・リリースしています。
「Imagine」はかの有名曲ではなく、おそらくオリジナルでポップサイケ的な曲、「I'm Down」はBeatlesのカバーで、こちらはちょっとプログレ的な空気を持ったアレンジになっています(ようつべにうpされています)。
その後空中分解したようでメンバーは帰国、AbeとTonyの2人だけイスラエルに残ってStylesに加入したそうです。

看板ボーカリストと以前より良くなった演奏技術を得て、シングルとEP「Morning Train」をリリース。
「Morning~」は大ヒットとなり、イギリス・アメリカ・オランダなど多くの国でもリリースされています。
そして70年には唯一のアルバム「Friends」をリリースし、一応、彼の狙いは成功したようです。

しかし、1stシングル以後、新ラインナップでのオリジナル曲は全て新参のPrice/Orchover作で、リーダーであるはずのAviの曲は全くなくなりました。

ステージではUziに全てを持って行かれ、リリースする曲は新参メンバー作。
いわば「ロデオ」期のByrdsの如く、店子に店を乗っ取られたという感じでしょうか?
こういう状態でグループが長続きするはずも無く、アルバムリリース後にAviが脱退。
間もなく空中分解してしまいました。

Styles解散後、Uziはソロ活動を始め大スターになって行きます。
一時スウェーデンに移住していたようですが、現在はイスラエルに帰国しているそうです。
ジャケットの画像では分かりにくいですが、AttackのJohn Du Cannが穏やかになったような顔をしています(笑








a94.jpg

Uzi And Styles (イスラエルHed Arzi 64752) `08

以前紹介したChurchill'sのCDと同じく、スリップケース付のコンプリート集です。
Churchill'sの時は全ヘブライ語のライナーに泣かされましたが、このStylesのライナーはヘブライ語・英語の両方で掲載されていて、今回記事を書く上でも非常に参考になりました。

もともとヘブライ語詞の12~15のアルファベット表記と英訳をあげておきます。
ちなみにヘブライ語は右から左に読み、12~15の曲目は左側がグループ名(Styles)・右側がタイトルです。
ま、どうであれ読めないんですけどね(笑

12、Ma Lach Yalda (What's The Matter With You, Baby)
13、Le'Orech Ha'Chof (Along The Beach)
14、Ki At Chalom (Because You're Dream)
15、Yaldati Sheli (My Girl)

ちょっとややこしいのですが、時代順に曲を追いかけていきます。
まずオリジナルStylesから。
12&13は先ほど出た「Beat Music Festival」からの曲、14&15は69年のデビューシングルで、4曲ともAviの自作曲です。
ビート系のサウンドが盛り上がるのが60年代後半まで遅れるほど、自国のトラッドフォーク的なサウンドの方が人気があったというイスラエルのミュージシャンらしく、Aviのどこか憂いがあるフォークロック的なソングライティングはとても歌心があって魅力的で、個人的にはChurchill'sよりポップで聴きやすいしお気に入りです。
4曲とも何気にサイケな感覚もあります。
この4曲ではAviがボーカルを担当していますが、なかなか良く通る渋い声で、取り立ててUziを加入させなくても良かったんじゃないかと思います。
12と15はポップなビート、13・14はメランコリックでフォーキーなサウンドです。
12が圧倒的に出来がいいですね。

次はUzi And Styles時代。
1~10が70年のアルバム「Frends」全曲で、Manfred Mannのカバー5(Each And Everyday)以外は全て新参メンバーのPrice/Orchover作。
彼らのソングライティングは、Aviのそれとは全く性格を異にする割と大味なスワンプ+R&Bといった感じで、もう完全に70年代的なサウンドです。
Aviよりもパワーがあってワイドレンジ、そしてちょっと暑苦しい(笑)Uziのボーカルには合っているとは思います。

タイトル曲の1はなかなか味わい深いいい曲で、90年に再結成した時にヘブライ語詞で再録音しているそうです。
しっとりとしたピアノとボーカルのバラードの4もなかなかいいかな。
で、5なんですが、なんでみんなこの曲好きかなー(笑
個人的にはこの曲の良さが分からないのですが(笑
どの曲も割りと出来はいいですが、70年代のアメリカンロック的な大味さが前面に出ていて、それほど好みではないですね。
スワンプ系とかCCRとか好きな方にはお奨めです。

残る16~19はシングルとEP音源です。
16は5とのカップリングのシングルで、17~19はEP「Morning Train」収録曲です。
他国では18を外してシングルとしてリリースしていたみたいです。
17は大ヒット曲ですが、個人的には大味で暑苦しくて好みではありませんね(笑
18・19は1の系統にあるメランコリックなバラードで、むしろこっちの方が好きですね。
この2曲は多分初CD化で、こうしてちゃんと聴けるようにしてくれてありがたいです。


イスラエル盤はなかなか入ってこないしちょっと割高ですが、その筋のお店に頼めばまだ入荷できると思います。


このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。