あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ



さて、今回でたぶん今年最後の音楽の記事になると思います。

今回は、ある事がきっかけで意外と有名な東ドイツのグループ、Klaus Renft Combo(74年にRenftとシンプルに改名)です。
Klaus Renft Comboは厳密には70年代のグループなのですが、60年代的な楽曲がいくつかあることと、東欧ロックを語る上で重大な事件に絡んでいることにより取り上げることにしました。

65年のライプチヒ騒動にも絡んだButlersというグループ出身のKlaus(Renft)Jentzsch(B.Vo)を中心に、Thomas Monster Schoppe(Vo)・Peter Cäsar Gläser(G.Vo)・Peter Pjotr Kschentz(G.Vo.Sax)・Christian Kuno Kunert(Key)・Jochen Hohl(Ds)の6人で、同地で67年に結成。
70年代に入ってようやく国家公認になったようで、72年に国営レーベルAmigaでのレコーディングをするまでの間、かなりの時間が経過していますね。

73年夏、東ベルリンで開催された「第十回国際青年フェスティヴァル」というやたらお堅い名のイベントで、Puhdysらと共に華々しく登場。
75年の解散までの間、Puhdysと並んで絶大な人気を誇り、国内でLP20万枚・シングル3万枚を売り上げています。

僕はまだPuhdysを聴いたことがないので比較のしようがないのですが、当局の指示に従順に従ってこざっぱりとしたソフトなイメージだったPuhdysに対して、Klaus Renft Comboは小汚い格好で荒々しい演奏をしていたようで、使い古されたフレーズではありますが東ドイツのBeatles対Stonesのような存在だったようです。
僕の聴いた印象ではStonesというよりは、70年代初期のアメリカン・ロックに近いかなー。
レコーディングされた音源は、さほど荒々しくはありませんが、当時の東ドイツではそうだったのかもしれません。

ファッションや演奏に関しては当局の言う事を聞かなかった彼らですが、それでも初めのころは「Wer Die Rose Ehrt」などの当局の意向に沿った曲を演奏していました。
が、絶大な人気を受けて徐々に尊大になって行き、帝王の如く振舞い、政治的な方面でも過激な方向に向かって行ってしまい、これが75年の解散の原因になってしまいます。

「Rockballade Vom Kleinen Otto」と「Glaubensfragen」の2曲が、当局を激しく激怒させ、75年9月、ライプチヒの文化委員会への出頭命令が下されました。

「Rockballade~」は、「ハンブルグへ脱出しようとしたオットーが逮捕され、絶望の末に身投げ、そして多分彼の身体はハンブルグに浮かび上がるだろう」という、当時の東ドイツでは非常に危険な歌詞を持っていました。

彼らは委員会で活動停止(と言うか、「存在しないものとみなす」と言われたそうで)を宣告されました。

翌春、Christianと「Rockballade~」を手がけた作詞家Gerulf Pannachが東ドイツの秘密警察シュタージに逮捕され、過酷な尋問を受けた末に西ドイツに追放処分に。
最初に述べた「重大な事件」と言うのが、シュタージによるGerulfへのある行為なのです。
彼は98年に、「非常に珍しい癌」で亡くなったのですが、近年に公開されたシュタージ関連の情報によると、なんと尋問時にGerulfに向けて放射線照射装置を向けていたそうで、彼を含む、同時期にぶち込まれていた有名人反体制派3人が同じ癌で亡くなっているのです。

旧東欧圏ではこうした反体制派に向けたひどい迫害や仕打ちが、各国で当たり前のようになされていました。
チェコのプラスティック・ピープルなんかも有名ですね。

しかし、このシュタージによる放射線照射はあまりにもひどすぎる。
東ドイツが忌み嫌っていたゲシュタポよりもある意味ひどい。
革命直前にシュレッダーにかけられて、バラバラにされた状態で数え切れないほどの袋に入った関連資料には、日々こういった行為が当たり前のようにされていたことが記されているのでしょうね。

この東西統合による、最大の負の遺産のひとつ、支払うべき関係者はどんどん死んで行き、丸ごと背負い込む気のない国家の動きは非常に重く、このまま過去として葬り去る気なんでしょうね。

もっとも、併合した西ドイツ側がそれを支払う羽目になるのもおかしいとは思いますけどね。




a141.jpg

Klaus Renft Combo (ドイツBuschfunk 8030-2)`01

73年にAmigaからリリースされた彼らの1stアルバムに、3曲のボーナスを追加したものです。
ほぼ同じ体裁で91年にリリースされたものもあり、これも同じマスターなのかもしれません。
なお、07年にリイシューされた最新リマスター盤(ジャケにグレーの枠があるもの)にはボートラは収録されていませんので、音質・ボートラどちらを重視するかで選んでくださればと思います。

先にも述べたように、幾つか60年代的な曲がありますが、基本的にはやはり70年代のアメリカン・ロックに近い雰囲気で、付け加えればそれを生真面目なドイツ人が演奏したという感じです。
僕のような60年代UK寄りの指向性の人にはお薦めできないかな。

それでもやはりヨーロッパ的な感覚はどうしても出てしまうようで、2のような重い深刻なムードや、「青い影」を中途半端に拝借したような4、そして重厚でブルージーな14などはアメリカ人には出せない感覚でしょうか。

わりと評価の高い4は個人的には中途半端な印象で感心しませんでしたが、2はかなりお気に入りです。

Renftと改名後の2ndは、とりあえず聴く予定はないです。

ちなみに、件の「Rockballade Vom Kleinen Otto」「Glaubensfragen」は、「Unbequem Woll'n Wir Sein(Buschfunk 01052)`04」に収録されています。


このページのトップへ

コメント

レンフトは1stと2ndを聴きましたぁ~!あっ、私の1st、ボートラついてない・・・。2ndにはついてるのに~。さすが、Grahamさんのリサーチは毎度完璧ですね!
このメンバーの表情だけで、私はもうジャケ買いしたくなっちゃうんですよね~(笑)。
個人的には、言葉の意味がわからなくても、魂が込められていれば、その本質は十分伝わるハズ!と思ってはいるのですが、東側諸国については、やっぱり歌詞は重要な要素ですよね~。このバンドも音だけ聴いてたら、たぶん反体制だとはわからなかったと思います。
ちなみにPuhdysは私の印象では、体制との折り合いはつけつつ、Olympicほどではないにしても、それなりの気骨も併せ持っていたバンドという感じを受けます。音楽的に特別目立ったことをしてるワケではありませんが、何となく「ただのお利口さん」にはなりきっていない雰囲気が漂ってるんですよね~。
それにしても、放射線照射とは・・・!!癌との因果関係って、いくら限りなくあやしくても完全な立証は不可能でしょうから、このまま不都合なことには触れずに歴史は流れていっちゃうのでしょうか?こうした事実を忘れないことも、レンフトの音楽を聴く大事な意義の1つだと思ってます。

  • 2009/12/22(火) 20:45:55 |
  • URL |
  • クロム #ybSqUg1.
  • [編集]

かの本を読んでから、気になっていたグループです。
ジャケットもAmigaらしいデザインで雰囲気ですよね。
タイトルを翻訳しただけですが、この時期はわりと身近な事を取り上げているみたいで、あまり政治的な要素はなかったみたいですね。
ま、その中に社会主義賞賛なメッセージを織り込んでいたのかもしれませんが(笑

Puhdysもいずれ聴いてみようとは思っています。
てか東欧ロックを聴く上で、東ドイツものではこの2グループは聴いておかないといけませんね。

もうホーネッカーもミールケも故人になってしまったし、シュタージの残したパンドラの箱を開いたころには、追及する相手が全員死んでるんでしょうね。

しかし、Renftも音楽以上にそっちの方で有名になってしまったのは、非常に不本意かもしれませんね。

  • 2009/12/23(水) 18:16:30 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。