あるにもあらず 過ぐるわが身は

東欧・北欧・中近東など世界の60's Beat/Psych、その合間にコミックなどを紹介しています。 こっそりとやっていますので、こっそりとお越し下さいませ(笑 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
a144.jpg

左上から時計回りに:Jan・Petr・Jiří・Pavel・Michal)


さて、ようやく完成にこじつけることができました。

Synkopy 61はプログレファンの方々にはわりと知られているグループですので、ここではあまり紹介されていないビート/サイケ時代の73年くらいまでについて書いていきたいと思います。


Synkopy 61はチェコとスロバキアの境目にある都市ブルノで、Petr Směja(G.Vo)を中心に60年に結成。
この風変わりなグループ名は、58年のヒッチコック映画「めまい」からと、結成した年を合わせたものだとか。
本当は「めまい」の原題は「Vertigo」で、「Syncope(Synkopy)(失神)」じゃないんですが、当時チェコスロバキアではそういうタイトルで紹介されたのかもしれません。
さらに、厳密には結成は60年だそうですが、なぜか「61」になったそうで(笑

63年くらいまでの写真を見ると、メンバーにアコーディオンやバイオリンがいたりするので、ごく初期は広義でのポップミュージックを演奏していたのではと思います。
ま、結成当時Petrが15歳ですから、スクールバンドだったのでしょうね。

64年のBeatlesショック後にビートグループ化してPetr・Pavel Pokorný(G.Vo.Key)・Jiří Rybář(Ds)・ Jan Čarvaš(B.Vo)の4人編成になり、66年4月にMichal Polák(Vo)が加入して、基本的なラインナップになりました。

どうでもいいことですが(またか)、JanはKinksのJohn Dalton、JiříはHolliesのTerry Sylvesterに似てませんか(笑


さて、ここまで読んで「あれ?彼は?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。
今までSynkopy 61に関する記事で、Oldřich Veselýの名前が冒頭で出なかった事はなかったかもしれません(笑
さらに、ようつべなどで見ることのできる60年代のSynkopy 61の映像に、あれだけ名前の出るOldřichの姿がないことに気がついた方もいらっしゃると思います。
なのに楽曲のほとんどがOldřich作で、何だか混乱してしまいますよね。
OldřichがSynkopy 61の正式なメンバーになったのは実は74年で、60年代は Great Music Faktoryという楽曲製作工房?を主催しており、65年ごろからSynkopy 61に楽曲を提供していたというのが実情のようです。

Oldřichから楽曲の提供を受けるようになった頃から、グループの音楽性が固まってきたようで、ようつべで見れるクリップの如く、ほの暗い雪原を歩きながら歌っているようなか細さが彼らの持ち味です。
例えれば、HolliesやBeach Boysのハーモニーの曲を、パイ中期のKinksが演奏しているような感じでしょうか?
この繊細でか細いサウンドは唯一無比の個性で、Oldřichが中心に手がけた楽曲とのマッチングも良くて、何とも言えない味わいがあります。
また、そのか細さが結果的にサイケな空気もかもし出していたりします。

Michalが加入して間もない5月には、ポーランドの国際ミュージックフェスティバル「Gliwicki X」に出演。
このフェスにはOldřich Veselýもヘルプで参加しています。

10月、Pavel Pokornýが軍隊に召集されて一時脱退、Pavel Váně加入。

67年には件の「1st Czechoslovak Beat Festival」に出演、「ベスト・モラヴィア・グループ賞」を受賞。
ちなみにモラヴィアとはブルノを中心としたチェコ共和国東部地域の名称です。
それにしてもポップミュージックのフェスで、こういった地域や民族に配慮があるとは、当時のチェコスロバキアの地域・民族の問題を垣間見てしまいますね。

60年代中期から、さまざまなフェスやライヴをこなしている彼らですが、初のレコードは意外にも68年と遅かったりします。
彼らのデビューシングル「Válka je vůl 」(スプリット盤で片面は別アーティスト)は、すでに独特のほの暗くか細いサウンドが前面に出ています。

68年11月、Pavel Pokorný復帰。Pavel VáněはCollegium Musicumへ。
12月、2nd Czechoslovak Beat Festivalに出演。

69年以後は、メンバーのオリジナルを中心にリリースするようになり、Oldřichの提供曲の比率は下がっていきます。
Hollies・Beach BoysなどのカバーとOldřichの楽曲を咀嚼して、73年くらいまでの間のビート/サイケ期のSynkopy 61のサウンドが確立していったわけです。

プラハの春が潰えてフサークによる正常化政策の影響も乗り越えて、コンスタントに多くのシングルをリリースして行っています。

72年には待望の1stアルバム「Festival」(7曲入り10インチ)をPantonからリリース、そして74年のOldřich加入後は、プログレ化して行くことになります。

これ以後は僕の守備範囲外なので、75年くらいまでを軽く。

74年には2ndアルバム「Xantipa」をリリース。
Uriah Heepのカバー2曲を含むこのアルバムは、Oldřich Veselýの影響力が高まってシンフォニック&ハードな曲が占めており、ソフトな声質のMichal向きの楽曲がほとんどなく、グループのリードシンガーにもかかわらず、全7曲中1曲しか歌っていません。
また、翌75年リリースの3rd「Formule I.」でも彼は1曲しか歌っておらず、基本ボーカル専任のMichalにとって、この時期のツアーは出番が少なくて、フラストレーションを貯めていたのではないかと思われます。

一般的にはSynkopy 61の評価が高いのは74年以後のプログレ時代ですが、この時期の音楽性を支配しているのはOldřich Veselýで、グループ自体が本当にシンフォニックなサウンドをやりたかったのかは疑問があります。

M.Efektを経てOldřichが80年に復帰した後、Jiří Rybář以外のメンバー4人が次々に脱退していることも、それを示唆していると思います。

個人的には、Synkopy 61は素朴なビートポップグループだと思っています。








ここでは、Synkopy 61のビート/サイケ時代にあたる66~73年の範囲の楽曲と、収録されているCDを紹介したいと思います。

以下の通り、Synkopy 61は66~73年の間に、シングル7枚・EP2枚・ミニアルバム1枚をリリースしています。
また、シングルデビュー前やTVオンリーなどの、当時レコードでリリースされなかった曲も数多く残されています。

Singles/EPs

1.Válka Je Vůl [Supraphon ‎0 43 0448] `68 sprit ①④ v
2.Měl Jsem Rád Tvou Peněženku ① v
3.Tichej Kout ② v
4.Vítězství Světla ②
5.Suita Pro J.S.Bacha [Panton ‎03 0122]`68EP ① v
6.Bůh Lenosti  ①④
7.Casanova [Discant 0 43 0006]`69 ①④ v
8.Jennifer Eccles *
9.Step Inside [Panton 04 0225]`69 *
10.Já Slyším Múzy(I Can Hear Music) ② *
11.Byl Jednou Jeden Král [04 0313]`69 ②
12.A Bylo Nám Hej(Do It Again) ② *
13.Venuše ②
14.Jen Si Hrej ②
15.Svatební [03 0248]`70EP ②
16.Hůl, Nůž A Cop ①
17.Přichází Den [04 0333]`71
18.V Pátek Uragán Vál ②
19.Malý Lord (My Sweet Lord) [04 0261] `71 *
20.Robinson ②④
21.Park(The Park) [04 0447]`73 ② *

Unreleased Tracks
22.Hej Pane Můj `66  ③④ v
23.Když Se Tě Ptám `66 ③④
24.Moje Tajemství `66 ④
25.Musím Ti Říct Sbohem `66 ④
26.Děvče Napořád `66 ④ v
27.Marťan  `66 ①④ v
28.Zelená Louka `68  ③④ v
29.Nenechte Umíráček Znít `68 ③④
30.Stálo To Za To  `68 ③④
31.Nenech Si Lhát `69 ③④
32.Válka Je Vůl (Ver.2) `73 ③④
33.Divný Sen `70 ③ *
34.Píseň Dětských Snů(Find The Cost Of Freedom) `72 ③ *


LP

Festival [Panton ‎08 0248]`72EP
35.Festival  ②④
36.Pár Týdnů ②④
37.Chci Děvče Stálý ①④
38.Ďáblova Známá (Right Wheel Left Hammer)②④ *
39.Lady Godiva ①④ v
40.Bytost Podivná ②④
41.Žárlivá Dívka ①④ v

①~④…収録CD
*…カバー曲
v…Oldřich Veselý提供曲

特記のないものはすべてメンバーのオリジナル曲です。

曲数が多いので、これはというものをピックアップして時代順に紹介したいと思います。
22~27は、レコードデビュー前の貴重な録音で、すでにグループの個性がほぼ確立されていることが良く分かります。
22のような、Kinksの影響が感じられる曲でも、独特のユラユラとした空気が感じられますよね。
22・23・26・27あたりは彼ららしいし完成度も高いので、67年くらいにレコードでリリースされていれば良かったのにと思います。

1がレコードデビュー曲で、スプリットシングルで68年にリリースされた彼らの代表曲の一つですが、個人的には彼らの曲の中では地味な印象が強く、何でデビューにこの曲を選んだんだろうって思ってしまいます。
前述の22とか27あたりのほうがずっと出来がいいし…。
2~5は同年にPantonからリリースされた1stEPで、4曲中一番古い録音(67年4月、あとは68年)にもかかわらずもっとも斬新で美しい5が一番出来がいいですが、4曲とも粒ぞろいです。
4曲中、Oldřich提供曲が3曲で、残る1曲のメンバーのオリジナルが、まだ彼の作曲に追いついていないのが良く分かるという意味でも興味深い1枚です。

28~30は68年、31は69年の当時リリースされなかった音源で、28・29のような素晴らしい曲が当時レコード化されなかったのは本当に残念に思います。
特に、「Cesta, která vede nikam」の雪原でのクリップが印象的な非常に繊細で美しい28は格別で、昔調べた末にリリースされていなかったことを知って、信じられない思いでした。
29も近い傾向の素晴らしい曲で、導入されたフルートの調べが美しい逸品です。
この2曲は、個人的にSynkopy 61の最高作だと思っています。

6・7は、69年に短命だったブルノのインディーレーベルDiscantからリリースされた唯一のシングルで、2曲ともほんのりと当時の状況への皮肉を感じさせます。
ちなみに、7も「Cesta, která vede nikam」でシュールなクリップと共に挿入されています。
8・9は同年Pantonに復帰してリリースされたシングルで、2曲ともHolliesのカバー。
実物のスリーヴには9の作曲クレジットが「Jones-Williams」とミスクレジットされていますが、正確には「Clark-Hicks-Nash」です。
彼らのスタイルに合ったカバーで興味深いですが、現状では未CD化です。
10・11も同年のシングルで、10はBeach Boysのバージョンを基にしたカバー、11はテンポチェンジを使用したユニークな曲で、彼らの作曲センスの成長を感じさせてくれます。

12~15は70年の2ndEPでリリースされたもので、12は再びBeach Boysのカバーで、モッサリした音質までオリジナルに似せていて笑ってしまいます(笑
前年のBeach Boysのプラハ・ブルノ公演に触発されたんでしょうね。
プラハ公演で「ドプチェク氏に捧げる」と述べて演奏された「Breakaway」もカバーして欲しかったけど、この時期だと検閲が復活していますし、当局もこの経緯を知っているでしょうからリリースもレコーディングも難しかったでしょうけどね。
他の3曲はオリジナルで、サイケな1stヴァースからクラシカルなサビに展開する13が面白いできばえで、14のようなSynkopyらしいポップな曲もなかなかいいと思います。
同時期にレコーディングされた33は、何とチャイコフスキーのカバーだそうで、Oldřichあたりがそそのかしたっぽいですね(笑
出来は悪くなく、彼ららしいポップなスタイルに仕上げています。

16・17は71年のシングルで、Beach Boysフレーバーを自らのサウンドにうまく取り込んだ見事なできばえの16は、彼らのベストな1曲の一つだと思います。
17は未CD化で、現状では未聴です。
18・19も71年のシングルで、18は彼らとしては珍しいトラッド風のワルツで、Synkopyらしいとはいえないですが面白いし出来はなかなかいいです。
G.Harrisonのカバー19は未CD化で未聴です。

72年に入ると、彼ら初のアルバム「Festival」がリリースされています。
67年のレコーディング1曲を含む、全7曲収録のミニアルバムなんですが、何と7インチ33回転のEPという謎の形態です。
片面4曲10分オーバーをEPに収録するなんて信じられん(笑
実物のレコの画像を見るとレーベルが極端に小さく、本来ならランアウトの部分まで音溝が侵略していて、3・4曲目は音が悪かったんじゃないかなと思われます。
2ndや3rdみたいに10インチLPにするか、EPなら2枚組にしてリリースしたほうが良かったんじゃないかと思いますね。

オープニングナンバーの35はKinksのR.Davis作になっているのですが全然知らない曲で、知り合いのKinksファンも誰も知らない謎の1曲です。
誰かご存知の方、詳細を教えてくだされば幸いです。
7曲とも粒ぞろいで聴きやすく、特に36・37・39が出来がいいと思います。
ラストの41が67年の曲なんですが、このアルバムの中では明らかに古めかしくて、わざわざ72年のアルバムに収録必然性があったのか疑問があります。
これを外せばEPでもギリギリOK…いややっぱり無謀か(笑

34は72年にレコーディングされたCSN&Yのカバーで、割とストレートな演奏。
当時の状況では、検閲に引っかかるのでリリースするのは絶対無理だったと思うのですが、かの時代を生きるチェコ人としてレコーディングせずにはいられなかったのでしょうか?
それにしてもよく無事に残っていたものです。

20・21は73年のシングルで、これを最後に80年代までシングルのリリースは止まります。
20はS&Gのカバーではなくオリジナルで、彼ららしいポップな楽曲です。
21はUriah Heepのカバーで、プログレ化への前触れと言った感じでしょうか?

8・9・17・19を除く全曲が、以下の4種のCDにバラバラに収録されています。

a2033.jpg

①Válka je vůl Vol.1 The Best Of(チェコFT Records FT-0015 2331)`95
②同  Vol.2 Hity 1967-1979(FT-0018 2331)`96
③同  Vol.3 Nevydané Hity & Rarity(FT-0019 2331)`96
④Festival-Xantipa-Formule 1 [2CD]( FT0104-2)`08

ここで紹介した曲の範囲でなら、①~③でほぼ揃うのですが、24・25のように④にしか収録されていない曲もあり、④単独ではシングル曲が全然揃わないし、非常に微妙なコンピレーションばかりです。
④をリリースする時に、3枚のミニアルバムが収録されたDisc1単独でリリースして、あとのシングルと未発表曲などを2枚組でまとめたほうが良かったんじゃないかと思います。
また、①~③はリマスターされているとは思えないほど音質が良くなく、④はこの3枚よりはましですがやはりさほど良くはなく、元々のマスターの録音自体があまり良くなかったんじゃないかと思われます。

蛇足ですが、①~③には上の画像の文字だけジャケバージョンと、後年に再プレスされたと思われる写真つきジャケバージョン(下画像)があり、文字だけジャケのほうはそれぞれにライナーなどがついていますが、写真つきのほうはジャケの内側はFTレーベルの広告になっていて、非常にショボイ体裁になっていますので、そう言うのを気にされる方は文字だけジャケのほうを購入されることをお勧めいたします。

a2034.jpg
写真つきジャケバージョン(Vo.2&3も同じような体裁です)



このページのトップへ

コメント

「失神61」って何っつー名前だって思ってたら、その由来が「めまい」からだと知り、2度脱力しました(笑)。
個人的にはおめでたソフトロック系だったら、あんまり好きではないのですが、このグループにはちょっとした翳りが感じられるのがイイですね~。そこが東欧ならではの醍醐味!
当時、楽曲製作工房なんてのがあったんですか~。またひとつ勉強になりました!
「Festival」の原曲が何だったのか、是非とも知りたいところですね~。アルバムタイトルにもなってるくらいですから、重要な位置を占めてる曲なのにね。まさか闇マーケットでクレジットと中身の違うレコードでも買ったとか(笑)?!

  • 2010/01/20(水) 20:31:35 |
  • URL |
  • クロム #ybSqUg1.
  • [編集]

あっ、もう1つ!
Petrさんからは、メールのお返事来ましたか~?
スゴイ!ワールドワイドな活動ですね♪

  • 2010/01/20(水) 20:34:21 |
  • URL |
  • クロム #ybSqUg1.
  • [編集]

>クロムさん
最初は「シンコペーション」か何かの意味だと思ってたので、僕も「え~っ?」って思いました(笑

意外と映画のタイトルから取ったグループ名って多いですよね。

Synkopyは線の細いボーカル&演奏なんですが、ちゃんとビート感があって腰砕けではないので、かなり個性的なサウンドですよね。
一番東欧らしさを感じるグループの一つでもあります。

音楽製作工房は、彼個人で始めたチェコ版ブリルビルディングなのかなーって思っています。
Synkopy以外への楽曲の提供がどれくらいあったのかはまだ良くわかりませんが、70年代初期のAtlantis(Hana&Petr)とも関わりがあるようですので、もうちょっと調べてみたいと思っています。
ちなみにHana&Petrもブルノ出身です。

Festivalは本当に謎の曲です。
Kinksの曲ならだいたいは聴いているはずなのですが、現状では判明できていません。
もしかして、レイ先生が直に提供した曲だったりして(笑

Petrさんからは返事は来ません(涙
いちいち一ファンに返事をしてられないのかもしれません。
今まで何人かのUKUS以外のミュージシャンにメールを送りましたが、返事が来たのはMascotsのStefan Ringbomだけでした。

  • 2010/01/21(木) 18:19:10 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]

レディ・ゴディヴァって曲をようつべで聴いてみました!
バロック調サイケポップという感じでステキな曲ですね♪
ようつべでは「シドバレット224」って人がUPしてましたw

それにしても!
グラハムさん、海外のミュージシャンにメールを送るだなんてスゴすぎます~!Σ(゚ロ゚;)
英語でですよね???難しそう~!Σ(゚ロ゚;)

  • 2010/01/29(金) 02:23:19 |
  • URL |
  • もりたん #ZA9zVw0U
  • [編集]

>もりたんさん
72年くらいまではああいう感じなので、僕らにも安心して聴けます(笑

>メール
あはは、日本人からのメールは何らかの驚きを与えると思うんですよ。
あんまり難しい文は書けませんが、何とかなるものです。

  • 2010/01/31(日) 14:41:37 |
  • URL |
  • Graham #rB4BsSMs
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Graham
  • Author: Graham
  • 日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
    翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
    この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

    コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

Search

Calendar

06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

プロフィール

Graham

Author:Graham
日本語での情報の少ない、60年代の東欧・北欧・中近東などのBeat/Psychを中心に紹介しています。
翻訳・編集に時間がかかるので更新は激烈にスローです(笑
この自画像は、漫画友達の「ゆったりの間」管理人さん冬灯紗沙さんに描いて頂いたもので、さり気に対になっていたりします。

コメント記入時、ホムペ・ブログなどのアドレスを記入すると投稿できないようにしてありますのでご注意下さい。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。