あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ



*メンバー記述の間違いなど、加筆修正予定です。


今回は、最近本国で68~89年の音源をまとめた9CD-BoxがリリースされたばかりのBlue Effectを。

68年にJiří Kozel(B)とMatadorsの初代シンガーVladimír Misík(Fl,Vo)を中心に結成され、のちにVlado Čech(Ds)、そしてMatadorsが解散した直後でフリーだったRadim Hladíkが加入して初期ラインナップがそろいます。
最初はMatadors解散後にRadimを中心に結成されたのだと思っていましたが、実際は上記のように最後に加入したみたいですね。

考えすぎかもしれませんが、「アカ」の国で「青い効果」とは意味深ですねー。

69年にPantonからEP(すんげぇかっこいいです)、そしてシングルをリリース。
New Clubuというクラブ(笑)でプロモ映像まで製作してしていますから、レーベルの期待も大きかったのだと思います。
シングルをリリースする直前くらい?にLesek Semelka(Key,Vo)が加入して5人編成になります。
Radimのインタビューによると、Lesekを加入させたのはVladimírが当時チェコ語詞で歌うのを拒んでいたらしく、チェコ語詞の曲を歌わせるために加入させたとのことです。
60年代、非英語圏の国では母国語でロックをやることがスマートでないと思っていたミュージシャンは多かったみたいですが、69年ともなると母国語で歌う動きが強くなっている時期だし、結構意外ですね。
プラハの春以後、検閲が厳しくなったことも関係があるのかもしれませんね。
もっとも、Vladimírはグループを脱退後に加入したFlamengoで思いっきりチェコ語で歌ってるので、気まぐれなのかもしれませんが(笑

a121.jpg

これが69年当時の5人編成ラインナップで、左上から時計回りにVladimír・Lesek・Vlado・Radim・Jiříです。
Radimのおでこがキュピーンと輝いています(笑

70年になってすぐに、1stアルバム「Meditace」をシングルなどとは違ってSupraphonからリリース。
EP・シングルとアルバムを別のレーベルからリリースする意図が良くわかりませんが、新人扱いでPantonからリリースしたEPなどがよく売れたので、アルバムは大元のSupraphonからリリースすることになったのかなー。

アルバムをリリースした直後にVladimírが脱退、前述のとおりその後Flamengoに加入します。
アルバムリリース直前にレコーディングしたJazz Qとのセッションが自分の思いとは違う方向に向かっていると感じたんでしょうか?

実際、これ以後は基本的にボーカル入りの曲はほとんどない、演奏だけで表現するグループとして名を馳せていくことになります。



a122.jpg

Meditace (チェコBonton 71 0382-2) `96
70年リリースの1st(1~10)に、69年のEP(11~14)・シングル(15・16)、そして輸出用バージョン「Kingdom Of Life」用に2を英語詞で録音しなおした17のボーナスを追加したリマスターCDです。
もう廃盤になっていますが、まだ比較的入手がしやすいと思います。

担当するボーカルの関係で、EP&シングルから。
当初はこのアルバムを買う予定ではなかったんですが、ようつべで当時のTV番組で使用されたらしいプロモ映像を見て、あわててこれらの曲が収録されたこのCDを買ったくらいで、もうすんごいかっこいいです(笑
個人的にBlue Effectで一番お気に入りなのが12。
Radimのナチュラル・トーンとエフェクトを絶妙に使い分けたシャープなギターがすごく心地よくて、Vladimírのじっくりとした歌い方がそれに拍車をかける必聴の1曲です。
そしてMatadors時代からお得意のRadimのワウギター攻撃が炸裂する13、これまた怪しげなワウがうごめく14と、ヘヴィ・ローテ必至の名曲ぞろい!

元Matadorsのメンバーのこの2人が在籍していたので、その後身のように言われていますが、Matadorsほど扇情的で混沌としたサイケビートではなく比較的すっきりとした印象で、Matadorsが苦手な方にもお薦めできるかなと思います。
Matadors時代よりもシャープなプレイのリズムセクションが、そのすっきり感をかもし出しているように感じます。
特にVladoのドラムの音色がすごく良くて、聴いていて気持ちがいいです。

大ヒットした、ドラマティックな展開の名バラード15はチェコ語詞ですが、Vladimír作で彼自身もお気に入りだったようです。
これまたRadimのギターワークが光っています。
彼の素晴らしいセンスのプレイは、チェコのギタリストではNo.1ですね。

そして「Meditace」本編。
前述したとおり、Vladimírがチェコ語詞の曲を歌うのを拒否したため、1・3~5(1・5はインストですが)はLesek、それ以外はVladimírがボーカルをとっています。
前述のEPなどの曲よりもブルース・ジャズの要素が強くなり、その後の展開をすでに示唆していますが、まだサイケビートとプログレの中間で、どっち寄りの方でも楽しめる内容だと思います。

荘厳なコーラスによるイントロ1から、69年の曲に近い感覚のシタールを導入したサイケビート2、プログレへの通過点的な感覚の、サビへ向かっていく展開が素晴らしい感動的な3、70年のチェコの曲としては扇情的といえるワイルドな4、ブルースロック的で、Vladimírのメリハリをつけたボーカルが素晴らしい7、「Train Kept A Rollin'」みたいなギターストロークからサイケ要素の強いブルースロックに向かう10あたりが聴きどころだと思います。

非常に東欧的なモノクロームなサイケといった感じで、検閲が厳しくなっていたと思われる70年に、これだけのバリバリのビート感のあるサウンドでよくリリースできたなと思います。

素晴らしいEP音源の追加もあって、かなりの愛聴盤です♪


あ、最後にこのアルバムの輸出バージョンで、71年にリリースされた「Kingdom Of Life」について。
「Meditace」でチェコ語で歌われた1~4が英語詞で歌い直されています。
2はこのCDの17、1・3・4は2nd「Nová Syntéza」のBonton・リマスター盤のボーナスに収録されています。
どっちのバージョンがいいかというと、・・・やっぱり「Meditace」の方がいいかなー。


このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。